波止場(1954) の S&S さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 波止場(1954)
 > S&Sさんのレビュー
波止場(1954) の S&S さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 波止場(1954)
製作国
上映時間108分
劇場公開日 1954-06-22
ジャンルドラマ,モノクロ映画,ヤクザ・マフィア
レビュー情報
《ネタバレ》 当たり前ですけど、マーロン・ブランド、若いですよね。こうやって彼の顔をしげしげと眺めると、彼が当時の普通のハリウッド二枚目俳優とはかけ離れた面構えだったことが強く認識できます。彼が演じるテリーは元プロボクサーだった港湾日雇い労働者、腕っぷしは強いはずなのにレース用の鳩の飼育が生きがいで野心もなく日々を流されてゆく男、つまりとてもヒーローになるとは考えられない男なんです。この映画の醍醐味は、そんなどこにでもいそうな凡人をリアルに演じたブランドの演技力とエリア・カザンの演出力にあるんじゃないでしょうか。今じゃすっかり機械化・省力化されているので港湾貨物の積み下ろしが全て人力に頼っていた時代があったなんて想像できませんね、現代ではせいぜいクレーン・オペレーターぐらいしかいないんじゃないでしょうか。この日雇い労働者たちを喰いものにしているボス=リー・J・コッブは実在のマフィアのドンであるアルバート・アナスタシアがモデルなんだそうですが、現在日本最大の勢力を築いているあの組織ももとは神戸港で似たような事をしていたのがルーツであることを想起させられます。カザンの演出は極力リアル指向で、悪に立ち上がる単純なヒーローのストーリーにはせずに、最終盤になるまで仲間の労働者たちが誰もブランドを助けようとしないところがまたリアルです。まあブランド自身も兄=ロッド・スタイガーが殺されるまでぐらついてたから、無理もないのかもしれませんが。タクシー車内でブランドがスタイガーに言う「違う、タイトルは獲れたんだ。そしたら多少は大きな顔もできる身になれた、見ろ、今の俺はただのゴロツキだ!」というシーンは、“アメリカ映画の名台詞ベスト100”の選出で第三位にランクされているそうです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2024-06-16 22:39:38)
S&S さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-21女が階段を上る時8レビュー6.63点
2024-07-18パニック・イン・スタジアム7レビュー5.88点
2024-07-15Smile スマイル(2022)6レビュー5.33点
2024-07-12さらば冬のかもめ8レビュー6.66点
2024-07-09アデルの恋の物語7レビュー6.77点
2024-07-06トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男8レビュー7.11点
2024-07-03ミッション7レビュー6.95点
2024-06-28スケアクロウ7レビュー7.20点
2024-06-25アドレナリンドライブ5レビュー5.78点
2024-06-22ハッド9レビュー6.66点
波止場(1954)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS