Menu
 > 作品
 > ア行
 > アラバマ物語
 > すかあふえいすさんのレビュー
アラバマ物語 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 アラバマ物語
製作国
上映時間129分
劇場公開日 1963-06-08
ジャンルドラマ,法廷もの,モノクロ映画,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 グレゴリー・ペックの演技がとにかく最高。
ジョン・フランケンハイマーの「I Walk the Line」やラオール・ウォルシュの「艦長ホレーショ」「世界を彼の腕」に並ぶベスト・アクト。

個人的には「拳銃王」や「廃墟の群盗」「無頼の群」「白昼の決闘」のようなアウトロー役も好きだが、ペックはやっぱり冷たいようで本当は根が厚い正義漢が一番。
「ローマの休日」みたいな王女のスキャンダルを書いてやろうと思っていたら、何時の間にかその人柄に惚れて助けたくなってしまった・・・そんな感じこそ俺にとってのペックなんだ。

「大いなる西部」のようないかにも正義感の塊というペックは好かない。


この「アラバマ物語」は、ホームドラマとしても、一つの法廷劇としても見れるこの映画。
前半は弁護士の父親と家族の団欒、父親が扱う事件を巡ってのトラブルなどなど、実にアメリカらしい社会背景が詰まっている。
そして子供たちの小さな冒険譚。
内容はてんこ盛りだが、ストーリー自体は淡々と事を運んでいく。

裁判のシーンは少し長め。
事件の真相を探っていく内に、差別や貧困といった問題も絡んでくる。

最後まで戦い抜いた父親だが、待ち受ける顛末は残酷なものだ。

ただ、ラストでちょっとした奇跡が待っている。

心の暖かい人間ドラマです。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-11-08 19:07:22)
その他情報
作品のレビュー数 94件
作品の平均点 7.68点
作品の点数分布
000.00%
111.06%
200.00%
311.06%
400.00%
566.38%
61313.83%
72021.28%
82122.34%
91819.15%
101414.89%
作品の標準偏差 1.68
このレビューの偏差値 54.69
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
アラバマ物語のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS