Menu
 > 作品
 > セ行
 > 先生を流産させる会
 > かっぱ堰さんのレビュー
先生を流産させる会 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 先生を流産させる会
製作国
上映時間62分
劇場公開日 2012-05-26
ジャンルドラマ,サスペンス,青春もの,実話もの
レビュー情報
《ネタバレ》 「告白」を超える問題作とのことだが、見ていないので比べられない。
女子固有の問題には踏み込む気にならないので、それ以外で思ったことを書く。

まず前半では、生徒・家庭・学校と周辺社会の問題をコンパクトにまとめていた印象がある。その上で主人公の教員が、「やって許されないことがある」という方針で断固戦う姿勢を見せていたのは痛快に思っていた。家庭事情や親子関係がどうのということはあるにせよ、やはり極端な問題行動は力づくでもやめさせることを考えなければならない。
しかし、この方針が最後まで貫徹されずに終わっていたのは非常に落胆した。実行するまでは一生懸命止めても、やっちゃった後はただ放免というのでは、止めようとしたこと自体が無意味になる。あれだけ恐い顔で脅していたのは単なる方便だったということなのか。現実世界の実態はどうあれ、主人公自身が自分の行動を無意味化したように見えるのは映画のストーリーとして変である。許されないことはあくまでやらせないか、やらせるのならそれなりの報いがあるか、どちらかでなければならない。

また終盤ではスプラッターまがいの惨劇が起こっていたが、その割に最後を教育映画っぽく丸めてしまったのは整合性に欠けている。制作者の意向としては、オヤジ連中が事件報道を見てケシカランと憤慨するとか、若い連中がネット上で厳罰を求めるような感覚に迎合したくないということのようだが、あれだけのことをやらせてしまっては、見ている側もただでは済ませられない気になって当然である。穏健にまとめるのが本意だったというなら、その前の過激な場面はミスリードとしか思えない。
さらに個人的に気に入らないのは、ご立派な教育映画のように終わったことで、何が何でも学校内でくるめてしまおうとする態度を容認しているように見えたことである。学校が外の社会とつながっていることは劇中でも出ていたはずであり、この点でもっと尖った形の問題作にできなかったのかというのが正直なところだった。

以上、そもそも制作意図がよくわからないのでいい点は付けられないが、生徒役の皆さんにはごくろうさまと言いたい。よくこんな映画に出たものだと思うが、舞台挨拶で出ていた「先生を感動させる会」の話は微笑ましい。
[2015-7-1追記]「告白」(2010)を見たが、全く超えていないではないか。アホか。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 5点(2012-12-03 20:53:16)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 7件
作品の平均点 5.29点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5571.43%
6228.57%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 0.45
このレビューの偏差値 36.00
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
先生を流産させる会のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS