みんなのコミックレビュー Menu

さよならみどりちゃん

連載開始1996年
連載終了1997年
コミック数1冊
連載終了
平均点:8.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ラブストーリー
[サヨナラミドリチャン]
新規登録(2007-11-20)【no one】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者南Q太
出版社祥伝社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 一時期女性作家のマンガをたくさん読んだんですけど、これはとりわけ記憶に残っている作品のひとつ。南Q太さんのマンガって短い台詞と大ゴマ(手抜きとかじゃなく)で、独特のテンポでもって進むのが面白い。さくっと描いているのにとても繊細で、暗いネタなのに能天気でユーモラス。

ダメ男に引きずられるように曖昧な関係を続ける主人公。いっちゃあなんだけど、ダメ男にはまる女の人って、自分自身もダメ女な部分があるよね。自身の根元がしっかりしてないから、自分に負けないくらいダメな男を見つけてよっかかりたがる。これはそんな主人公が一皮向けて、新たな一歩を踏み出すまでの物語。

理想が入る余地のまったくないリアルな作風で、でもそれだけにポップコーンを振りまくシーンの突き抜けた明るさが、とても爽快だ。

映画化作品は怖くて未見。シネマレビューの方を見ると平均は低いのにけっこう点数が散らばってたりして、悩ましいところだなあ……。
no oneさん 8点 [全巻 読破](2007-12-12 02:56:56)
1.《ネタバレ》 本当に恋ってどうしようもない。馴れ合いでしか繋ぎ止められなくったって、その恋が続くのなら、その居心地の良さに緩慢と身を委ねたい。そんな主人公がラストに迎えた小さな別れに、少し感情移入。

南Q太らしい作品。
aksweetさん 8点 [全巻 読破](2007-11-22 00:58:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 2人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
82100.00%
900.00%
1000.00%

Copyright(C) 1997-2023 JTNEWS