みんなのコミックレビュー Menu

ザ・ファブル

連載開始2014年
コミック数12冊
連載中
平均点:10.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクション犯罪ものヤクザ・マフィアバイオレンスヤンキー漫画
[ザファブル]
新規登録(2018-01-28)【まかだ】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者南勝久
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.「もうダメだー」。レンタルした最新12巻を読んだ直後、そうつぶやいていた。
何がダメなのか?
これまで何回か、このマンガをレンタルで読んでいたけど、もう全巻買わないと気が済まなくなったっていうこと。
このマンガが面白いってことはわかってはいたけど、休業中の殺し屋とヤクザなんてテーマだから、買って本棚に並べることには抵抗があった。
でも、面白すぎる。
特に、この12巻で見せた、9巻の伏線を回収する決めゼリフには、ちょっとゾクゾクって体が震えたし。

南勝久って、ここまでマンガがうまい人だったっけ?
自分の中では、「ヤンキー、車、暴力、女」っていう、いわばヤングマガジンのテーマに沿って、「ありきたりのマンガを描く人」っていう認識だった。
決してマンガが下手ではなかった(だからこそ前作は10年以上続いた)けど、かと言って、全巻買おうなんて思いもよらなかった。
床屋やラーメン屋にあれば読んでみるけど、店出たらすぐ忘れるような、そんな存在。
ただ、前作から「悪人を描くのがうまいなー」とは思っていた。
悪人がうまいと、ひどい目に合わされる女の子は本当にかわいそうだし、悪人をやっつける正義漢にスッキリする。

そのセンスがこの「ザ・ファブル」では爆発してる。
悪人は本当にあくどすぎるし、女の子はいくらなんでもかわいそうすぎる。
「これはひどすぎる」そう思った瞬間にちゃんと主人公は登場してくれる。
そのタイミング、センスの良さに脱帽。
日常時の主人公のトボけ方との緩急も絶妙。

まだ連載中だから9点止まりにしておくけど、大人向けエンタテイメントの現役最高峰だよ、これは。


<<2018/3/7追記>>
13巻が発売されて早速読んだけど、これまた凄すぎる。
ウツボ編の納得ラストと、その後のクリスマスパーティーで大笑い。
殺し屋の物語なのに、「平凡な日常がいかに貴くて大事なものか」なんてことを考えさせられる。
まだ連載中だけど、今のところ傑作中の傑作。
もう我慢できない。ケチらず10点に変更!
まかださん 10点 [全巻 読破](2018-01-28 15:51:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 1人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
101100.00%

【講談社漫画賞 情報】

2017年 41回
一般部門 受賞 

Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS