みんなのコミックレビュー Menu

Gunslinger Girl

連載開始2002年
連載終了2012年
コミック数15冊
連載終了
平均点:9.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクション
[ガンスリンガーガール]
新規登録(2008-06-02)【aksweet】さん
タイトル情報更新(2018-09-09)【aksweet】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
出版社メディアワークス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.銃×少女という取り合わせにマニアックな印象を受けるが実はかなり骨太なテロ対策アクション漫画。
薄命のサイボーグ少女たちと共にシリアスに戦う「兄弟」のオッサン達に共感できる。
少女たちとの間に恋愛要素はなく、あくまで「妹」「家族」として描かれるので硬派だ。

有名なアニメ版では途中までの内容しか描かれてないがこの原作の面白さはむしろそれ以降の終盤にある。
終盤の伏線回収や怒涛と衝撃のの展開、そしてエピローグの感動は忘れられない。
個人的に数々の名作漫画を超えた最高の漫画だと思ってる。
Nigさん 10点 [全巻 読破](2018-08-18 12:37:44)
1.《ネタバレ》 「少女×ガンアクション」という取り合わせが、下品で大嫌いでした。しかもイタリア政府の殺し屋の少女。改造もされていて、洗脳までされている。相方は政府組織の男性職員。とほほほ。何でそんな悪趣味な設定にするのか。面白い訳、ねーな!と、高をくくっていた。

しかし、読み進めていく内にどんどん深みにハマっていった。設定は、相変わらず下品だと思っている。が、何と言うか、コッ恥ずかしいが、照れ臭いが、少女たちの長くない人生や幸せが、正しく「可憐」なんである。

ギリギリな所で「人形」ではなく「人間」として生きている少女たち。

何と言うか、今後の展開が気になります。

【ここまで9巻までの感想・以下、最終巻まで読んで】

一期生パートから二期生ペトルーシュカ登場というシフトチェンジで、物語の焦点が霞んだように思えたが、各々が迎えた終焉にグッと来た。

ラストに紡がれた「希望」が、眩い。
aksweetさん 9点 [全巻 読破](2008-06-05 23:45:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 2人
平均点数 9.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
9150.00%
10150.00%

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS