22年目の告白 -私が殺人犯です-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 22年目の告白 -私が殺人犯です-
 > (レビュー・クチコミ)

22年目の告白 -私が殺人犯です-

[ニジュウニネンメノコクハクワタシガサツジンハンデス]
2017年【日】 上映時間:117分
平均点:6.38 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-06-10)
ドラマサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2017-04-17)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2018-09-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督入江悠
キャスト藤原竜也(男優)曾根崎雅人
伊藤英明(男優)牧村航
夏帆(女優)岸美晴
野村周平(男優)小野寺拓巳
石橋杏奈(女優)牧村里香
竜星涼(男優)春日部信司
早乙女太一(男優)戸田丈
平田満(男優)滝幸宏
岩松了(男優)山縣明寛
岩城滉一(男優)橘大祐
仲村トオル(男優)仙堂俊雄
原作チョン・ビョンギル(原案 韓国映画「殺人の告白」脚本・監督)
脚本入江悠
音楽横山克
製作日本テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ROBOT(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
WOWOW(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ホリプロ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
読売テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
電通(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
講談社(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
企画ROBOT
日本テレビ(製作幹事・共同企画)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.謎解き苦手な私でもフツウに楽しめました。
藤原竜也さんさすがの迫力。
犯人の狂気がおとなしめで、ちょっと残念。
たんぽぽさん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-20 09:54:12)
9.なかなかの展開ではあるが、ちょっと平坦な印象も受ける。固執する何らかの狂気がそこまで出ていないのだろうか。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2018-06-09 20:30:10)
8.入江監督のことはよく知らないけど、恐らく割り切ってエンタメに振れたのだろう。細部は気にしないでください、と言っているかのような作りだが、狙い通り興行的には成功したので報われた気分だろう。オリジナルで不評だったところは受け継がない。リメイク版独自の展開も用意する。といったところで満足感はそれなりにある。本家を6点にしたので、こちらは7点で。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-04-17 00:12:52)
7.ん?22年前?こいつら何歳?
って思いながら見てしまいますね、やっぱり(笑)
そして皆さんの指摘通り、いくら今どきの日本人でも殺人犯にキャーキャー言って群がったりしないでしょう、、、
ストーリーとしては、日本の殺人事件に対する時効が廃止になった日をうまく使って作られていたと思います。
あきちゃさん [DVD(邦画)] 6点(2018-02-19 10:37:09)
6.藤原達也は、ハマり役だと思います。ただし、年齢と多少の演技過剰な点を除けばね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 6点(2018-02-11 21:22:41)
5.面白かった。力作だと思います。藤原竜也だと22年前の年齢が。とか、ありますが、伊藤英明含め、主人公2人は、オッサン俳優使ったほうが、もっと良かった。興行だから仕方がないとはいえ、とりあえず、藤原竜也、小栗旬出しときゃいいだろ的、日本映画はどうなんでしょうかね。
山猫さん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2017-12-02 16:41:56)
4.オリジナルの韓国映画「殺人の告白」は3年前に鑑賞済み。
入江悠監督によるこの日本版リメイクは、オリジナル作品の悪しき部分を是正して、日本でリメイクすることの意義を加味することは出来ている。
ただし、同時にオリジナルと比較しての圧倒的な“物足りなさ”も感じさせ、確実なブラッシュアップを果たしているからこそ、日本映画としての「限界」を感じさせる何とも皮肉な仕上がりになっていると思う。

オリジナル作品の最大のマイナス要因は、ストーリーテリングのテイストと乖離した演出過剰なアクションシーンの羅列だった。
観客をアッと言わせ得るサスペンス性に溢れた物語構造こそが醍醐味の作品であるにも関わらず、ただただ「蛇足」と言わざるを得ない荒唐無稽なアクションの連続が、著しく興ざめだった。

その点、このリメイク作においては、無意味なアクションシーンは極力廃して、ストーリーのサスペンス構築に注力することが出来ている。
更には、日本社会における「凶悪殺人事件」と「時効」の因果関係を時代性に合わせてストーリーに反映させ、この20年余りの間に国内で起こった数々のリアルな「事件」の要素も巧みに絡ませつつ、今この国でこの題材のサスペンス映画を作ることの「意義」をプラスすることも出来ていると思う。

そういう意味では、この日本版リメイクは一定の「成功」を果たしていると言えるだろう。
少なくとも、単なる韓国映画の焼き直しではない仕上がりに対してリメイクの「意義」を感じることが出来る。

元々、オリジナルの韓国映画自体が完成度の高い作品とは言い難いものだったので、この日本版の「勝利!」と断言したいところなのだが、実際はそう言い切れない悩ましさが残る。
冒頭にも記した通り、何だか映画として圧倒的に「物足りない」のだ。

映画作品としての完成度は、日本版の方が優れていると思う。
しかし、「殺人の告白」と「22年目の告白」、結局どちらの作品が映画として「面白かったか?」と問われれば、僕は悩んだ挙句に韓国映画の方を推すだろう。

では、何が違うのか?
端的に言ってしまえば、演者たちの「実在感」とそれに伴うインパクトの優劣だと思う。
オリジナル作品の韓国人俳優たちの存在感が「リアル」だったというわけではない。ただ、荒唐無稽なストーリーをまかり通す説得力が、核となるメインキャラクターのそれぞれに備わっていた。
一方で、日本版の俳優たちは、それぞれが熱のこもった“いい演技”をしていたとは思うけれど、総じて「非現実的」に見えてしまい、それが映画世界全体の薄さに繋がってしまっているように思う。

俳優力の差とは言いたくはないが、どの韓国映画を観ても、韓国人俳優たちの「実在感」は、主役級から脇役、端役に至るまで総じて高く、それだけで強烈なインパクトを観客に与えてくれる。
その要因は、「演技」における技術的なことばかりではないのかもしれないけれど、日本人俳優たちは今一度「役づくり」の部分から「演技」の在り方を見直していくべきなのではなかろうかと思えてならない。
鉄腕麗人さん [インターネット(邦画)] 6点(2017-11-12 23:43:51)
3.色々やりつくされた感のあるサスペンスものにおいて、どんでん返し警戒の中、
”サプライズ”という点では十分満足しました。
ネタバレ厳禁のため具体的に色々書くことはできませんが、
問題作常連の藤原竜也、そして「悪の経典」伊藤英明のイメージによる貢献度が大だと思います。
1番目の種明しがやや早すぎ、かつ、インパクトがあったせいで、結末の印象が薄くなってしまった感はありますが、
個人的には、今年の邦画サスペンス系の中で今のところトップです。
牛若丸さん [DVD(邦画)] 8点(2017-10-10 23:30:21)
2.最後にそう来ますか。韓国バージョンも見てみたいですね。
tonaoさん [映画館(邦画)] 7点(2017-07-06 11:51:58)
1.矢継ぎ早に繰り出されるあの手この手のサプライズで観客を飽きさせずグイグイ引っ張ってくる。
犯人が何故あんなにもてはやされるのかという疑問も藤原竜也のビジュアルによってそれほど不自然さを感じさせない説得力を有していた。
ただしそんな面白さも映画の中盤までで、そこから一気に興醒めとなる。さすがにあのオチは荒唐無稽と言わざるを得ない。もちろん、それを承知で所詮商業映画だと割り切ってしまえば退屈しないし勧められなくもない。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2017-06-13 15:19:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.38点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.12%
5721.88%
6721.88%
71340.62%
8412.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS