戦場のメリークリスマスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > 戦場のメリークリスマス
 > (レビュー・クチコミ)

戦場のメリークリスマス

[センジョウノメリークリスマス]
Merry Christmas, Mr. Lawrence
1983年【日・英・豪・ニュージーランド】 上映時間:123分
平均点:6.34 / 10(Review 149人) (点数分布表示)
ドラマ戦争もの同性愛もの小説の映画化クリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-01-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大島渚
助監督リー・タマホリ(第1助監督)
キャストデヴィッド・ボウイ(男優)ジャック・セリアズ
坂本龍一(男優)ヨノイ大尉
トム・コンティ(男優)ジョン・ローレンス
ビートたけし(男優)ハラ軍曹
ジャック・トンプソン(男優)ヒックスリー
ジョニー大倉(男優)カネモト
室田日出男(男優)ゴンドウ大尉(新収容所所長)
内藤剛志(男優)イワタ法務中尉(軍律会議審判官)
金田龍之介(男優)フジムラ中佐(軍律会議審判長)
戸浦六宏(男優)軍律会議通訳
内田裕也(男優)拘禁所長
三上寛(男優)イトウ憲兵中尉
本間優二(男優)ヤジマ一等兵
三上博史(男優)日本兵
池田勝ジョン・ローレンス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本大島渚
音楽坂本龍一
撮影杉村博章
成島東一郎(撮影監督)
製作ジェレミー・トーマス〔製作〕
テレビ朝日
プロデューサー原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給松竹
松竹富士
日本ヘラルド
美術戸田重昌(美術監督)
編集大島ともよ
字幕翻訳戸田奈津子
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.「ただのコーヒーカップの映像だけだったら誰も見ないでしょう、でもそれに素敵な音楽が乗ったら芸術になるんです」教授が映画音楽についてこんな風にインタビューに答えていたのを印象深く覚えています。中学生の私には難解で理解不能だった本作ですが印象的な音楽と、ボウイ/教授のビジュアル的映像がとても印象的でした。
KENさん 7点(2002-06-24 21:31:50)
7.典型的なタイプキャスティングだがそれがとても良い。坂本、デビッド・ボウイともにとにかく美しい。ただ、日本人を狂信させたものがわけのわからない「神」であるとか、小道具の恩赦のたばこを出すくらいで「天皇制」を表現し、お茶をにごしたところが残念だった。特に、226事件の「輝ける青年将校の一人」となるべきだった坂本龍一の役は、天皇信奉の思想なくしては語れない。西欧人には分からない当時の思想なのだから、分からないものとしてしっかりはっきり描くべきだったと思う。だからこそ日本人と英国捕虜との間の軋轢と葛藤が生まれたのに。この作品の根幹をなすべき大事な部分だと思うのだが。でも、あのようにただファナティックに仕上げた方が、西欧人には分かりやすいと思う。だから、これは西欧人大島渚がつくった映画だと思う。
はんなさん 7点(2002-04-28 19:08:19)
6.ボウイの美しさに惹かれて何度映画館へ通ったことか...ああ!セリアーズ様!それにしても教授の演技はイタかったなあ~。だって何喋ってんのかよく分からんかった。この人には英語にも日本語にも通訳が必要だなあ~と思いました。タケちゃん、この頃太ってましたね~
セラフィータさん 7点(2002-04-12 12:16:43)
5.内容的に解釈のしかたが難しい映画でしたが、最後までのめりこんで見ました。坂本教授の音楽がそうさせたのかもしれませんが、たけしもよかったです。
NINさん 7点(2002-02-12 03:23:48)
4.デビットボウイ・坂本龍一・北野武、それぞれ違ったタイプの男の色気があって美しい。坂本龍一さん自身は、この映画の音楽はあまり好きじゃないみたいだけど、やはりいい場面で流れるとグッときますね。
美琴さん 7点(2001-09-27 00:52:45)
3.得点は、音楽だけで取っているかな。内容は、今一理解不能ですが、デビットボウイと、坂本龍一を見るだけでも作品として成り立つと思います。
スカーレットさん 7点(2001-06-16 22:13:23)
2.教授の音楽も去ることながら、私はラストでまだ初々しい北野武が「メリークリスマス」とぎこちなく言うシーンが非常に鮮烈にのこっています。
ひよこさん 7点(2001-05-09 00:42:53)
1.メッセージを直接伝えてくるタイプの作品ではないし、台詞も演技も曖昧で解釈が難しく感じます。好きなシーンは幾つかありますが、それ以前に芝居に慣れていない人間をあまりにメインキャストに使い過ぎているんではないかと。勿論、感情移入は出来ませんでしたが、それ以外のところにポイントがある映画とも言えます。印象に残っているのは、みんなが当時良く真似した、ラストの“メリークリスマス、ミスターローレンス!”ってのと、何と言っても最高の坂本龍一の音楽でしょう。
イマジンさん 7点(2001-03-16 17:09:58)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 149人
平均点数 6.34点
010.67%
132.01%
242.68%
385.37%
4138.72%
51812.08%
63120.81%
72818.79%
8149.40%
91711.41%
10128.05%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review11人
2 ストーリー評価 6.12点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.62点 Review16人
4 音楽評価 8.57点 Review19人
5 感泣評価 7.18点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS