みんなの連続ドラマレビュー Menu

ハウス・オブ・カード 野望の階段

House of Cards
2016年【米】 第4シーズン[全13話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
政治ものリメイク
[ハウスオブカードヤボウノカイダン]
新規登録() 【ザ・チャンバラ】さん
放送開始日(
放送終了日(2016-03-04)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督ロビン・ライト
カリ・スコグランド
キャストケヴィン・スペイシー(男優)フランク・アンダーウッド
ロビン・ライト(女優)クレア・アンダーウッド
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)ダグ・スタンパー
エレン・バースティン(女優)エリザベス・ヘイル
ネーブ・キャンベル(女優)リアン・ハーヴェイ
ジョエル・キナマン(男優)ビル・コンウェイ
ラース・ミケルセン[男優](男優)ヴィクトル・ペトロフ
プロデューサーデヴィッド・フィンチャー
ケヴィン・スペイシー
エリック・ロス
ロビン・ライト
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 多少の中弛みが気になったシーズン3の反省からか、本作は怒涛の展開の連続で度肝を抜かれました。しかも話の風呂敷の広げ方がうまいために「そんなアホな」と思わせないギリギリのところで踏み留まっており、そのバランス感覚は見事なものでした。「フランク大統領・クレア副大統領のアンダーウッド夫妻政権を目指します!」など現実的にはまったくありえない話なのですが、視聴者が理解可能なイベントの積み重ねの末にこのトンデモ展開を受け入れさせてみせた力技に、本作のショーランナーであるボー・ウィリモンの非凡さが表れています。
シーズン3では鳴りを潜めていたパワーゲームも本作では復活。まず、シーズン3の敵であったヘザー・ダンバーを、フランクの身に起きた不幸を逆手にとって葬り去り、続いて共和党大統領候補ウィル・コンウェイとの一騎打ち。またこいつがフランク並みの腹黒さであり、キツネとタヌキの化かし合いがとにかく熱くて面白くて最高でした。
細かい点では、数シーズンお休みしていた懐かしのキャラクターの再登場等、本シリーズが持つ資産が実に効果的な形で再利用されているという点にも感心させられました。豪快な展開の中にも細かい技が光っており、今のところの最高傑作はこのシーズン4だと思います。
ザ・チャンバラさん [テレビ(吹替)] 9点(2017-06-15 22:39:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
91100.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2023 JTNEWS