Menu
 > 作品
 > ネ行
 > ネバー・サレンダー 肉弾凶器
 > 且さんのレビュー
ネバー・サレンダー 肉弾凶器 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ネバー・サレンダー 肉弾凶器
製作国
上映時間92分
ジャンルアクション,サスペンス,シリーズもの
レビュー情報
アクション映画とはいえ、これほどまでに人間描写が
ないがしろにされた映画は見たことがない。
人物の行動や心理にまったくリアリティがなく、違和感に堪えられなかった。
こんな人間いるわけがない、の連続。
笑いながら人を殺し、警察に追われているのに
動揺も見せずに場違いなジョークを言い始める悪役。
主人公の妻にしても、武器を持った粗暴犯に拘束されている状況で
あんな抵抗を見せられるはずがない。
メッセージも何もなく、ただ爆発だけの映画。
格闘シーンは細切れのカットで何をしているのかさっぱり解らず、
爆発シーンはたしかにかなりの迫力かもしれないが
CG混じりと思えばありがたみも薄れる。
正視に堪えない醜い映画。映画もここまで落ちたかと思わせる。
さん [ブルーレイ(吹替)] 3点(2009-01-09 20:42:22)
その他情報
作品のレビュー数 19件
作品の平均点 5.74点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
3315.79%
400.00%
5526.32%
6421.05%
7526.32%
8210.53%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.52
このレビューの偏差値 38.10
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ネバー・サレンダー 肉弾凶器のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS