ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
 > (レビュー・クチコミ)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

[エヴァンゲリヲンシンゲキジョウバンジョ]
Evangelion: 1.0 You are (not) alone.
2007年【日】 上映時間:98分
平均点:6.83 / 10(Review 120人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-09-01)
アクションSFアニメシリーズものTVの映画化
新規登録(2007-03-26)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-06-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督庵野秀明(総監督)
摩砂雪
鶴巻和哉
増尾昭一(特技監督)
助監督轟木一騎(総監督助手)
演出静野孔文(演出協力)
緒方恵美碇シンジ
林原めぐみ綾波レイ
三石琴乃葛城ミサト
山口由里子赤木リツコ
立木文彦碇ゲンドウ
麦人キール・ローレンツ
長沢美樹伊吹ユイ
関智一鈴原トウジ
岩永哲哉相田ケンスケ
子安武人青葉シゲル
石田彰渚カヲル
清川元夢冬月コウゾウ
岩男潤子洞木ヒカリ
平松晶子
大原さやかネルフ職員
永野広一
轟木一騎
山崎和佳奈
野田順子オペレーター
原作庵野秀明
GAINAX(原作協力)
脚本庵野秀明
音楽鷺巣詩郎
作詞宇多田ヒカル「Beautiful World」
作曲宇多田ヒカル「Beautiful World」
編曲宇多田ヒカル「Beautiful World」
主題歌宇多田ヒカル「Beautiful World」
製作スタジオカラー
制作大月俊倫(制作プロデューサー)
スタジオカラー
配給クロックワークス
スタジオカラー
日活(配給協力)
作画貞本義行(主・キャラクターデザイン)
山下いくと(主・メカニックデザイン&新ネルフマークデザイン)
出渕裕(新ゼーレマークデザイン)
樋口真嗣(新作画コンテ)
京田知己(新作画コンテ)
松原秀典(作画監督)
森山ゆうじ(作画監督)
黄瀬和哉(作画監督)
庵野秀明(デザインワークス)
本田雄(デザインワークス/メカニック作画監督/原画)
増尾昭一(原画)
高橋英樹[作画](原画)
美術加藤浩[美術](美術監督)
渡部隆(デザインワークス)
貞本義行(ポスター制作)
神谷誠(ポスター制作)
録音庵野秀明(音響監督)
その他日活(宣伝)
轟木一騎(全記録全集(編集長))
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 あの正8面体の使徒の変化っプリは、数学好きの僕としてはとてもうれしかった。
拍手したくなったくらい。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 8点(2007-11-30 00:23:39)
39.観客は30~40代が多いのかな?と思っていたけど、意外にも殆どが20代前半ぐらいの人でした。自分は最近になってDVDでTV放送版を見たので記憶も新しかったのですが、それでも十分過ぎるほど楽しめた。エンディングが始まっても席を立つ人が殆どいなかったのも意外だった。エンディング終了後に予告があることをみんな知ってたのかな?DVDになっても多分エンディングの後で予告が入ると思うので、DVDで観賞する方はお見逃しなく。
北狐さん [映画館(邦画)] 8点(2007-11-17 01:00:05)
38.夏休みに隣の市まで観にいきましたが、いまだに鮮明におぼえてます。クライマックスのヤシマ作戦はもちろん、冒頭の使徒襲撃シーンはあまりに突然ドガーンと来たので、弟と思わず声をあげちゃったくらい(マナーしらずですみません)。あとは、ラストのシンジとレイのやり取りが良かった。「笑えばいいと思うよ」って、ここだったのか(笑。ただ、「シンジとよばせてくれ」みたいな台詞はちょっと唐突に感じた。すでに書かれてますがドラマ部分はアニメ放送時の方がやっぱりいいのかなって思いました。
……にしても、なんで「ヤシマ作戦」って名前なんだ?
深々さん [映画館(邦画)] 7点(2007-11-15 16:52:12)
37.とにかく大画面でレイに再会できただけで感激です!TVストーリーと若干内容が変わりそうな次回作に、更に期待!「この次もサービス!サービス!」してねん。
つむじ風さん [映画館(邦画)] 8点(2007-11-15 02:12:29)
36.《ネタバレ》 エヴァはテレビでも観たことなくて、今回映画になるということで本当に初めて観てみることにした。
 何の勉強もせず行ったので、最初は「エヴァってガンダム的なものでしょ?」という程度の認識だった。
 周りからは「ちゃんと予備知識いれとかないと絶対わからないよ」と言われたけれど、そんなの関係ねぇ!
 というか、初めて観る人に意味が伝わらないなら、わざわざ10年以上前の作品を映画化する価値がないと思うので、敢えて何の知識もいれずに観たのだけれど、これが予想に反して(?)、面白かった!
 最初はシンジがナヨナヨしてるというか、アイツいつになったらバシッとするんだよって思っていたけど、何の変哲もない普通の中学生に、突然「人類を護るためにエヴァに乗りなさい」とか言われたって理解できなくて当たり前なんだよね。
 こういう系の作品って、主人公が物分りが良すぎて、すぐにしっかりしちゃうけど、そんなことって多分ありえない。 「逃げちゃダメだ」ってまるで呪文のように繰り返すシーンがあったけど、そうでもしないと怖くて向き合えないのが普通なんだと思った。
 「序」の終盤でもシンジはまだまだなヤツだけど、これから少しずつ成長していくのかなと思うと、次回も楽しみ。
 最後のヤシマ作戦で、レイの「あなたは死なないわ わたしが護るもの」「さようなら」という言葉と実際に盾となってシンジを護りきったあと、「さよならなんて言うなよ」って泣くシンジに向かって、「わたしこういうときどんな顔すればいいかわからないの」って言うレイ、「笑えばいいと思うよ」と返すシンジ、そして微笑むレイ。 このシーンは最高すぎました。
 予備知識がないから間違った認識もあるかもしれないけど、エヴァンゲリヲンが世の中の人に支持される、人気がある理由がわかるなぁと思った。
 とりあえず、こうして映画化したことは、少なくとも私にとってはとても価値があると判断できた作品。
みさえさん [映画館(邦画)] 7点(2007-11-11 13:10:29)(良:2票)
35.最終日に漸く観ることができました。単なる焼き直しとも聞いていたのでDVDで十分と考えていましたが、信頼するに足る人から『二回観た、すごい』と聞き、その翌日に観ました。その人には感謝です。■最高の出来だと思います。■テレビ版では弱いだけみたいな印象のシンジの奥底にある強さ、そして綾波レイの伝えたい想いが山のようにあるのに、うまく伝えられない、不器用で、無口と無表情の奥にある悲しみ、しかし守りたい人のためなら自分の生命を、なんのたらいもなく投げ出す強さ、そのようなテーマがこれまでのものよりも、数段わかりやすく的確に表現されていたと思います。ラストの綾波レイの微笑みは、生涯記憶に残り、おりにふれて思い出すに足るいい笑顔だったと思います。静かに行く者はよく行く。アスカなら絶対他人のために自分を犠牲にしたりしないし、ミサトならもっと執拗に自分もシンジも助かる方法をジタバタ模索しただろう。レイはあっさり『さようなら』・・・・・泣けた。 悲しすぎる。だから綾波レイは・・・・いい!!
マンフロントさん [映画館(邦画)] 10点(2007-11-10 15:26:15)
34.《ネタバレ》 最近になって庵野監督の奥様である安野モヨコさんの結婚生活マンガ(「監督不行届」)を読んだのですが、その後書きで、庵野監督が「大きな心境の変化」を吐露されていることを知ったこともあって、この劇場版「ヱヴァ」に興味が湧いた次第です。

ある程度TV版「エヴァ」の流れを踏まえた上でこの「ヱヴァ」を見返してみると、一番強く感じるのは劇場版の方がより「開かれた」ものになっている・・・と言うより「人と人の繋がり」と「その暖かみ」がより直接的に描かれている、という点です。この点、とかくシンジ君の孤独な心象が強調されるTV版「エヴァ」とは対照的だと思います(電信柱やビルはシンジ君には何の関係もなく突っ立っており、時にシンジ君はそこに無言の重圧を感じますし、街の喧騒やクラスメイトの暢気な軽口はますますシンジ君を追い詰めます)。

上記庵野監督の「心情の変化」というのもこういう所からうかがえるのかな、と僕自身は感じます。この「ヱヴァ」では、シンジ君の引き受ける「運命」は非常に重いものとして描かれ、それだけに彼のその「運命」を(暖かく、というのが大きなポイントなのでしょう)見守る周囲の人々の気持ちの変化も、TV版と比べて(さりげなくではあるものの)より鮮明に描かれているように感じます。鑑賞中に「『自分』と『外』を隔てる扉がふっと開かれる」ような、何か暖かい気持ちになる瞬間を何度か感じたのも、恐らくこのシンジ君の周囲の人々の心情に強く関係しているからなのだと、僕は思います。

そしてその重い運命を引き受けるシンジ君の主体性と強い意志が、この劇場版でははっきりと見て取る事ができました。正直言って僕は、この劇場版のシンジ君程に強い気持ちを持つ事ができるのか(あるいは今の時点で持っているのか)、自信がありません。それ程に、僕はこの劇場版の方のシンジ君に強く心引かれるのです(今の僕にとって、この劇場版のシンジ君は非常に眩しい、魅力的な少年に見えます)。

個人的な、そして極めて勝手な感想ですが、TV版のシンジ君は、この劇場版のシンジ君になる可能性を秘めた発展途上のシンジ君だったのではないかと、僕は思うのです。庵野監督は、小さくてか弱く、しかし極めて偉大な少年像を、もしかしたら生み出しているのかもしれません。
マーチェンカさん [映画館(邦画)] 9点(2007-11-07 00:05:02)(良:1票)
33.《ネタバレ》 だいぶ公開から時間が経ちましたが、先日やっと見れました。十年前の焼き直しですが、時間も経っているせいもあり楽しめました。ヤシマ作戦の部分の絵コンテを樋口真嗣さんがやっていたと言うのを、リリイ・シュシュのすべてを見た後で知りました。ヤシマ作戦のシーンを見るだけでも価値はあると思います。
ペスカトーレ手塚さん [映画館(邦画)] 8点(2007-10-28 04:35:16)
32.これまで何の予備知識も無かった「エヴァンゲリヲン」。一世を風靡したこの作品が、どの程度のレベルのアニメなのか正直つかみきれぬまま、今回の劇場板で初めて“触れて”みた。

結果的には、正直まだ本質が掴みきれない印象が残ったままエンディングを迎えた。
終末戦争的な状況と設定はなんとなく分かりはするが、まったくシリーズに対する知識が無い者にしてみれば、やはりあらゆる面で「説明不足」という感は拭えない。
「使徒って何だ?」「セカンドインパクトって何だ?」と、それらの本質的なバックグランドの説明がないまま話が進むので、どうにも物語の核心に踏み込んでいけなかった。
キャラクターとしての設定も描き出されぬまま、いきなり地球規模の戦闘の矢面に立たされる主人公にも説得力がない気がする。

そして何よりも腑に落ちなかったのは、登場人物たちの人間性の「普通さ」である。
地球全体の半分の人類が滅び、継続する終末戦争の中で、今なお「滅亡」の危機を抱えている情勢で、キャラクターたちの本質的な”ラフさ”が気になる。
そういった絶望的な危機の中で生存する人間の精神には、もっと本質的な「変化」があってしかるべきではないだろうか。
それは単にもっと悲壮感や絶望感を醸し出すべきということではなく、現実世界の現代人とはまったく異質な人間としての力強さや、生物としての決意が見えてくるものではないかと思うのである。
そういった部分で主人公をはじめとするキャラクターたちの精神構造が「普通」過ぎて、それが逆に違和感となって映った。

ただすべてにおいて魅力を感じなかったというわけでは決してない。
アニメという創造性の塊に文字通り魂を込め、感動を生むという行為において、やはり日本人は優れている。
激動する“エヴァンゲリヲン”という創造物に、紛れもない心の揺れを感じたことは事実だし、この先の続編で物語の本質がもっと描かれてくるのであれば、それに対する興味は益々深まったと言える。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 4点(2007-10-14 18:06:23)
31.小星は,エヴァすんごいすんごい好きなのでこの「映画」を冷静に語るコトは出来ませぬ!映画見てる間ずっと「ウヒョー!!」って言いまくりでした。だから,ほんまは10点満点つけたいケド,ここはあえて心を鬼にして8にしときマス。。性格悪くても多少暴力振るわれても,時々意味不明なことされても,好きなんデス!!その顔が。その声が。その仕草が。その言葉が。その音楽が。その雰囲気が。その世界がぁーっ。理解できようができまいが,そんなの関係ねー
小星さん [映画館(邦画)] 8点(2007-10-13 00:48:11)
30.絵が凄く綺麗に感じた。内容はもちろんTVのと変わらないけど、凄く編集が上手いのかな。正直あんまりエヴァに興味はないんだけどw、普通に端折り感をそんなに感じず楽しめました。
ネフェルタリさん [映画館(邦画)] 7点(2007-10-08 20:30:45)
29.《ネタバレ》 10年前の一連のエヴァ劇場版がアレな出来だったので、「ストーリーを再構成して四部作の映画にする」という今回のプロジェクト自体も「何を今さら・・・」と思い、正直全然期待していなかったのですが(←だったら観に行くなって?)、これがなかなかに予想を覆す結構イイ出来なので驚きました。限られた上映時間で6話分をまとめるということで、端折られて残念な場所もあるにはありますが、それよりもシンジの成長物語としての面がテレビ版よりも前面に出ていたのが好印象。テレビじゃ流されまくるばかりの彼が、自分の意志(+友達の後押し?)で再びエヴァに乗るヤシマ作戦のくだりはちょっと感動的でした。次回作からは大幅にストーリーが変更されるということで、期待と不安が入り混じりつつも、また映画館に足を伸ばしてしまうことでしょう。
ライヒマンさん [映画館(邦画)] 7点(2007-10-07 22:23:10)
28.《ネタバレ》 やはりヤシマ作戦は良かったです。ラミエルは少しハジけ過ぎかな?
シンジ君の悩み・苦しみは、ネルフの皆様の説明不足や大人としての気配りの
足りなさに起因してるのではないかと改めて感じました。

ピコりんさん [映画館(邦画)] 7点(2007-10-02 15:38:45)
27.アニメ・漫画ともにエヴァを見るのは初めてでしたが、パチンコでなんとなく世界観をつかめていたので(笑)結構すんなり入り込めました。暗い場所での絵の描写がとてもきれいでしたねぇ・・・エヴァの蛍光色とか、うっすらと見えるキャラの表情とか。続編やDVDも見てみたいですね。
ぽっぽーさん [映画館(邦画)] 7点(2007-09-27 19:43:07)
26.《ネタバレ》 ほぼテレビ版と同じ。映画を見てからテレビ版を見返してみると構図も同じ。ただ各キャラクターの顔は書き直しされていて綺麗。シンジの心情がテレビ版よりも分かりやすくて、あの当時はあまり好きなキャラではなかったけれど、今回は少し感情移入が出来ました。が…レイの扱いは小さいですねー。次からキャラクターがどんどん増えていくのに大丈夫なんだろうか。とにかくテレビ版と同じだけれども、細かく変更点あり、多少分かりやすくなったこともあり、飽きずに見ることが出来ました。エンドロール後の次回予告には大変混乱させられたけれども、次回作楽しみです。ちゃんと完成すればいいけどねぇ。
まきぐさん [映画館(邦画)] 8点(2007-09-26 15:56:57)
25.《ネタバレ》 ストーリーの大筋は旧作アニメとほぼ同じなので特に感想はなし。
みんなが口をそろえて言うほど絵のクオリティは上がっているように見えない。
ただ、ネルフ本部だけは素直に綺麗になったなぁって思った。
(といってもTV攻殻レベル)
新しい、使徒のデザインは個人的に好き。
特にラミエルは旧作ではただの青い角砂糖だったのを見事にはっちゃけさせたのは成功だと思う。
ヘルメスさん [映画館(邦画)] 7点(2007-09-23 19:17:02)
24.我ながら9点は高すぎると思いつつも、やっぱり旧来のファンとして満足度は高かったので正直につけます。でもファンならともかく、前知識ゼロだと少々辛いかもしれない。

もっと丁寧に描写すべきだと感じる場面は多かったけれども、シンジの成長する姿を最後の決戦に集約させる編集は、成功しているといっていいと思う。とくに旧作にはなかった、クライマックスでシンジが壁を乗り越えるところ、あれは不覚にも涙腺にじわっときた。それまでがうざいくらいへたれ(笑)だっただけに、必死になって戦う姿に熱くならずにはいられなかった。それにしても長尺というわけでもないのだから、こんなに駆け足の展開にする必要はなかったんじゃなかろうか。その点はすごくもったいないと思う。

SF的な見せ場への力の入りようはものすごく、ほとんど「怪獣映画」の域に達している。対使徒戦の費用で日本の国家予算が破綻するんじゃないかとアホな心配をしてしまうくらい、凄まじい。兵器だの軍隊だのにはほとんど関心がない自分でも、それなりに感動してしまったくらいだから、多少なりとも心のなかに“男子”が残っている人なら、きっと楽しめることだろう。

にしても、旧作よりもサービスシーン(つまり、裸)が多いのはどうかと思った。綾波どころか、あの人まで……。そういう方面への心配りも欠かさないのも、いかにもエヴァらしい。良くも、悪くも。
no oneさん [映画館(邦画)] 9点(2007-09-23 15:20:15)
23.《ネタバレ》 やっぱり、皆大好きヤシマ作戦に限りますね。もうヤシマ作戦を観れたのでもう満足です。ラミエル良かったですね~、あの青く輝く体、攻撃時の変形・・なんか気持ち悪いですけどニヤニヤしながら観てしまいました。TV版のとわりと違うし、もう正直ヤシマ作戦のために劇場に足を運んでもOKだと思います。  ただ妙に時間が短く感じたと思ったら90分だったんですね。2時間でも良かったんじゃないでしょうか。何となく落ち着かない感じ。  予告編が流れるのを皆悟っていたのか、劇場でエンドロールが流れてきても誰も立ち去ろうとしないのが印象的でした。4部作ということで、ちょっと評価に困ってしまいますが次回作にも期待をこめてサービスサービスぅしときましょう。
ケ66軍曹さん [映画館(邦画)] 9点(2007-09-22 20:25:57)
22.《ネタバレ》 前半戦はほとんど同じ(もちろん細かいところはいろいろ違うけど)、後半戦、ヤシマ作戦発動されたあたりから俄然、勢いがついてきます。ラミエル最高っす!ただの飛行石の親玉だと思っててごめんね。
ゆみっきぃ♪さん [映画館(邦画)] 8点(2007-09-18 12:26:55)
21.UCCコーヒー出すぎだろ!(笑)プロダクトプレースメントいい加減にしろ、と言いたくなるくらい。作戦本部でUCCコーヒーはないんじゃないですか。UCCコーヒー好きですが、ここまでサービスサービスする必要があったのかどうか。逆に嫌いになっちゃうよ。映画に関してはラミエルの変形があまりに素晴らしい。あと全面ガラス張りになっていて、地面に日光が照り返してたりしてるのとか、とても美しかった。ああ、こいつってこういうやつだったんだ、と思った。パチンコで最近エヴァブームが復活していた自分としては、確率変動突入よ!とミサトさんが言いそうな、そんな気がずっとしていた。ストーリーはまったく一緒なので、エヴァを見ていた人は正直次から見ればいいとは思う。
コダマさん [映画館(邦画)] 6点(2007-09-18 01:45:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 120人
平均点数 6.83点
000.00%
100.00%
200.00%
332.50%
432.50%
51815.00%
62117.50%
73327.50%
82823.33%
91210.00%
1021.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.91点 Review12人
2 ストーリー評価 7.35点 Review20人
3 鑑賞後の後味 7.38点 Review21人
4 音楽評価 7.35点 Review20人
5 感泣評価 5.28点 Review14人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS