Menu
 > 作品
 > エ行
 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
 > BEERGOGOさんのレビュー
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
製作国
上映時間98分
劇場公開日 2007-09-01
ジャンルアクション,SF,アニメ,シリーズもの,TVの映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 なんてーか、相変わらず説明不足というか、必要なプロセスが抜けたシナリオ。
テレビアニメの時にも思っていたが、伏線やら溜めやらが抜けている。
シナリオの文法がなっていない。
ネルフの連中が「自分が勝たなければ世界が滅びる」と言っても、観る側に「負けたら世界が滅びる」という前提が無いから、切迫感、緊張感が無い。確かに強く恐ろしい使徒だよ。しかし、使徒がエヴァに勝って街を破壊しても「この街は滅びても、世界滅びるの?」ってとこでしょう。(セカンドインパクトとか言われても、それがイマイチ何かわからん)ウルトラマンで怪獣が出ても、「所詮日本の一部が破滅したところで、それが世界が滅びることにつながらない」と思うのと同じ。
何の予備知識もない観客に、その映画を観て素直に怖がらせたり、感動させたりするのが映画ではないのか、と。
中学校の友人(名前忘れた)といつの間にか親友になっていたり(命を助けても、それで親友になるのが納得できる程のプロセスは踏まれていない)、その友だちの励ましにシンジが涙したり・・あんなに他人を拒否する人間が、そんな一朝一夕に感動すんのか、と。シンジが綾波レイに「寂しいこと言うなよ」と泣きながら言うのも、「泣いて寂しがるほど親しい相手なのか」と思う。シナリオの「転」の部分で、人を納得させる力が無いのだ。
つまるところ、今まで見たようなドラマを継ぎ足して、「なんとなく」勇気を出すことを決意する場面、「なんとなく」親しい友人になる場面、「なんとなく」友人の身を捨てる覚悟に感動する場面らしきものを作っている感じ。うわっすべりなんだよなあ。
シナリオはロジックだ。そのロジックを踏まえずに、今回もキャッチーなキャラ、デザイン、シナリオで力押ししました、という感じ。センスは一流です。でも、シナリオは大事な部分が抜けている。
映画評価は4点。でも、あのCGの街はすごい。そこで+1ってとこで。
全くエヴァの予備知識が無い友人は「主人公がヘタレでいらいらした」と。
BEERGOGOさん [映画館(邦画)] 5点(2007-09-17 00:31:35)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 120件
作品の平均点 6.83点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
332.50%
432.50%
51815.00%
62117.50%
73327.50%
82823.33%
91210.00%
1021.67%
作品の標準偏差 1.47
このレビューの偏差値 41.49
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS