Menu
 >
 >
 > カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

Up
2009年【米】 上映時間:103分
平均点: / 10(Review 123人) (点数分布表示)
アクションコメディアドベンチャーファンタジーアニメファミリーCGアニメ3D映画
[カールジイサンノソラトブイエ]
新規登録(2009-06-14)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-03-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2009-12-05
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ピート・ドクター
ボブ・ピーターソン〔声〕
エドワード・アズナーカール・フレデリクセン
クリストファー・プラマーチャールズ・マンツ
ボブ・ピーターソン〔声〕ダグ/アルファ
ジョン・ラッツェンバーガートム
デルロイ・リンドーベータ
飯塚昭三カール・フレデリクセン(日本語吹き替え版)
松元環季少女時代のエリー(日本語吹き替え版)
大塚芳忠アルファ(日本語吹き替え版)
大木民夫チャールズ・マンツ(日本語吹き替え版)
松本保典ダグ(日本語吹き替え版)
三宅健太(日本語吹き替え版)
高木渉ガンマ(日本語吹き替え版)
小形満スティーブ(日本語吹き替え版)
檀臣幸ベータ(日本語吹き替え版)
朝倉栄介AJ(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
脚本ボブ・ピーターソン〔声〕
ピート・ドクター
トーマス・マッカーシー(原案)
音楽マイケル・ジアッキノ
編曲ティム・シモネック
製作ピクサー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ジョン・ラセター
アンドリュー・スタントン
配給ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
美術スーザン・ブラッドリー(美術監督 / タイトル・デザイン)
録音オムニバス・ジャパン(日本語吹き替え版)
トム・マイヤーズ(録音)
字幕翻訳石田泰子
その他ジョン・ラセター(シニア・クリエイティヴ・チーム)
ゲイリー・ライドストロム(シニア・クリエイティヴ・チーム)
アンドリュー・スタントン(シニア・クリエイティヴ・チーム)
リー・アンクリッチ(シニア・クリエイティヴ・チーム)
ダーラ・K・アンダーソン(スペシャル・サンクス)
スティーブ・ジョブス(スペシャル・サンクス)
ジョー・グラント(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
103.つまらない、つまらないと散々聞かされていた所為かとても良かったです。確かに、子どもが最後まで邪魔な存在だったり、勇敢だった冒険家が疎外された挙句にひねくれてしまったりと残念な部分はありますがそれを補って余りあるくらいに、もう号泣。ディズニーにしては珍しくシリアスなシーンもあったりして、それはそれで楽しめました。時間を空けてもう一度くらい見てみたいものです。ps.そういや、劇中で「カールじいさん」て呼ばれてました?
Kの紅茶さん [地上波(吹替)] 8点(2013-05-05 12:49:09)
102.《ネタバレ》 冒頭の冒険家と夫婦愛の話を3分の2くらい費やして、飛んだ後の話は残り3分の1くらいで好かった気がする。とにかくあのガキがわずらわしかった。存在を抹消したいくらいに。
オオカミさん [地上波(吹替)] 5点(2013-04-08 16:47:25)
101.《ネタバレ》 冒頭ショートムービーだけだったらほぼ満点でした。個人的な好みとしては、執念の冒険家を悪者扱いせずにしていただきたかったところです。
ないとれいんさん [地上波(吹替)] 7点(2013-04-05 10:34:00)
100.《ネタバレ》 最初の回想シーン。
優しい絵本でも読んでるかのような素敵な夫婦の姿、
やがて年老いた老夫婦の心温まる姿には恥ずかしくもマジで感涙した。
久々に映画で素敵な老夫婦の姿を見れてそれだけで大満足。
現実に戻り、家を出たら周りが激しい工事をしてるあの感じ、ガッカリするけどけっこう面白い。
家が空飛んだまでは良かった。
施設の人を玄関に待たせた後で風船がわーってなる場面は観客に「キレイ!」っていわせたいんだろうなと思う。
でも実際に綺麗だからいい。ラピュタみたいだ。
家に飾ってある奥さんの写真だけでなんか感涙しそうになる。ここまでで8点。
乱気流から抜けたあと南アフリカ?に到着した辺からいかにもディズニーな展開というか、
愉快な仲間が二人くらい増えての冒険アクション。
憧れの冒険家の年齢はいくつなのか知りたい。
この年になるとディズニーのギリギリのアクションにそれほど緊張感は持てなくなるが、
愉快さだけは何となく楽しめる。
このアクションシーンはご老体にはかなりキツイんじゃないのか。
まあディズニーのアクションはキャラクターがかなりデフォルメされてるのでそこらへんは全然大丈夫。
僕は見たことない映画の話だけど車に顔がついてるのもあるし。
なんとなくジブリな雰囲気も感じられた。タイトルからしてジブリ風。
最後の最後でまた感動した。中盤あたりは無難な感じもしたが最終的に心温まる話ではあった。

ゴシックヘッドさん [地上波(吹替)] 6点(2013-04-03 23:40:04)
99.《ネタバレ》 この映画、完全に出オチ。冒頭10分の平凡だけどささやかな幸せのなかに生きた、ある老夫婦の歴史と、その後、誰にも心を開けず偏屈になったじいさんが沢山の風船を家に付けてファンタジックに空に飛び上がるところで、もう全精力を使い果たしたといった感じ。さすがにその後はアイデアが続かなかったのか、以降はかなり退屈な作品になってしまった。冒頭10分が素晴らしい出来だけに、残念!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-03 12:52:36)
98.《ネタバレ》 最初の10分は満点の10点。しかし本編は、、、爺さんが前向きになってくれたのは嬉しかった。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2013-02-19 00:49:50)
97.《ネタバレ》 ピクサー作品に登場するキャラの中には“お調子者枠”がある。よくしゃべり場を引っ掻き回し、しかしどこか憎めない、そんな愛すべきお調子者。私はこのお調子者枠が正直苦手だ。今まではオモチャだったり小動物だったり車だったりで何とか許せてきたが、今回は人間の子供だったのでそれはもうダメだった。しかも話が進む中で全く成長せず、最後まで自分勝手なまま。もう本当にダメ。ピクサー作品に登場するお調子者は成長させてはいけないとかそういう制約でもあるのでしょうか。ダメだった…。こんなコメントですみませんが、全体的にはおもしろかったですよ。
デルモゾールG軟膏さん [映画館(吹替)] 7点(2012-10-10 23:57:44)
96.《ネタバレ》 まず開始10分で泣いたのは皆さんと同じ。その後も子供とか犬の動きが可愛くて、ずっと楽しく観てました。悪者のじいさんが飛行船から落ちていくシーンで4歳児に「あの悪いじいさんはトマトになって死ぬね」と言ったら「えートマトになんかなんないよ」と高い所から落ちて潰れたトマトみたいに死ぬというのを理解していなかったので、大きくなったら教えてあげようと思います。でもいい映画だった。運動したからじいさんの足が少し良くなったんじゃない?
鉄男さん [DVD(吹替)] 9点(2012-09-24 17:43:45)
95.《ネタバレ》 偏屈じいさんのちょっと切ない素敵な冒険活劇。子供向けではありますがピクサーお得意の個性豊かなキャラクターとテンポの良さ、程良い時間で楽しく観られます。冒頭10分までの流れに目が行きがちですがこの映画の本質は、奥さんが死んでから止まった時のなかを生きてるカールじいさんの人生の再出発を描いているところかと思います。「新しい冒険を始めて!」のメッセージを見つけ、そのあと家を手放すところでカールじいさんはやっと奥さんと決別するわけです。家具1つが落ちるだけで慌てふためいていたじいさんが最終的には「いいんだ…ただの家さ」のセリフとともに家を見送るシーンにうるっときてしまいます。ピクサー映画は吹き替えで観るに限りますね。ダグの吹き替えが見事にハマっていて良かったですw
ケ66軍曹さん [DVD(吹替)] 8点(2012-05-02 17:13:25)

94.ピクサー史上最低の映画だった。子どもがとにかくうざく、カールじいさんは偏屈なばかりで、キャラクターに何も魅力を感じられない。唯一魅力的だった女の子は回想の中に登場するだけで、死んでしまっているし、空を飛んだ家は、やっかいなお荷物になってしまう。さらに物語後半では立つのがやっとだったおじいさんがジェームス・ボンド顔負けのアクションをこなしてしまい、空いた口がふさがらないばかりか、怒りすら感じてしまった。見た後は感想を書く気にもなれず、放っておかれていたので、今さらだがもう一度。
小原一馬さん [DVD(吹替)] 1点(2012-02-16 00:22:53)
93.吹き替えだと子が爺さんを呼ぶときに「フレデリクセンさん」となるのが、言いにくそうだし、聞き苦しい。
カタログさん [DVD(吹替)] 5点(2012-01-21 21:52:04)
92.《ネタバレ》 可能であるならば、観賞後、もう一度開始10分を観てみることをおすすめしたい。パラダイスの滝に連れて行ってないことに気付いたときのカールじいさんの表情。あらためて胸が詰まります。今回の風船旅行は、子どものころからの夫婦の約束を果たすことが目的なワケですが、もう戻らないことを覚悟した上でのものでもあったと思います。いっしょに観ていた子どもが、途中見舞われるトラブルの際には、「こんな、かわいそうなのは見ていられない」とジタバタしていました。だから、おせっかいな足手まとい達のおかげで生きて帰ってこれたことに安堵しています。
なたねさん [DVD(吹替)] 8点(2011-11-27 08:58:36)
91.《ネタバレ》 下の皆さんと同じく、開始10分までは、とんでもない名作にぶち当たってしまったかも、と思ったのですが、その後の失速感たら無いです。
ashigaraさん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-09 20:55:25)
90.意外なやつが意外な存在感を!おまえメインだったのか!次回は「カール爺さんの家が空を飛ぶまで」が観たいです。
たきたてさん [DVD(吹替)] 5点(2011-07-05 17:33:16)
89.《ネタバレ》 最初の10分で、ドラマとしては終わっていました。その後は、奥様も家も関係ないじゃん。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2011-07-04 02:17:13)
88.《ネタバレ》 弱いのよ。頑固で不器用なじいさんが再び人生に気付く話って。加えて、本当は寂しい少年やらドジな犬やら空飛ぶ設定やらと、私的にズバリで、評価も甘くなってしまいます。中盤のダレた展開に冗長な感が否めませんが、旅立つ前、後半のアルバムの下りに涙腺が緩みまくり。終盤のカールじいさんの立ち回りには、頑張れと手に力が入りました。さらにエンディングのアルバムにも、思わずホロリと涙がこぼれました。風船で家を飛ばすなんて、素敵なアイデアですね。絵も本当にキレイ。映画館で観ればよかったなあと、つくづく反省しました。
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-11 14:07:29)
87.開始10分で泣ける映画なんてなかなか無いが、その後の盛り上がりに欠ける。動物かわいいです。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 5点(2011-05-30 19:12:15)
86.ラピュタ、ロードランナー、ついでにわんこ好きにとってはたまりません。
michellさん [DVD(吹替)] 9点(2011-05-09 21:40:47)
85.《ネタバレ》 ファンタジーなんですけど、前半以降の壊れっぷりが気になりました。じいさんらしからぬ冒険活劇のせいで、妻への愛情表現がかなり薄くなってしまったのも残念。意見がかぶりますが、二人の出会いから家が飛び出すまでは本当に素晴らしかったと思います。もっと妻への愛をテーマにしたような泣ける映画が観たかった…
ライトニングボルトさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-03-27 02:19:03)
84.大好きな「モンスターズ・インク」と同じ監督ってことで期待しすぎたか?最高のスタートを切りながら何だか後半の展開、カールじいさんが憧れていた冒険家チャールズ・マンツが登場してからというもの、何か吹っ切れないもどかしさが残る。何故?悪役にしたのだろうか?正義のヒーロー、もっとかっこ良い冒険家というものを私は見たかったし、見たい。カールじいさんのエリーに対する愛の深さ、優しさ、空を飛ぶ家という発想の面白さ、沢山の風船、そういう良い場面が沢山、存在するだけに何か勿体無い気がしてならない。あの少年も私には果たして必要だったのか?やたらしつこい少年てのも嫌です。もっと可愛げのある子供というものを見せて欲しい。見所たっぷりで楽しめる反面、やれきれない映画でもあって、そう考えての6点という評価にさせてもらいました。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-23 21:50:31)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 123人
平均点数 6.18点
000.00%
110.81%
210.81%
343.25%
4108.13%
52117.07%
63830.89%
72419.51%
81411.38%
986.50%
1021.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.35点 Review14人
2 ストーリー評価 5.31点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.64点 Review17人
4 音楽評価 6.16点 Review12人
5 感泣評価 6.07点 Review13人

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
作品賞 候補(ノミネート) 
脚本賞ボブ・ピーターソン〔声〕候補(ノミネート) 
脚本賞ピート・ドクター候補(ノミネート) 
脚本賞トーマス・マッカーシー候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)マイケル・ジアッキノ受賞 
音響効果賞トム・マイヤーズ(録音)候補(ノミネート)音響編集賞として
長編アニメーション賞ピート・ドクター受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS