みんなの連続ドラマレビュー Menu

SP 警視庁警備部警護課第四係

2007年【日】 第1シーズン[全11話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクション刑事もの
[エスピーケイサツチョウケイビブケイゴカダイヨンガカリ]
新規登録() 【なにわ君】さん
放送開始日(
放送終了日(2008-01-26)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

キャスト岡田准一(男優)井上薫
堤真一(男優)尾形総一郎
真木よう子(女優)笹本絵里
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 このドラマ、23時という深夜枠にもかかわらず平均視聴率が15%を超えた、傑作ドラマです。
その割にはあまり語られないのはなんでかなぁ。
他のレビュアーさんの言うとおり、必ずドラマ→映画版の順で見てください。
MASSさん [テレビ(日本ドラマ)] 10点(2019-03-06 20:42:28)
1.《ネタバレ》 幼い頃に目の前で両親を殺された経験により、自分の目の見える範囲のあらゆる情報を瞬時に記憶し、危険を事前に察知できる人間レーダーみたいな特殊能力を身に着けた警察官の井上薫と彼が所属する機動警護班の活躍を描いたアクションドラマ。1話30分のドラマだけど、エピソードによっては2-3話がシームレスに進行していて、見ごたえ十分。てゆーか僕は第1話を観た瞬間、すぐにハマってしまって、それくらい面白かったです。このドラマはこのテレビ版後に、映画「野望篇」、テレビスペシャルを経ての、映画「革命篇」で完結し、全体で1本の物語になっていて、連続ドラマだけでは魅力は語れないと思うし、もちろん、映画だけ観ても面白くない。僕は、全部を改めて連続して観て、よーできたドラマやなーと楽しめました。岡田准一のアクションは言うまでもないんやけど、なんといっても脚本の金城一紀の世界観が好きなんです。こないだ衝撃の結末を迎えた小栗旬のドラマ「クライシス」の原作者でもあり、この人の作品には、少しクセがあります。国家が絡んだ陰謀とか、善と悪の境目とか、そーゆう要素があり、たまに正義がある意味、負けちゃったりすることもあり、それに、もちろん荒唐無稽の世界観なんだけど、どっか変なリアリティーがあり、そーゆうのひっくるめて、なんか癖になります。ちなみに、このドラマ、映画でちゃんと、全ての始まりである幼い頃の両親の死に決着がつき、最後にスッキリできるよーになっています。だから、今から観るなら、もちろん映画版まで観るべし。
なにわ君さん [DVD(日本ドラマ)] 10点(2017-07-02 20:47:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 10.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
102100.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 ストーリー評価 9.00点 Review1人
2 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
3 音楽評価 10.00点 Review1人
4 感泣評価 0.00点 Review1人
5 映像評価 9.00点 Review1人

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS