Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダウト ~あるカトリック学校で~
 > パブロン中毒さんのレビュー
ダウト ~あるカトリック学校で~ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ダウト ~あるカトリック学校で~
製作国
上映時間105分
劇場公開日 2009-03-07
ジャンルドラマ,ミステリー,学園もの,戯曲(舞台劇)の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 時代設定はケネディ暗殺の翌年ということになっています。
原作ものらしい。
メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの両芸達者の激突が見どころです。
孤立無援でも、誰にも感謝されなくても、「善」を達成できるかどうか。
というようなテーマだと思います。
善はもちろんキリスト教の神さまの決めた「善」です。
少年愛がいけないのかどうかは、時と場所によって違います。
これはキリスト教の話なので、キリスト教の神さまがいけないと言っていればそれは(ここでは)いけないことなので、いいのかいけないのかについての「ダウト」というものはそもそもない。
校長は国が決めた法に対して忠誠を誓っているからここまでの行動に出たというわけではありません。
で、話のゆくえとしては、自分さえ目をつぶれば四方八方丸く収まるのであって、誰も協力してくれなくて、騒いでも誰にも感謝をされないという場合の「善」について、それをできるかどうかということが、シスターアロイシスに信仰上の試練として問われていて、彼女は見事にそれを成し遂げた、ということになります。
どこまでも宗教的な話で、まあ大した話ではないのにここまで仕上げたのは2大芸達者俳優をブッキングできたからかなあ。
ホフマンのいかにもな変態神父はいやらしすぎて見ていられません。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-09-14 23:06:34)(笑:1票)
その他情報
作品のレビュー数 54件
作品の平均点 7.15点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
535.56%
61324.07%
72138.89%
81018.52%
947.41%
1035.56%
作品の標準偏差 1.19
このレビューの偏差値 48.96
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ダウト ~あるカトリック学校で~のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS