みんなの連続ドラマレビュー Menu

ハウス・オブ・カード 野望の階段

House of Cards
2014年【米】 第2シーズン[全13話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
政治ものリメイク
[ハウスオブカードヤボウノカイダン]
新規登録() 【ザ・チャンバラ】さん
放送開始日(
放送終了日(2014-02-14)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督ジェームズ・フォーリー
ロビン・ライト
ジョディ・フォスター
キャストケヴィン・スペイシー(男優)フランク・アンダーウッド
ロビン・ライト(女優)クレア・アンダーウッド
ケイト・マーラ(女優)ゾーイ・バーンズ
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)ダグ・スタンパー
プロデューサーデヴィッド・フィンチャー
ケヴィン・スペイシー
エリック・ロス
ロビン・ライト
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 前シーズンにて野望の階段をひとつ上がったフランクの次なる戦いが描かれるシーズン2ですが、作品の趣はかなり変わったように感じました。前シーズンでは自分より格下の者を掌で弄びながら野望を実現させていたフランクですが、戦いのスタージがワンランク上がったことで自分と互角もしくはうわ手の敵が相手となり、フランクが状況を意のままに操るという前シーズンにあった爽快感はかなり失われました。この点で、シーズン1がお気に入りだった私としては多少の失望がありました。
ただし、米中の財界の大物を敵に回しての戦いには緊張感があったし、そんな陰での死闘を表にはまるで出さず、上司たる大統領に忠臣として取り入ろうとするフランクのイヤラしさは相変わらず見ていて楽しく、世界中の中間管理職がフランク・アンダーウッドの振る舞いに拍手喝采したのではないでしょうか。
ついに大統領に野望が発覚した後、大統領とフランクが主導権争いを繰り広げるラスト2話の盛り上げ方は非常に素晴らしく、それまで着々と準備してきたカードを一斉に切っていくという総力戦感や、すべてのカードを切りつくし運を天に委ねるしかなくなった瞬間の焦燥感などが見事に演出されています。
ザ・チャンバラさん [テレビ(吹替)] 7点(2017-06-01 23:54:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS