アンダーカレント の タケノコ さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンダーカレント
 > タケノコさんのレビュー
アンダーカレント の タケノコ さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 アンダーカレント
製作国
上映時間143分
劇場公開日 2023-10-06
ジャンルドラマ,ミステリー,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 原作未読です。 表題「アンダーカレント」とは、潜流という、表層部の海流と独立して海面下を流れる海流を指す。本作で言うなら、人間の心のうち、のことだろう。自分でも理解できないものを、それが他人だろうが、夫だろうが、なおさらわかるはずもないお話。だから、結論を求めずに、その展開を楽しむつもりでご鑑賞。 映画としては、メタファーに富んだ恋愛サスペンス映画、というところでしょうか。回想場面の多様がやや気になりますが、それはストーリー進行上、かなえ (真木よう子) の脳裏に一瞬だけ浮かんだ光景であり、凡庸な映画にありがちな説明不足を補うものとは異なるものでした。 その彼女が水の中に沈んでいく光景が本作を象徴します。その姿は洋服が膨張してお腹が膨らんでいるように見えて、まるで胎児を宿っているようにも見えました。これは、彼女の深層心理的な願望の現れなのかもしれませんね。 悟 (瑛太) は、彼女の元を去りました。本作中、嘘、という言葉が飛び交いますが、愛情を失ったのに、妥協や慰めで共にいること、いようとすること、それは偽りの愛だし、それこそが本当の「嘘」ではないだろうか。 ストーリーから話逸れますが、真木よう子さんの代表作は、「ゆれる」だと思ってます。本作は、消えた夫、現れた (謎の) 男、怪しげな探偵、、そんな三者三様の男にゆれる女の恋心、、といった様相で、彼女にとって久しぶりの代表作になりそうな気がしてます。 江口のりこさんとは「パッチギ!」の名コンビですね。あのお二人が (丸くなって) 十何年ぶりに再会したようにも見えて、私は密かに笑っておりました。 なお、本作にアクセントを加えていたのは、間違いなくリリーさん。その得体の知れない感じが、まさにお家芸であり、あそこでまさかのカラオケ熱唱には笑わせてもらった。歌は「裏切り者の旅」(笑) ちなみに、喫茶店 → カラオケBOX → 遊園地 → 海辺のドライブ、、って、サイレントで観たら、二人の不倫ドラマに見えるよね、これは。 その探偵に会う時は、なぜか美しく化粧していたかなえさん。女ごころは複雑ですかね。 そうそう、本作はご存じ今泉力哉監督ですが、澤井氏と脚本を共同執筆するようになってから、作風がシリアス路線に変わった気がいたします。近年では「mellow」「街の上で」が今泉監督個人による脚本ですが、この二作は笑いもあるし、個人的にはこちらの方がいいかな・・。例外的に本作で監督のこだわりが最も感じられるのが、銭湯。 靴屋、花屋、パン屋、古着屋、そして、風呂屋。 原作ありきとは言え、ロケーション設定については、「らしさ」を貫いていてうれしいところ。 会社、オフィス、、(つまり、サラリーマン、OL、社長さん、ね) こういう堅苦しいのは監督の映画では見たくないので、そこだけは、これからもよろしくお願いいたします。
タケノコさん [映画館(邦画)] 7点(2023-10-09 11:34:28)
タケノコ さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-22ぜんぶ、ボクのせい7レビュー7.50点
2024-07-16SOMEWHERE7レビュー6.70点
2024-07-16海辺の家6レビュー6.79点
2024-07-14ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ8レビュー7.25点
2024-06-24ブータン 山の教室7レビュー6.66点
2024-06-23Helpless5レビュー6.40点
2024-05-08台北暮色8レビュー8.00点
2024-04-19マグノリア8レビュー6.01点
2024-04-12ちょき7レビュー7.33点
2024-04-02ウインド・リバー7レビュー6.93点
アンダーカレントのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS