みんなの連続ドラマレビュー Menu

時をかける少女(2016)

2016年【日】 第1シーズン[全5話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマSFラブストーリーファンタジー青春ものロマンス小説のドラマ化
[トキヲカケルショウジョ]
新規登録() 【くるきまき】さん
放送開始日(
放送終了日(2016-08-06)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

演出岩本仁志(第1,2,4,5話)
キャスト黒島結菜(女優)芳山未羽
菊池風磨(男優)深町翔平/ケン・ソゴル
竹内涼真(男優)浅倉吾朗
吉本実憂(女優)ゾーイ
野波麻帆(女優)松下由梨
猫背椿(女優)浅倉唯
安蘭けい(女優)芳山香織
田口浩正(男優)浅倉努
古畑星夏(女優)おじょう/寺崎
三浦透子(女優)えりちん/木下
高橋克実(男優)三浦浩
加藤シゲアキ(男優)矢野和孝
高畑淳子(女優)深町奈緒子
佐野和真(男優)(第1,2話)
浅見小四郎(男優)(第1,2話)
高月彩良(女優)(第2話)松山実穂
森永悠希(男優)(第2話)西岡光
原作筒井康隆『時をかける少女』(角川文庫刊)
脚本渡部亮平
音楽池頼広
主題歌AKB48『LOVE TRIP』
NEWSエンディングテーマ『恋を知らない君へ』
放送局日本テレビ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 2016/7/9~8/6に全5話で放送したらしいが見なかった。
大枠としては原作・1983年実写映画版と2006年アニメ版の折衷に見える。最初と最後が実験室(「理科準備室」)なのは基本として、ラベンダーとか深町家に入り込むとか火事が起きるのは原作と1983年版の構成要素である。一方で主人公と男2人の人物設定はアニメ版に倣ったようで、都合が悪いとすぐやり直すとか、男の真剣な気持ちを無にするなどもアニメの主人公のやっていたことである。季節も同じく夏の設定で、ドラマの中心部分は2016/7/7~8/8の出来事だったが、これは放送の時期とも重なっている。
エピソード構成としては、第1話では過去作との関連付けに時間を使っていたようだが、2話と3話は独自の話を自由に作った感じでそれなりに楽しめる(泣かせるところもある)。第4話以降は早くもドラマ全体の終結に向けて三角関係の決着と別離が中心になるが、自分としては特に感動的とも思わなかった。ただ主人公の将来の方向付けに関して、アニメ版より簡単明瞭でわかりやすくできていたのはよかったかも知れない。

物語に関して言いたいことは多いが長くなるのでまあいいとして、それより根本的なところで疑問だったのは、これを見て主人公と未来人の関係を本気で応援したくなるのはどういう視聴者なのかということである。個人的には1983年版の段階から「時かけ」の未来人にはいい印象がなかったが、加えて今回の男はあまりに軽薄で厚顔無恥で狡猾なので見ているだけで苛立たしい。他人の記憶を改竄するのは過去作と同じにしても、今回はそれを明らかに自分の欲望のために利用しており、さらに集団圧力を利用して既成事実を作る卑劣な行動には嫌悪を覚えた。わざわざ憎まれるために出て来たようにしか見えなかったが、それでもこの未来人の思いが大事にされていたということは、要はジャニーズ目当ての人々に向けたドラマだったと思うしかない。
主人公の印象も、最初から良くはなかったが最終的にも悪い状態で終わった。吾朗ちゃんは無用の思いを早目に切り捨てて医学の道に進んだ方がいいと思うが、「おじょう」と呼ばれていた女子と仲良くなるのは構わない(むしろ勧める)。
なおゲスト出演者では、第2話の女子高生(演・高月彩良)と屋上の男子(演・森永悠希、いわゆる「机くん」)が印象的だった。男の方は気色悪いが役柄としてはこれがふさわしく見える。最後のダンスはよかった。
くるきまきさん [DVD(日本ドラマ)] 4点(2018-11-10 22:23:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS