恋は雨上がりのように の nakashi さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋は雨上がりのように
 > nakashiさんのレビュー
恋は雨上がりのように の nakashi さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 恋は雨上がりのように
製作国
上映時間112分
劇場公開日 2018-05-25
ジャンルドラマ,ラブストーリー,青春もの,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 小松奈菜の若くキラキラした輝きと美しさを全力で綴じ込んだ作品。原作は未読だが、作品が持つ文学性とキャスティングの妙で、人気漫画を実写化した作品の中では傑出した出来上がりになったのではないだろうか。

冒頭からこれでもかというくらいに小松奈菜という女優の美しさや輝きを際立たせようと工夫しているのが見て取れる。大泉洋を相手役に選んだあたりも、中年男と女子高生の交流という物語に変な厭らしさを出さないための工夫といえる。思春期の女子高生のまっすぐすぎる思いに困惑しながらも、真摯に誠実に接しようとする中年男性の演技は、多少ファンタジーが入った部分はあるにせよ、説得力があった。

漫画実写化、特に女子高生が主人公の映画となるとどうしても色眼鏡をかけて観てしまいがちだが、本作はそうした先入観をなぎ倒す物語のテーマ性の深さがある。全体を通して見れば物語は、一度大きな挫折を味わった主役二人がどのように関わり、どのようにそれぞれの道を進んでいくか、というもの。単に恋愛だけでない、人間ドラマ的要素もちゃんと盛り込めている。回想シーンの効果的な配置や、モノローグに頼らない脚本には好印象を覚えた。雨、陸上、図書館、レストランのシーンにおいてもリアリティバランスを何とか維持するよう工夫がされている。度々言及される芥川の羅生門の一節は、人生の雨宿りという題材に対しての暗喩であろう。これも本作の文学性を補強するのに良い役割を果たしている。これらを振り返ってみれば、巷間に溢れる女子高生が主役の恋愛映画にはない、プラスアルファの要素が盛り込まれているのがわかる。個人的にはこれが本作を突出した出来に押し上げた要因ではなかろうか。

ちなみに本作のマイナスポイントは主に2つ。タイトルロールあたりの実にマンガ的な描写。全体的にあそこだけ違和感があり、そこは写実的に撮ってよかったのではないだろうか。もう一つのマイナス点は、高校生役の俳優陣の演技力。清野菜名はちょっと高校生にしては老けすぎだが演技は及第点。京都弁を使いこなせていない山本舞香、終始平凡な演技の松本穂香は目も当てられなかった。主役を引き立たせるという意味では成功しているかもしれないが、さすがにレベルが低い。

本作の陰の功労者にも目を向けておこう。音楽担当の伊藤ゴローだ。映画音楽で彼の名前を見ることはなかなか少ないが、いつも通りのオーガニックでセンスの良い音楽を提供している。この手の邦画だと、やけに仰々しいかやけに無味乾燥としたBGMが多いのだが、伊藤ゴローを音楽担当に迎えることで、上品ながらも盛り上がりに欠かない音楽提供に成功している。知る人ぞ知るポップバンドであるスカートが本作に協力しているのも憎いところだ。この点、制作陣のセンスの良さが光っている。

全体としてみれば、漫画原作とは思えない”青春ドラマとしての素晴らしい出来を備えた映画”であった。おそらく小松奈菜が高校生役を演じるのはこれで最後だと思うが、その若さゆえの、ときに無鉄砲なくらいの輝きや美しさを綴じ込めることができた意義は大きい。
nakashiさん [DVD(邦画)] 8点(2019-08-01 11:51:56)(良:2票)
nakashi さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-01-26マルホランド・ドライブ7レビュー7.12点
2023-11-05キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン8レビュー7.20点
2023-08-13JFK7レビュー7.25点
2023-03-21禁じられた遊び(1952)8レビュー7.76点
2023-03-21ウエスタン10レビュー7.98点
2022-10-30オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分8レビュー6.14点
2022-08-14ひまわり(1970)8レビュー7.66点
2022-08-148レビュー6.67点
2022-05-18ニキータ6レビュー6.77点
2022-05-18アネット7レビュー6.00点
恋は雨上がりのようにのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS