ハッド の S&S さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハッド
 > S&Sさんのレビュー
ハッド の S&S さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ハッド
製作国
上映時間111分
劇場公開日 1963-11-02
ジャンルドラマ,ウエスタン,モノクロ映画,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 テキサスの老牧場主とその息子の確執を描いていてこのモチーフは『エデンの東』を彷彿させるところもあるけど、冷徹極まりないストーリー展開と救いのない結末は一線を画しています。ポール・ニューマンが演じるハッドは倫理観が薄く享楽的な男で、問題児がそのまま大人になったような感じ。メルヴィン・ダグラス演じる父親ホーマーは律儀で頑固で真面目一徹、ハッドを激しく嫌っていてハッドの酒酔い運転のせいで死んだ長男の遺児ロンに目をかけて可愛がっている。そんな男所帯を住み込みの家政婦パトリシア・ニールが世話しているが、実質この四人だけで展開する物語です。牧場では口蹄疫が発生して全頭を殺処分しなければならなくなるが、その裏ではハッドは牧場の代替わりというか乗っ取りを画策していて、親子の対立は激しさを増してゆく。そんな小悪党じみたハッド、ポール・ニューマンは思わずハッドのキャラに感情移入してしまいそうになるところを突き放してくる様な見事な演技を披露しています。思えばニューマンは監督のマーティン・リットのアクターズ・スタジオでの教え子、彼の演技の上手さと凄みを引き出すには適任だったと言えるんじゃないかな。また撮影監督のジェームズ・ウォン・ハウの神がかった様なカメラが凄いんです。広角カメラで撮った広大なテキサスの地平線を捉えた冒頭のシーンなどで見せてくれる風景ショットには、ハッドと彼を取り巻く殺伐とした人間関係の心象が溶け込んでいたような気がします。また“ローキー・ハウ”の異名を授けられる彼の照明への拘りは、モノクロ映画ながらアップショットではニューマンのトレードマークである“ブルー・アイ”が見えたように感じるほどです。 死にゆく父親に「俺が長生きしたらお前は迷惑だろう」と言われるハッド、最後まで一ミリも理解し許しあわなかったこの悲劇的としか言いようがない父子関係は、リアルではあるけどなんか悲しくなりますね。そんなテイストの作品でしたが、当時勃興し始めていたアメリカン・ニューシネマとは明らかに一線を画す一編だと思いました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2024-06-22 21:50:26)
S&S さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-21女が階段を上る時8レビュー6.63点
2024-07-18パニック・イン・スタジアム7レビュー5.88点
2024-07-15Smile スマイル(2022)6レビュー5.33点
2024-07-12さらば冬のかもめ8レビュー6.66点
2024-07-09アデルの恋の物語7レビュー6.77点
2024-07-06トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男8レビュー7.11点
2024-07-03ミッション7レビュー6.95点
2024-06-28スケアクロウ7レビュー7.20点
2024-06-25アドレナリンドライブ5レビュー5.78点
2024-06-22ハッド9レビュー6.66点
ハッドのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS