みんなの連続ドラマレビュー Menu

セーラーゾンビ

2014年【日】 第1シーズン[全12話]
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマホラーコメディ青春もの学園ものアイドルものゾンビもの
[セーラーゾンビ]
新規登録() 【くるきまき】さん
放送開始日(
放送終了日(2014-07-18)


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督渡部亮平(第1,2,3,12話)
今泉力哉(第4,5,6,8話)
秋元康(監修)
演出犬童一心(総合演出)
キャスト川栄李奈(女優)秋月百花
渡辺麻友(女優)ミルクプラネット マユ
横山由依(女優)ミルクプラネット ユイ
飯田祐真(女優)イオリ
藤原令子(女優)玲子
秋月三佳(女優)ミドリ
石橋けい(女優)寺川小雪
黒田大輔(男優)亀岡剛
相島一之(男優)教頭
向井地美音(女優)(第2話)巨大ゾンビ
螢雪次朗(男優)(第8話)
ブラザー・トム(男優)(第11,12話)DJマーロン
脚本渡部亮平
犬童一心
音楽ゲイリー芦屋
放送局テレビ東京
その他犬童一心(企画)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 AKB48出演のゾンビ+学園ドラマで、全12話のうち7話までは学校暮らし、8話からの後編は学校を出て人生の行方を探るロードムービー風になる。どうせスカスカで緩いドラマだろうと思えばそれほどでもなく、全体として若年者の成長物語が一応できており、個別エピソードで心に染みる箇所もある。

最初のうち、かつては人間で今も“ご遺体”であるはずのゾンビを女子高生が躊躇なく倒していくのはゲーム感覚かとも思ったが、綺麗事にとらわれない割切りのよさも感じられる。その上で、死者にも生前の思いがあり、また当然ながらこの世界には多くの人間がいて、それぞれに心を持っていることを実感していく展開になっている。主人公の貴重な17歳は悲惨ではあるが濃密な時間であって、ここでいわば人としての促成栽培がなされていたようでもある。
また「夢」が大きなテーマだったようで、その面では結末が少し弱いのではと思ったが、いわばリアル路線としてはこれが正しかったのかも知れない。最後の出来事が全ての解決につながるわけでもなく、そもそも劇中の終末世界でこれから一体どれほどのことができるのかとは思うわけだが、しかし希望に満ちた世界でないのは程度の差こそあれ現実も同じである。最後のささやかな成功体験で「もうだめかも」を言わなくなったのが生きる力ということだろう。
なお劇中ユニット「ミルクプラネット」のいた場所がどこなのか明瞭な説明はなかったが、要は、あっちに行ってもそれなりの世界なので恐れることなく、また変に急いだりもせず、まずはこっちでやれるだけのことをやろうという安心感をもたらすものだったかも知れない。ちなみに死んだ人物も夢には普通に出て来るという感覚はよかった。

キャストに関しては、AKBメンバーは誰も顔を知らないがけっこう有名人が出ていたらしい。こんなドラマでも石橋けい・小池里奈・秋月三佳・飯田祐真といった人々は知っていたが(だから見たわけだが)、今回は特にマオ役の前田聖来という人の印象が強く残った。この人が監督した映画「いつか輝いていた彼女は」(2018)が公開されたようなので機会があれば見たい(機会がないが)。ほか生徒会長(演・相葉香凛)の雰囲気も好きだが出番が短かった。
劇中曲としては「ゴマデスの“ムンムンラル”」というのが悪い意味で耳に残る曲だったが、その青春応援バージョンの「最初の愛の物語」は爽やかで切なくて好きだ。
くるきまきさん [ブルーレイ(日本ドラマ)] 6点(2019-03-17 10:00:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2020 JTNEWS