ルックバック の はあ さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルックバック
 > はあさんのレビュー
ルックバック の はあ さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ルックバック
製作国
上映時間58分
劇場公開日 2024-06-28
ジャンルドラマ,アニメ,青春もの,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 原作は読んだ記憶はあるが内容はあまり覚えていない。もしかしたら断片的な情報をネットで見かけただけで、実際は読んでいないかもしれない。これくらいあやふやな情報しか持っていない状態だったし、映画化の情報も何となくどこかで目にしたような気がするくらいであまり関心はなかった。
ところが、上映開始日に「良かった」「観るべし」といった感想を熱い筆致で書いた幾人もの人のポストをXで見かけてしまい、その後、ネットで観た予告編に由々しきものを感じてしまった。「これは早めに観ておかなければ」と急遽見に行くことに。

学年の連絡プリントに4コママンガを描くことが好きだった小学生の藤野が、不登校の同級生・京本と慮外な縁から一緒にマンガを描くことになり、漫画家を目指す。だが、京本が高校卒業後に美術大学に行きたいと言いだし…。

かなりハードルを上げた状態で観てしまったことがいけなかったのか、予告編を観たときの期待を上回らない、首をかしげることの多い作品だった。

作品全体の印象は「映画というよりもBGVというか、よくできたプロモーションビデオみたい」だ。ストーリーに関係する登場人物が少なく、彼らと社会の関係性が稀薄だったこともあるかと思うが――これは原作がこうだからだろう――何よりもBGMのボリュームが大きすぎたことが大きな原因だ。

派手ではないが、非常に丁寧に、緻密に懸命に気合を入れて作画されているのだから(京本に4コママンガを褒められた藤野が田んぼのあぜ道を歩く作画は出色!)作画の力をもっと信じても良かったのでは、音楽の力で半ば強引に作品全体を盛り上げようとしなくても良かったのではと思ってしまうのだ(『ラーメン発見伝』でラーメンハゲこと芹沢が、客の舌を信じ切れなかったために主人公・藤本との最終決戦に敗れたことを思い出す)。

内容に関しても大きな不満はないのだが、登場人物と社会との繋がりがかなり簡略化された形で物語が進み、しかも「とにかくがむしゃらにマンガを描き、漫画家になる」に青春をささげたことが強調されているため、何かを描く行為自体に感情移入しきれない、もはや漫画家を夢見ることのない僕にとっては「理解はできるがどこか共感しきれない」作品であった。

それでも、帰りにパンフレットは買ったし(グッズは上映2日目にしてほぼ売り切れ!)ブルーレイが出たら買う可能性は低くない。技術的によくできた作品として手元に置いておきたい気はする。
はあさん [映画館(邦画)] 7点(2024-07-05 07:00:07)
はあ さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-05ルックバック7レビュー8.57点
2024-04-08流れる6レビュー7.78点
2024-04-06すずめの戸締まり6レビュー6.59点
2023-10-08ミステリと言う勿れ8レビュー7.50点
2023-07-19君たちはどう生きるか(2023)8レビュー5.84点
2023-03-27シン・仮面ライダー8レビュー5.47点
2022-05-29シン・ウルトラマン8レビュー6.28点
2021-04-12シン・エヴァンゲリオン劇場版:||9レビュー6.74点
2020-11-01影の車9レビュー7.00点
2020-10-31くちづけ(1957)8レビュー7.16点
ルックバックのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS