シネマレビュー
MENU
街の灯(1931) 1931年 [米]>(詳細)
平均点:8.41点 (Review 190人)>(詳細 / あらすじ ・ 検索)
<< 前1-20/190件後 >>
1. すごくすごく期待してしまった分
肩透かしを食らったのもまた .. >(続きを読む)
2. チャップリンの映画を始めて観ました。クスッと笑わせるシーンも .. >(続きを読む)
3. 心の中に潜んだ本音、思い違いの大きさ、見返りを求めない行動、 .. >(続きを読む)
4. ・・・・・・・・至高の映画です・・・・・・・・
5. <ネタバレ>“映画”とは何か?チャールズ・チャップリンである。
そう言 .. >(続きを読む)
6. チャップリン映画の中で2番目に大好きな作品!
7. <ネタバレ>私は今までに観たチャップリン映画で一番笑ったのは「黄金狂時代 .. >(続きを読む)
8. <ネタバレ>盲目の娘との「感動物語」よりも、金持ちのいいかげんで酷薄なと .. >(続きを読む)
9. <ネタバレ>私は年代の古さを加味して映画を評することがあんまり得意じゃな .. >(続きを読む)[良:1票]
10. やはりチャップリンには悲哀と狂気がよく似合う。様々な意味での .. >(続きを読む)
11. <ネタバレ>何回も観たと思う、やはり、チャップリンのギャグや笑いは映画を .. >(続きを読む)
12. チャップリンの最高傑作で、チャップリンの才能がいっぱいに詰ま .. >(続きを読む)
13. これって長谷川伸の股旅ものとつながってるよね。しがない渡世人 .. >(続きを読む)[良:2票]
14. <ネタバレ>顔を合わせずすれ違い、街の灯の中に姿を消して欲しかった。時代 .. >(続きを読む)
15. <ネタバレ>ラストシーンは、再会して相手の正体を知るというためであれば、 .. >(続きを読む)[良:1票]
16. <ネタバレ>サイレント映画ならではな面白さが詰まってますね。ボクシングの .. >(続きを読む)
17. <ネタバレ>ひとつの作品の中に喜怒哀楽がふんだんに盛り込まれ、しかも表情 .. >(続きを読む)
18. <ネタバレ>喜劇王による笑いと涙の人情劇の代表作。今作のお相手ヒロインは .. >(続きを読む)
19. ごめんなさい、女の人の演技がちょっと気味わるくて。
20. 心はいつも「街の灯」のチャップリンのように生きたい。
<< 前1-20/190件後 >>