マイ・ブロークン・マリコ の Yuki2Invy さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイ・ブロークン・マリコ
 > Yuki2Invyさんのレビュー
マイ・ブロークン・マリコ の Yuki2Invy さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 マイ・ブロークン・マリコ
製作国
上映時間85分
劇場公開日 2022-09-30
ジャンルドラマ,漫画の映画化,ロードムービー
レビュー情報
《ネタバレ》 本質的なお話の内容自体はごくシンプルなモノではあるし、終わり方含めても今まで全く見たコト無かった…というヤツではないかと思う。他方、映画としての展開運びはまずまず巧みであり、ほっこりしたり笑えたり、或いは心を締め付けられる様なシーン・かなりキレ好く緊迫するシーンも色々と含まれていてソコはバランスが好かったな…とも。ただ、一番の見ドコロはやはり登場人物のそこそこユニークなキャラクターであって、だから結局永野芽郁チャンそのものが今作の最大の勘所だ、とも思ったりするのですよね(基本出ずっぱりで、かつ単独行動するシーンも結構多いので)。

その意味では、芽郁チャンに関してはまずはとにかくこの役にはドハマりしてたな…とはまた思うのですね。年の頃合いもドンピシャだし、少しやさぐれてるケド基本的にはしっかり者で、ただ所ドコロ多少乱暴でバカっぽい…ケドやっぱ根はしっかりしてる…みたいなキャラの表現としてかなり巧妙・精密に仕上げてたかな、と(私が今まで観た彼女の演技の中では確実にピカイチというモノでしたね)。一点、やや珍しくも思える一人旅でのロード・ムービーというコトで、特にその最中は説明的な台詞や自分の心の声をド直球に「独り言ちる」シーンがワリとふんだんに含まれてくるのですよね。重ねて、最初からそーいうキャラとして役自体が構築されてるモノではあるのですし、ラスト付近の肝心なシーンの演出にもその設定+流れを活用できていたり…と決して悪いコトばかりではなかったとは思うのですケドも、全体として観た時にちょっと「直接的すぎるかな…(少しダサいかな…)」というシーンも無くはなかったので、個人的にはココは功罪両面あったかな~と仄かには思いましたです(=可能ならば、本人に言わせずに語れないモンかな、と)。

ただし重ね重ね、シンプルなダケにごく共感し易い(=誰しも感動できるだろう)物語だったと思いますし、(コレも重ねて)だからこそ重要となるキャラクターの魅力も十二分に引き出されてはいたかな、と。相方の奈緒チャンも(芽郁チャンよりちょっと更にややこしい役柄にも)同じ位にハマってたと思いますし、もう一人、窪田正孝の役柄も非常に魅力的に見えました(彼に関してはモ~流石…という感じですかね)。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2022-10-08 18:50:06)
Yuki2Invy さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-07-22フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン6レビュー6.00点
2024-07-19花椒の味7レビュー7.00点
2024-07-19はざまに生きる、春7レビュー7.00点
2024-07-15恋するシェフの最強レシピ6レビュー6.25点
2024-07-15そして、神はカインに語った6レビュー6.00点
2024-07-14フリージャック4レビュー4.27点
2024-07-14悪い子バビー8レビュー8.50点
2024-07-13キングダム 大将軍の帰還9レビュー8.00点
2024-06-30少林寺7レビュー6.89点
2024-06-29carmen.カルメン6レビュー6.00点
マイ・ブロークン・マリコのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS