大奥(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 大奥(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

大奥(2006)

[オオオク]
2006年【日】 上映時間:126分
平均点:4.74 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-23)
ドラマ時代劇ロマンスTVの映画化
新規登録(2006-10-09)【TRUST NO ONE】さん
タイトル情報更新(2010-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督林徹
キャスト仲間由紀恵(女優)絵島
西島秀俊(男優)生島新五郎
井川遥(女優)月光院
及川光博(男優)間部詮房
杉田かおる(女優)宮路
麻生祐未(女優)小萩
中山忍(女優)藤川
木村多江(女優)法心院
鷲尾真知子(女優)葛岡
山口香緒里(女優)吉野
久保田磨希(女優)浦尾
江波杏子(女優)菊緒(友情出演)
北村一輝(男優)金子長十郎
谷原章介(男優)懐月堂安度
竹中直人(男優)谷口新八
平泉成(男優)山村長太夫
鈴木砂羽(女優)やえ
徳井優(男優)弁当屋
佐藤仁美(女優)安度の女
木下ほうか(男優)船頭
本田博太郎(男優)新井白石
火野正平(男優)奥山交竹院
原田龍二(男優)坪内能登守定鑑
田口浩正(男優)岡本平右衛門
小倉久寛(男優)役人
星野真里(女優)部屋子
山田明郷(男優)快意
小松みゆき(女優)松ヶ枝
木谷邦臣(男優)吟味与力
浅野ゆう子(女優)瀧山(友情出演)
松下由樹(女優)蓮浄院(友情出演)
柳葉敏郎(男優)仙石尚久(特別出演)
藤田まこと(男優)奈良屋善右衛門(特別出演)
岸谷五朗(男優)秋元喬知(特別出演)
高島礼子(女優)天英院
梶芽衣子ナレーション
脚本浅野妙子
作詞倖田來未「運命」
主題歌倖田來未「運命」
製作東映
フジテレビ
亀山千広
坂上順
企画清水賢治
配給東映
美術吉田孝〔美術〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.事件の真相は闇だが、仲間由紀恵をよく見せようと史実を捻じ曲げているのはどうなんですかね。実際、仲間由紀恵はよかったんですけど。ただし、月光院はかなり変だし、絵島の高遠でのその後の生活までフォローする等もうちょっと重厚さが欲しかったな。そういうのを期待する作品じゃないのかもしれないですが。(TV版未見)
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-07-18 15:37:08)
30.《ネタバレ》 この映画で初めて仲間由紀恵さんに女としての魅力を感じました。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 4点(2011-03-19 04:01:48)
29.《ネタバレ》 か~るい、か~るい、女社会のドロドロの表層の部分だけを掬いとって2時間にまとめました的な。映画館へ足を運ぶほどではないが、テレビで家族と観るならこのくらい軽いタッチが丁度いいかも(笑)大奥の総取締があんなに初な優等生で務まるのかなんて疑問はさておき、絵島役の仲間、生島役の西島共にそんなに悪くなかった。仲間の意志の強そうな眼差しと西島の立ち姿と横顔の美しさで最後まで観られました。逆に言えば主演の2人が自分の苦手なタイプだったら途中で放棄してたかな。井川遥の演技の下手さと血の通ってない人形のようなミッチーが鼻についた。といっても出番がそんなに多くなかったので許せる範囲ですが。高島礼子の妖艶さと杉田かおるは良かった。木村多江はイメージとは違い意地悪な役柄が板に付いていたので、彼女の演技をもっと見てみたかった。当時の舗装されていないはずの町中にあっても演者の着物は汚れ一つない豪華さで、背景も含め映像は美しかった。色彩豊かな日本絵巻を鑑賞する感覚ならいいかも、といっても出せて5点まで。(エンディング曲が倖田來未でがっかり、大人の事情でしょうが、この映画には不釣合いも甚だしい)
LORETTOさん [地上波(邦画)] 5点(2011-02-27 16:40:59)
28.《ネタバレ》 仲間由紀恵はお得意の切り口上風の話し方が役柄に似合っていたと思うが、生島新五郎を演じた西島が私の好みから外れていたためにどうにも感情移入できず醒めた目で鑑賞。もともと芝居がかった芸風のミッチーは、和服と時代劇口調ではますます人形ぽく見えてしまい、秘めた情愛などまるで感じさせない軽い印象。クライマックス、見つめ合いようやく二人が結ばれるかといういうそのシーンで、仲間由紀恵のアップでコンタクトレンズがくっきり写っていてオイオイ・・と思ったり。フジテレビのお祭り映画で定番の、破壊力抜群のエンディングテーマと、友情出演やら特別出演やら業界人やらが山盛りのエンドロールでとどめを刺された。
lady wolfさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-02-23 16:43:35)
27.TVシリーズは見ていません。実話をベースにしたフィクションらしい。全体的にかなり退屈でした。あの大奥の方々は気に入らない同僚を追い落とす為だけに色々と画策しているように見えました。その気に入らない理由も、杉田かおるの表情を見る限りは、嫉妬というよりも自分が得られない女の悦びに浴している同性が恨めしいって感じです。いや、それを嫉妬と言うのかな…。タイトルは忘れましたが、ある姉妹の泥沼の戦いを描いたTVドラマのキャッチフレーズを思い出しました。「私よりも不幸でいて…」。これ、女性の嫉妬の深いところを突いていて今作にもはまると思うんだけど、いかがでしょう。さて、28歳にして男を知らなかった劇中の仲間由紀恵さんが西島秀俊と密通(笑)したときには、大きなお世話だろうがオメデトウと言ってあげたくなりました。大奥の事務職である彼女が男と通じちゃいけない理由が良く分かんなかったけどね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-02-03 03:42:49)
26.そんなに言われているほど悪くはないれけど、出てくる連中皆芝居が軽すぎる。私は「トリック」ファーストシーズン以来の仲間由紀恵のファンでは有りますが、これはテレビドラマを延長しただけみたいな綺麗事に終始していて物足りない。「絵島生島事件」については聞き齧った事があるだけだけれど、仲間演じるこの「絵島」は周囲に配慮しているばかりで、大奥取締役頂点に昇りつめたにしては、それほどの権勢欲があったようにはとても見えない。あまりにヒロインを優等生に美化しすぎではないか?映画で描かれた以前には、のし上がっいくための幾多の醜い駆け引きがあったはずなのに。唯一笑えたシーン、杉田かおるの「・・・代わりに私で試す?」と西島に迫るトコ。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 5点(2009-03-06 12:59:29)
25.これは映画にしてはTVドラマっぽくないですか? 普通の映画だと思ってみてはいけなかったのかもしれません。これはTVドラマが先にあるらしいですが、だからといって映画までTVっぽくすることないと思います。
紫電さん [DVD(邦画)] 2点(2009-02-07 21:56:07)
24.《ネタバレ》  何というか、映画版ということでちょっと背伸びしてしまった感じですね。やはり「大奥」なんですから、もっと城内の人間模様や政治的駆け引きの描写を多くして欲しかったですね(あれだけ、豪華なキャスティングをしているんですから・・・・)。
 あと、いくらフィクションだからと言って、実際は流刑にはなりましたが6、70まで生きた生島新五郎を磔刑で殺しちゃダメでしょう。一応史実に基づいているわけですから、明らかに誤った歴史認識を観客に持たれるようなことをするのはどうかと思います・・・・。
TMさん [地上波(邦画)] 5点(2008-09-15 00:04:21)
23.《ネタバレ》  仲間由紀恵は大河ドラマの「千代」、高島礼子は「極道の妻達」のおかみさん役そのものだし、「大奥」は権謀術数が蠢くドロドロの世界なのに、最初は悪役の皆様方も、最後の方では急に善人になってしまって「わかっておくれ」って言ったって、なんだこりゃという感じ。ストーリーはTVの2時間ドラマ並みの内容、別に映画にしなくてもいいのではないかと思いつつ、でも新春ロードショーだしお祭りというかお屠蘇気分で観るのだからいいかあ~と思ったりして、DVDを観てました。
 勿論、着物の壮麗さとか、時代考証はあっているかよくわからないけれど渡し船の風情とかそれなりに満足いく所もありました。
 でも、エンディング・テーマであの唄はないでしょう。何故時代劇で、あのシーンで「倖田來未」なんでしょう? お金を払ってロードショーを見た方は、違和感を覚えた方が多かったのではないでしょうか? 明らかにミス・マッチで、時代劇の映画としての品格を自ら放棄したようなものです。自分の中でこの映画の良いところを認めようとしていた気持ちが一気に醒めました。ということで、どちらかというと甘めな採点をしがちな自分ですが、このことから大幅減点です。
たくみさん [DVD(邦画)] 4点(2008-04-13 21:21:29)
22.TVシリーズを観ていたので、かなり期待していたせいか、つまらなくてガッカリです。以前から、仲間ゆきえのセリフの喋り方に違和感があったんですが、時代劇ならしっくりくるかも・・・という願いは、やはり崩れ去りました。セットと豪華な衣装は良かったです。
むーみんさん [DVD(邦画)] 3点(2008-02-20 10:52:58)
21.《ネタバレ》 あんまり評判がよくないことを知った上で見たからかもしれないけど、アタシはそんなに悪いとは思わなかったわ。 ただ…大奥シリーズの最大の魅力である「女の嫉妬や怨念が蓄積していくオドロオドロしい感じ」は薄かったわね。 陰険かつ執拗な女のイジメが展開していく様子(=魑魅魍魎の世界)をたった2時間で描ききるのはやっぱり難しかったかしら。 いつ見ても「腹から声出しなさいよ!」って言いたくなる仲間由紀恵や、病気で臥せってるのにふっくら血色つややか!な井川遥は…せっかくいい役もらってんのにダメねえ。 主役をはるタマじゃないわ! その点杉田姐さんったらスゴイ!! まさに「女優!女優!!女優!!!」 松下由樹・高島礼子・浅野ゆう子・木村多江あたりも良かったのにねえ。 若手女優陣にはもっと頑張ってもらわないと!(←何様) でも西島秀俊はとーってもステキ!だったし衣裳やセットも豪華絢爛で、主要キャストやストーリーに若干の不満はあるもののアタシはけっこう楽しめたわ。
梅桃さん [地上波(邦画)] 6点(2008-01-20 16:56:59)
20.TVドラマ版と比べると『意地悪さ』が足りない。純愛色が強くなってしまったことで本来の魅力が半減したと思う。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2008-01-12 18:41:11)
19.《ネタバレ》 確かに江戸の風景とか、歌舞伎座とか、それから絢爛な着物とか、そういう小道具や衣装ははなかなかいいんですけどね。ただどうも演技がね、なんか全然血が通ってない感じがして、どうにも合わないですね。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 5点(2007-12-29 21:08:36)
18.欲張りすぎてすべてが薄い。焦点を絞り、それを肉付けするような展開にしたほうが確実に良かったはず。これだけ贅沢に役者を使うと、製作側がそっちに気をとられてしまって・・・。そんな感じ。
monteprinceさん [地上波(邦画)] 5点(2007-12-23 20:13:05)
17.《ネタバレ》 仲間ちゃんの大ファンなので映画館で見たいと思っていたが結局DVDで鑑賞。いやー良かった、映画館に行かなくて(笑) 相変わらず美しくてずーっとお顔を眺めていたい彼女の豪華絢爛着物ショーが拝見できたが、ただそれだけ。映画の魅力は非常に薄い。特筆すべき点があるとすれば高島礼子の腹黒面はかなりイケてる。本当それだけ。なんでこんな映画に出ちゃったんだろう、仲間ちゃん。ただ過去に一度もかっこいいと思ったことのない西島某がこの映画ではなかなか光っていて「稀代の男前」としての説得力もあった。
りんすさん [DVD(邦画)] 5点(2007-11-14 13:11:20)
16.ドラマの大奥が良かったので観たのですが、主役陣がみんな演技が下手で少々萎えました。仲間由紀恵は綺麗だけど、絵島の役は大役すぎたかな?と思った。井川遥も同じ。どうせなら、あの豪華な脇役陣たちを前面に出したほうがもっと面白かったんじゃないかと思う。ドラマのほうが面白かったです。
civiさん [DVD(邦画)] 4点(2007-10-09 22:48:26)
15.可もなく不可もなく淡々と進む時代劇。TVドラマ版のノリをパワーダウンして短くまとめた感じ。当然無難な出来に落ち着く。TV特番ではなくわざわざ映画にしたほどの魅力は何も感じないが、大奥シリーズが好きな人なら普通に楽しめると思う。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-11 11:07:45)
14.《ネタバレ》 恋愛劇としてみるなら男に狂わされた悲しい女の性を描いたということでこのお話はアリなのかもしれません。が、主役の絵島は大奥総取締という言ってみれば超大物。ただ単に男に狂わされたといってもそこに説得力がない。説得力が描かれていない。自らの職務に忠実なあまり色恋沙汰に無縁であらねばならないという葛藤が充分に描かれていれば、その葛藤からどちらか一方を選び取った(絵島の場合、職務ではなく色恋)というその決断に対して(その決断の是非は別にして)観客は感情移入をして喝采を送るのではないかと思います。絵島の人間像をもう少し丁寧にじっくり描いてこその後半の紅蓮の大火災での逃亡劇が生きてきたのでは、と惜しい作品です。
Seanさん [映画館(邦画)] 4点(2007-08-08 17:46:41)
13.TVシリーズは未見であったが、豪華キャストに惹かれて鑑賞。それ故に豪華な女優陣が画面を彩る光景はなかなか見ごたえがあった。それに対する男性陣も目を見張るほどの重厚なメンバーを集めているので、それを見るだけでも大いに楽しめる。しかしながら、ストーリー的にはところどころ退屈感の残る仕上がりになってしまっていて残念。全体的に間延びした印象を与えてしまっている。余韻を残しているつもりなのかもしれないけれど、もう少しテンポアップは出来たはず。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-06 03:31:28)
12.史実を基にした、フィクション映画..思ってたほど、酷くはなかったかな..それなりに、楽しめるのでは.. 西島秀俊は、役に ピッタリ!でした..いい雰囲気持ってますね~ 声も良かったし、見直しました...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2007-07-27 12:25:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 4.74点
000.00%
100.00%
213.23%
3516.13%
4619.35%
51135.48%
6619.35%
713.23%
813.23%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.33点 Review3人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS