Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
 > S&Sさんのレビュー
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
製作国英,カナダ,スウェーデン
上映時間95分
劇場公開日 2012-12-01
ジャンルホラー,シリーズもの,ミステリー,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 冒頭に現れるカンパニー・クレジットを観て思わず「おお、懐かしのハマー!」と心の中で叫んでしまいました。ハマー・プロが現在も活動しているとは恥ずかしながら知りませんでしたが、この映画にもしっかりハマー・プロのDNAが継承されていた気がしました。 まずハマーらしくゴシック調のプロットが素晴らしい効果をあげています。怪談映画にはその物語の舞台となる風景が重要な要素であるというのが自論なんですが、フランスの世界遺産のひとつみたいな潮の満ち引きで陸地から隔離される半島というロケーションが不気味な雰囲気を盛りたててくれます。時代設定も1900年代初頭(たぶん)に置いているというのも良く考えられています。自動車は存在しているけど田舎には電気がまだ通っていないという環境は絶妙ですね。若いけど妻の死で打ちのめされ生活に疲れきってしまっているというダニエル・ラドクリフのキャラも、けっこう説得力があったと思います。ラドクリフくんのことですから終盤にはハリー・ポッターみたいになって霊と闘うのかと誰しも思うでしょうが、最後にはあの結末ですからねえ。でもハリウッド映画では決してあり得ないこのエンディングは、“ものの哀れ”を怪談の神髄だと信じている自分にはとても心に沁みるものがありました。 小品ながら怪談映画の佳作だと思います。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-18 20:32:55)
その他情報
作品のレビュー数 16件
作品の平均点 5.81点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
4212.50%
5425.00%
6212.50%
7637.50%
816.25%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.38
このレビューの偏差値 56.24
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS