ゾンビランド:ダブルタップ の 目隠シスト さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ゾンビランド:ダブルタップ
 > 目隠シストさんのレビュー
ゾンビランド:ダブルタップ の 目隠シスト さんのクチコミ・感想
作品情報
レビュー情報
《ネタバレ》 主要キャスト勢揃いで10年ぶりに制作されたシリーズ2作目。劇中でも10年経過しているため配役に関する違和感はゼロです。普通10年もあれば誰か不祥事を起こしていたり、事務所と揉めていたり、あるいはギャラが高騰していたり、様々な理由で再登板に支障がありそうなものですが、主役4人がちゃんと『ゾンビランド』に戻ってきてくれました。ほぼ「奇跡」と言っていい完璧な続編の在り方だと思います。更に嬉しい事にあのビル・マーレイ(本人役)まで再登場ですよ。つくづく天晴れであります。
変わらないのはキャストだけではありません。世界観も演出も脚本も、何から何までお馴染みの味。続編にありがちなリニューアルやパワーアップなど一切無し。それだけフォーマットが完成されているということでしょう。帰結についても前作踏襲。大切なのは「場所」ではなく「人」。「どこに住むか」ではなく「誰と暮らすか」。勤め人にとっては「勤務地」「業務内容」より「上司」「同僚」「部下」の方が遥かに重要であることに異論は無いでしょう。この主張に基づき明確に存在を否定されたのが「バビロン」でした。モチーフは横山光輝『バビル2世』でお馴染み「バベルの塔」であります(違う?)。バベルの塔=実現不可な絵空事=非武装のユートピア=共産主義の理想郷って感じでしょうか。そりゃアメリカ映画なら完全否定しますわな。どんな理屈でゾンビ蔓延る世界で武器を捨てられるのか理解に苦しみますが、きっと常人では計り知れない崇高な理念があるのでしょう。あるいは単なる現実逃避でしょうか。ただ「安全安心の引き籠り」という指針が非常に危ういのは間違いありません。「籠城」は非常時では有効な戦術ですが、平時に採用する戦法ではありません。ゾンビがいる世界が10年も続けば、残念ながらもう平時です。避難している場合ではありません。おそらく命の次に大切なのは健全な精神を保つこと。生ける屍にならずとも、死せる生き人になっては元も子もありません。そういう意味ではゾンビ狩りをアミューズメントとしてエンジョイしていた4人は「ゾンビ世界の歩き方」を会得していたと言えるでしょう。
実は本作を観て思い起こされたのは、某借りぐらしアニメ。文科省推奨?優良アニメと不謹慎ゾンビコメディを比べるのは筋違いかもしれませんが、案外テーマは似通っているのでは。安全安心は生きていくために欠かせませんが、固執したり、妄信したりするのはいけません。危険を冒しても新天地を目指すのは、人として正しい、健全な精神の在り方という気がします。
目隠シストさん [インターネット(字幕)] 8点(2024-07-10 18:20:11)
目隠シスト さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-19Pearl パール7レビュー7.28点
2024-07-15ルックバック10レビュー8.57点
2024-07-14スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼5レビュー3.85点
2024-07-10ゾンビランド:ダブルタップ8レビュー6.79点
2024-07-02みなに幸あれ6レビュー4.66点
2024-06-13鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎8レビュー6.54点
2024-06-09あの頃。7レビュー5.33点
2024-06-06Ms.ベビーシッター5レビュー5.00点
2024-05-28三茶のポルターガイスト5レビュー4.33点
2024-05-25戦慄怪奇ワールド コワすぎ!7レビュー6.00点
ゾンビランド:ダブルタップのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS