Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
 > くるきまきさんのレビュー
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
製作国
上映時間127分
劇場公開日 2018-07-27
ジャンルドラマ,サスペンス,医学もの,パニックもの,ロマンス,TVの映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 日頃TVを見ないので知らなかったが、3シーズン10年にわたるTVドラマの劇場版ということである。
一見の客として見たところでは、TVドラマっぽい出演者が忙しく立ち回って飽きさせない作りになっている。本筋に関わる話としては主に医師と看護師の結婚話、及び外国へ派遣されるのが誰かの2つで、あとはゲスト出演者や出動場面に起因するエピソードが5個くらい入っている。本筋ドラマが個別エピソードに影響を及ぼしたり、個別エピソードが主要人物の心を変えたりして関連付けができており、またTVドラマ風ではあるが各種の感動場面もある。最後はこの場を去っていった人々も、救急医療で経験を積んだことが別の場所(外科、産婦人科)で生かされたということらしい。
個別エピソードのうち、序盤から衝撃的だったのががん患者の話で、肌は結構若々しく見えるのに突然大吐血したりするのが非常に痛々しい。また11歳で家出した男のエピソードは、小さくまとまりすぎて小噺のようでもあるが、なかなかうまくできた話ではあったと思う。

登場人物では、レギュラーで感じがよかったのは緋山という医師で、本質的なことを真っすぐに言うので人に信頼されるということかと思った。また、すらりと背の高い冴島という看護師(公称169cm)も有能そうで好印象だ(好きだ)が、この人の相手が身長162cm(公称)の男だというのは不満である(役者に恨みはない)。まあその辺は本編ですでに確定していたのだろうから仕方ない。ちなみにキスシーンはなかった。
ほか出演者としては、今回ゲスト出演の山谷花純という人は前から知っていたが、地が可愛いのに普通に可愛い役をやることがあまりない人で、これは本人の役者志向が強いからだろうと思っている(今回は本当に丸坊主にしたらしい)。また馬場ふみかという人は、以前にろくでもない映画でろくでもない役をやっていたのしか見たことがなかったが、最近はこういうまともな役で頑張っていたのだなと少し感心した。ちなみに新木優子さんは今回それほど活躍がなかった感じである。
なお気に入らない点としては主役の男が格好つけ過ぎだということと、重傷者が多数いる中で私的事情でしゃべり始める奴がいることである。脇で黙々と仕事しながらそういうしょうもない話を聞かされている木更津市の消防隊員などはご苦労様なことで、こういう人々が救助活動を地味に支えているのだなという感慨があった。
くるきまきさん [映画館(邦画)] 6点(2018-07-28 17:28:19)
その他情報
作品のレビュー数 10件
作品の平均点 5.20点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
3110.00%
4220.00%
5330.00%
6220.00%
7220.00%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.25
このレビューの偏差値 55.13
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS