Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド・ボーイ(2013)
 > ゆきさんのレビュー
オールド・ボーイ(2013) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 オールド・ボーイ(2013)
製作国
上映時間103分
劇場公開日 2014-06-28
ジャンルアクション,ドラマ,サスペンス,リメイク,漫画の映画化,バイオレンス
レビュー情報
《ネタバレ》  今度は原作準拠で作ってくれるんじゃないかという期待があったのですが「原作漫画の再映画化」というよりは「2003年の韓国映画版のリメイク」という内容であった事が残念。

 とはいえ、2003年版における欠点が色々と補われた形となっており、そこは良かったですね。
 欠点が消えると同時に、あの独特の迫力というか、粘っこい魅力のようなものも失われているので、結果的にはプラマイゼロって感じなのですが……
 それでも、リメイクした意義は充分にあったんじゃないかと思います。

 まず、原作にもあった「催眠術」の要素をバッサリ削ってみせたのは、間違いなく英断でしたね。
 「映画より原作漫画の方が面白い」と考えている自分ですら「あの漫画は催眠術で何でも出来ちゃうのがツマラナイ」って言われたら、反論出来ないところがありますし。
 一応、本作においても「心理的な誘導工作」のようなものはありましたが、さほど非現実的ではなく、充分にリアルな範疇に留まっていたんじゃないかと。

 また、2003年版においては「これ、ヒロインが主人公の娘なんじゃない?」と途中で観客も気付いちゃうような、作りが甘いところがあったんですが、本作はその点もフォロー済み。
 「架空のテレビ番組」「スマホの待ち受け画面」を効果的に活用し、ヒロインの正体を上手くはぐらかす形にしてあったのは、お見事でしたね。
 2003年版より先に、こちらを観賞していたとしたら、ネタバラシの瞬間まで「ヒロインのマリーは主人公の娘である」って事に気付かず仕舞いで、大いに衝撃を受けたんじゃないかと思えました。

 他にも「飛び降り自殺する男を見殺しにする場面が無くなってる」「娘を人質にしていると犯人が語るので、主人公は彼を殺せない」などの改変が施されており、それらに不満を持っていた自分としては、嬉しい限り。
 その一方で「テレビを観ながら自慰に耽る場面」「金槌を武器に大立ち回りを演じる場面」など、2003年版で印象深かったポイントは、しっかり再現してあったんだから、非常にバランスの良い作りだったと思います。

 肝心の「犯人の動機」については「2003年版と違って、思いっきり本番行為しているのを見られたんだから、噂が広まるのは当然」「娘だけでなく息子とも性的な関係にあった男って設定にしたのは、流石にやり過ぎでは」「主人公の元嫁はアマンダをいじめるどころか庇っていたのに、殺されたのが可哀想」等々、気になる点も多かったんですが……
 家族を淡々と射殺していく場面は不気味で良かったですし、これまた「結果的にはプラマイゼロ」って感じでしたね。
 特に、犯人が「近親相姦の罪を背負って生きる事になった主人公」に対し、同情を示す描写があった点は、原作漫画における「孤独な二人の、奇妙な友情」を連想させるものがあり、僅かながらも原作の要素を取り入れてくれたように思えて、自分としては嬉しかったです。

 オチとなる「再び監禁部屋に戻るエンド」に関しても、娘との近親相姦関係をスッパリ断ち切ったという感じがして、良かったですね。
 曖昧なまま終わらせた2003年版よりも、ずっと誠実な終わり方だったと思います。

 あっさり薄味だけど、薄味には薄味ならではの魅力があるんだなと感じさせてくれた、そんな一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2020-02-10 20:18:15)
その他情報
作品のレビュー数 19件
作品の平均点 6.26点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.26%
5210.53%
6736.84%
7947.37%
800.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 0.85
このレビューの偏差値 46.35
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
オールド・ボーイ(2013)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS