戦場のメリークリスマスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > 戦場のメリークリスマス
 > (レビュー・クチコミ)

戦場のメリークリスマス

[センジョウノメリークリスマス]
Merry Christmas, Mr. Lawrence
1983年【日・英・豪・ニュージーランド】 上映時間:123分
平均点:6.34 / 10(Review 147人) (点数分布表示)
ドラマ戦争もの同性愛もの小説の映画化クリスマスもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大島渚
助監督リー・タマホリ
キャストデヴィッド・ボウイ(男優)ジャック・セリアズ
ビートたけし(男優)ハラ軍曹
坂本龍一(男優)ヨノイ大尉
トム・コンティ(男優)ジョン・ローレンス
ジャック・トンプソン(男優)ヒックスリー
本間優二(男優)ヤジマ一等兵
ジョニー大倉(男優)カネモト
室田日出男(男優)ゴンドウ大尉
内藤剛志(男優)イワタ法務中尉(軍律会議審判官)
金田龍之介(男優)フジムラ中佐(軍律会議審判長)
戸浦六宏(男優)軍律会議通訳
内田裕也(男優)拘禁所長
三上博史(男優)日本兵
三上寛(男優)イトウ憲兵中尉
脚本大島渚
音楽坂本龍一
撮影成島東一郎(撮影監督)
杉村博章
製作ジェレミー・トーマス〔製作〕
テレビ朝日
プロデューサー原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給松竹
松竹富士
日本ヘラルド
美術戸田重昌
編集大島ともよ
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.まず音楽は素晴らしい。坂本龍一の音楽は一流だが演技は二流でしたね。たけしも同様だがまあ見れたもんじゃなかった。
外国人目線で作ったかのような妙な文化と人間関係。不自然だらけだった。
戦場?収容所のメリークリスマスじゃないの?
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-09-19 19:15:57)
12.《ネタバレ》 日本語にも日本語字幕を付けて欲しいくらいに聞き取りにくいです。逆に英語は字幕なくてもそれなりに聞き取れます。坂本龍一さんのメイクはアカンと思います。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-02-13 15:57:21)
11.《ネタバレ》 上映当時、誰かがホモの映画だと言ったものだから、その先入観に捉われて、それしか残らない。
中盤、たけしが「ファーザークリスマス」と笑うところへテーマ曲が流れるシーンと、やはり、たけしがローレンスに向かって言う最後の一言だけが印象に残った。でも、それしか残らない。
何が言いたかったのか全然メッセージが伝わってこないのが残念。
当時、カンヌでは賞をもらえなかったのに、日本の若者の観客動員を運んだのは、大スター、デビッド・ボウイ、YMОの坂本龍一、ビートたけしだったからに他ならない。
これが、ロバート・レッドフォード、高倉健、緒方拳で、テーマ曲も違っていたら、間違いなくヒットしなかったと思う。
私は脚本を重視して映画を観る人間ですが、この映画の脚本から得るものは全くなかった。
クロエさん [地上波(邦画)] 4点(2013-02-01 06:09:28)
10.騒がれていたのは、豪華キャスト、音楽、そしてテーマの1つに同性愛を盛込んだため?印象度は確かに高いのだが、結局何が言いたいのかよく解らなかった。反戦ものでもなさそうだし。公開の頃に大島監督のインタビューが雑誌に載ってて、何と言うか、自己解説というより自画自賛って感じだったのを思い出したが…戦争という普遍のテーマを扱いながら、わからん奴は頭が悪いと言わんばかりの小難しげな映画を作るって、何か好感が持てなかったなあ…。難解っぽい振りをして、かつ欧米から見た日本軍の印象を「利用」して、自分の好きな世界観を作っただけ、という意見を聞いたが、その辺が当たらずとも遠からずなのかも。教授も、あのメイクを含めてなんかいかにも作られたキャラになってたし、相手にもミュージシャンを配したあたり、えらく狙ってる感じだし。教授の音楽とたけしの存在感+ラストのセリフは印象的でした。
あっかっかさん [地上波(邦画)] 4点(2009-04-03 13:07:00)
9.見てる間つまんねーと思って寝てまいそうだったけど、最後の場面だけは印象に残ってて、ビートたけしのセリフになぜかガンときたかも。音楽は良かったし、キャストも豪華なんだけどな~。それだけじゃダメなんすね。
ショウガ焼きさん 4点(2004-01-25 17:33:40)
8.戦時下なのにメイクがバッチリ^о^のヨノイ大尉は、本当にセリアズに恋をしていたわけではないだろう。彼らはお互いトラウマを抱えています。その境遇、孤独感といったものが、時代背景・思想・言葉・立場を超えて通じ合ったんじゃないかな。頭では理解しがたく楽しめないが、心は惹かれる映画(←わけわかんねーよ)
ダージンさん 4点(2004-01-25 01:40:01)
7.良く言えば難解。悪く言えば退屈。坂本龍一とかデビット・ボウイが出ているんだよ、ラストシーンが泣けるよ、と他人からさんざんレクチャーされてから観たので「ああ、なるほどね」と思う場所はたくさんあった。銃殺とか生き埋めとか、おぞましい場面が非常に淡々と描かれているので、つい観てしまって、後で思い出して吐き気がした。変な映画だった。
ルクレツィアの娘さん 4点(2003-12-10 19:58:23)
6.坂本龍一のCDを買ったね。いい曲だよなあ。メリークリスマス・ミスターローレンスだっけか?名曲だよ。歌声が入ってないあたりもまたいいね。感動もんだよ。何?映画?ああ、うん。そうだな。タイトルがいいじゃない。【戦場のメリークリスマス】ってのは期待しちゃうタイトルだね。何?内容?ああ、うん。うん。
ブンさん 4点(2003-11-21 18:34:05)(笑:1票)
5.あまり誉められる内容ではない。ただ、出演者たちが魅力的なんですよね。これでいい映画にならなかったのは大島監督がやっぱりいけないと私は思いますよ。ちょっと贔屓意見ですが、せっかく坂本教授が出演してるのに勿体無い・・・
はむじんさん 4点(2003-06-05 05:23:32)
4.う~ん。そんなに面白くなかったな。たけしがよかったけど。
うさぽん☆さん 4点(2003-05-28 01:41:02)
3.話の内容についての印象は薄い。全体としてみると、それぞれが「とっちらかって」いる、という感じでつかみ所がない感じ。見終わっても何も残らないし、感動するとか共感する部分もない。テーマ音楽と意表をついたキャスティングのほうがずっと印象的。
キリコさん 4点(2003-05-26 11:39:00)
2.北野武がわざとらしいので物語もわざとらしくなる。1回見れば充分。
死亀隆信さん 4点(2002-09-30 22:46:34)
1.クリスマスも近いからなんかクリスマスもの見ようと思って借りてきた作品。でも、よくわかんねぇ。やっぱり戦争映画に出てくる日本人って変だ。日本は悪で弱。そして、それに屈しないイギリス人やアメリカ人がヒーローになる。もっと日本人万歳映画をつくってくれ!
鉄コン筋クリさん 4点(2001-11-08 00:23:01)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 147人
平均点数 6.34点
010.68%
132.04%
242.72%
385.44%
4138.84%
51812.24%
62919.73%
72819.05%
8149.52%
91711.56%
10128.16%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review11人
2 ストーリー評価 6.20点 Review15人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review15人
4 音楽評価 8.61点 Review18人
5 感泣評価 7.18点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS