Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒトラーの忘れもの
 > S&Sさんのレビュー
ヒトラーの忘れもの のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ヒトラーの忘れもの
製作国デンマーク,独
上映時間101分
劇場公開日 2016-12-17
ジャンルドラマ,戦争もの
レビュー情報
《ネタバレ》 当時にはすでに地雷処理用の特殊戦車が運用されていたから、何百万個の地雷を処理するならこれを使った方が効率よかったはず。デンマーク軍はそんな戦車を持っていなかったし、他国から借りてくるのはコストがかかるのでドイツ兵を使って処理させた方がもちろん安上がりだったということでしょう。でもデンマークは大戦初期にドイツに降伏しているので交戦国ではないので、彼らドイツ兵はデンマークの捕虜ではないはず。つまり米軍か英軍の捕虜を貰ってきて作業させた感じで、これは一種の奴隷使役みたいなもので、どう考えてもジュネーブ条約に違反しているんじゃないでしょうか。戦争に勝ったら何でもありと言うのが、残念ながら国際政治の現実なんです。 冒頭からの少年兵たちの地雷処理のシーンは、緊張感がピリピリ伝わってきます。でも時がたつにつれてなれと言うか緊張感が薄れてくるのが映像からも伝わって来て、あのトラックごと大爆発につながってしまいます。彼らに対峙するデンマークの軍曹の人物造形が秀逸なので、この映画に深みを与えています。普通の脚本なら少年兵と軍曹が心を通わせるようになるというヒューマニズムが強調されるところですが、愛犬が爆死して雷に打たれたように軍曹の態度が一変するところには、いろいろ考えさせられます。「たとえ敵兵とはいえ、こいつ人間より犬の方が大事なのかよ」とも感じてしまいますが、この心情は犬を飼っている人には痛切に伝わるんじゃないでしょうか。戦争で心を閉ざしてしまった孤独な軍曹の、人間としての成長がこの映画の隠れた主題なのかもしれません。いい映画だったと思います。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-01-25 23:44:52)
その他情報
作品のレビュー数 8件
作品の平均点 6.88点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5112.50%
6225.00%
7225.00%
8337.50%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.05
このレビューの偏差値 60.14
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ヒトラーの忘れもののレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS