Menu
 > 作品
 > シ行
 > 上意討ち 拝領妻始末
 > アンドレ・タカシさんのレビュー
上意討ち 拝領妻始末 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 上意討ち 拝領妻始末
製作国
上映時間121分
ジャンル時代劇,モノクロ映画,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 とても内容のある映画でした。三船敏郎が演じる笹原伊三郎は剣の腕は立つけれど、養子身分の宮仕え。その伊三郎の息子の嫁にと、藩の上層部が藩主の側女を押し付けてきます。詳しくは映画を観て欲しいが、この嫁を巡るゴタゴタは藩側の強引な都合で二転三転し、最終的に伊三郎親子は藩に反旗を翻す。それはまるで、一国対親子の戦争といった様相でした。この行動は他者から見れば「キレる」という形容になります。でも、決して馬鹿ギレした訳ではないことが映画を観ている人には良く分かる。表面的には、藩側が理不尽な権力を濫用し、伊三郎親子は我慢に我慢を重ねた結果なのだが、伊三郎の背景に仕官先や家庭で長年積もったストレスがあったことは見逃せない。さらに、伊三郎は息子夫婦の絆を命を懸けても守る価値があると判断した。これは、謀反を起こす大義を得たということだ。大義とは清廉な動機です。それを得た伊三郎の剣は正義の剣であり、彼は三船敏郎らしい(笑)期待通りの剣客ぶりを発揮しました。さらに脚本的に特筆したいのは、息子の嫁の描き方です。彼女の毅然とした姿勢がテレビなどで見慣れた時代劇とは違う文法で描かれており、いい意味で予想を裏切られた。刀こそ帯びていないけれど、彼女も立派なサムライでした。伊三郎が抱えていたストレスは、現代人のそれと変わりません。サラリーマンの多くは、伊三郎のようにキレても良い大義を求めているんじゃないかな…。ホントにキレるかどうかは別の話だけど、自分には伊三郎がサラリーマン代表のように思えて心から応援しました。タイトルからは気難しい印象を覚えるけれど、とても観やすく解り易い映画です。これはもの凄くオススメです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2010-01-28 02:29:38)
その他情報
作品のレビュー数 22件
作品の平均点 7.64点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6418.18%
7627.27%
8836.36%
929.09%
1029.09%
作品の標準偏差 1.15
このレビューの偏差値 52.75
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
上意討ち 拝領妻始末のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS