DEATH NOTE デスノート(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > DEATH NOTE デスノート(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

DEATH NOTE デスノート(2006)

[デスノート]
Death Note
ビデオタイトル : DEATH NOTE デスノート 前編
2006年【日】 上映時間:127分
平均点:5.70 / 10(Review 165人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-06-17)
ホラーサスペンスSFファンタジーシリーズもの犯罪ものミステリーパニックもの漫画の映画化
新規登録(2006-03-20)【伊藤さん】さん
タイトル情報更新(2018-07-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督金子修介
キャスト藤原竜也(男優)夜神月(キラ)
松山ケンイチ(男優)L/竜崎
瀬戸朝香(女優)南空ナオミ
香椎由宇(女優)秋野詩織
細川茂樹(男優)FBI捜査官レイ・イワマツ
戸田恵梨香(女優)弥海砂
藤村俊二(男優)ワタリ
鹿賀丈史(男優)夜神総一郎
満島ひかり(女優)夜神粧裕
五大路子(女優)夜神幸子
青山草太(男優)松田刑事
小松みゆき(女優)佐波刑事
中村育二(男優)宇生田刑事
津川雅彦(男優)佐伯警察庁長官
皆川猿時(男優)恐田奇一郎
中原丈雄(男優)松原
田中要次(男優)バス運転手・佐々木
奥田達士(男優)相沢刑事
中村獅童リューク(特別出演)
原作大場つぐみ『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)
小畑健(作画)『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)
脚本大石哲也
音楽川井憲次
主題歌レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「ダニー・カリフォルニア」
挿入曲スガシカオ「真夏の夜のユメ」
撮影高瀬比呂志
製作西垣慎一郎
日本テレビ(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
集英社(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
松竹(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
日活(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
ホリプロ(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
コナミ(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
読売テレビ(「DEATH NOTE」FILM PARTNERS)
企画鳥嶋和彦
日本テレビ(企画製作)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給ワーナー・ブラザース
美術及川一
衣装宮本まさ江(スタイリスト)
編集矢船陽介
録音岩倉雅之
照明渡邊孝一
その他吉川威史(キャスティング)
IMAGICA(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
125.原作は読んだことないです。皆さんも言ってますが、脇役の演技が下手すぎです。
細部にまでこだわって作ってもらいたい。こういうシーンがあるとそれだけで一気に冷めてしまいます。
Lと月のお互いの駆け引きなんかは結構楽しめていいんだけど、個人的にリュークっていうのが出てくるとなんかちゃちに見えてしまって冷めた。
茶畑さん [地上波(邦画)] 2点(2008-02-04 23:37:56)
124.原作は知らない。結局ネタが1つしかないので、同じ話の繰り返しになってしまって、ややマンネリで、全体的に緊迫感に欠けるけど、まあ息抜きには丁度いいかな。<追記>ドラマ見たので再鑑賞。映画だと駆け足で真意が伝わらないような。こんな中途半端な形で終わっていたとは。まったく記憶になかった。人間って忘れるものだな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2008-02-04 01:43:37)
123.あの丸顔でライトを演じるには・・・
フッと猿死体さん [地上波(邦画)] 4点(2008-02-03 18:27:48)
122.どんな内容なのか全然知ずに観たせいか、わりと楽しめました。後編も観てみようと思います。
むーみんさん [DVD(邦画)] 6点(2008-02-01 16:46:42)
121.《ネタバレ》 L、人気出るの分かる気がします。映画はエンターテイメントだから、このくらいわざとらしくていいと思います。漫画やアニメは、人の髪の色が黒や茶以外でも全然違和感ないくらい、現実とは乖離してる部分があるから、逆に実写化した時に、「おぉ、ここまで作り込めたか」というのも評価の一部になっていいんじゃないかと思います。
ラスリープさん [ビデオ(邦画)] 5点(2008-01-29 01:38:30)
120.《ネタバレ》 登場人物の名前や捜査の強引さ、無理矢理な展開や演出の拙さには正直萎えるし安っぽさも感じるけど、ライトとエルの知力戦そのものは緊迫感があったと思う。 現実とファンタジーの「すり合わせ」って難しいよね。 そういう意味では、まあ及第点ってところじゃないかなぁ。 で、続けて後編も観たわけだけど、前編だけで完結させちゃえば良かったのに、って思ったなぁ。
とっすぃさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-25 02:57:16)
119.子供向け映画なんですね、これ。間違ってDVD借りてしまいました。ごめんなさい。
紫電さん [DVD(邦画)] 1点(2008-01-21 15:51:20)
118.漫画はとても面白かったですが、映画の方は期待を越える出来ではありませんでした。観賞後の満足感は、今ひとつですね。細川茂樹と藤村俊二の出演は良かったと思います。
ジャッカルの目さん [DVD(邦画)] 5点(2007-12-24 18:09:28)
117.原作を忠実にそしてわかりやすく映画化しているのがすばらしい。 原作の場面場面を思い出しながら見るにはいいかもしれないが、手に汗握るとかハラハラとかはわずかしか感じなかった。 後半に期待。
Jane.Yさん [DVD(邦画)] 5点(2007-12-23 10:11:26)
116.果たして原作に興味がない人に、後編まで興味をわかせるほどのものを持ってるかどうか微妙な。あのラストにではなく違う所に力を入れたほうが良かったかな?
へろりうしオブトイジョイさん [地上波(邦画)] 6点(2007-11-19 22:11:38)
115.状況に応じて次々とルールを追加していく。
世界観である非現実的なものさえも状況証拠だけで受け入れていく。
など、一個の作品としてみると強引な運びが目立つ。
「引っ張る力」のある作家さんなのでしょうが、こういった箇所をどう扱うかが作家の芸当だと思うので評価は下がる。

総じて連載限定で楽しめる作品。
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 3点(2007-11-18 19:12:14)
114.《ネタバレ》 この原作を映画にする勇気をまず評価。これは脚本でなくて、世界観を楽しむための映画ですね。原作のファンとしては許せる範囲かと。松山の「L」がいかにはまり役であるかが発見できただけでも儲けものではないか。南空を殺さんとちぎったノートに書きこむ藤原の字が汚い、汚い。
JUKEさん [映画館(邦画)] 5点(2007-11-16 01:54:44)
113.確かに役者の演技に悲しくなる部分はありましたが、あまりこだわらずにボーっとみている分にはかなり楽しめました。これは後編も観ないわけにはいきませぬ。
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2007-09-23 15:15:00)
112.原作は未読です。
知ってるのは漫画のキャラクターの絵ぐらいです。
漫画が原作の映画って、私の中では「退屈なコスプレ物」というイメージが
あるのですが、家族がレンタルしてきたので一緒に見る事に。
最初はノル気じゃ無かったのに、グイグイと作品に吸い込まれ、気が付くと
最後までしっかり見てしまいました。
死神デュークのCGも違和感なく画面に入り込んでいたし、何と言ってもL役の
松山ケンイチさんの成りきりぶりに驚きました。
ストーリーは、主人公の巧妙な殺人だけに終わるのでなく、Lとの頭脳戦に
発展していく辺り、目が離せませんでした。
原作が面白いから映画が面白かったのかもしれません。
しかし、過去に原作の面白さを生かしきれなかった作品もあるだけに、これだけ
楽しめる作品に仕上がったのは素晴らしいと思います。
後編を見るのが楽しみです。
ななのじさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2007-08-27 23:29:52)
111.漫画の邦画で実写化したものの中では結構出来はよいほうかと
原作の世界観を崩さずにうまい事話作ったなと感心。
ただ、駆け足で作ったのか何かとアラが目立つ。
演出や脇役の演技なんか子供向けの特撮ヒーロー物を観てるような気分にシバシバ。
ひで太郎さん [DVD(邦画)] 5点(2007-08-24 12:16:05)
110.確かにおもしろいんですけど、結局は原作の漫画が素晴しいだけですからね。映画化する必要性は感じませんでした。けっして撮り方も上手いわけでもないですし。エキストラの演技もひどいもんでした。漫画の実写化はやっぱりやってはいけないですね。ノベルスは文章ですから映像化する意味はありますけど、漫画はそれ自体で完結してますからね。これはデスノートに限らずですけど。
垢抜け戦隊さん [映画館(邦画)] 4点(2007-08-01 15:51:15)
109.《ネタバレ》 漫画である原作が好きで、大した事はないだろうなと思っていたんですが、どのようにしたのか気にはなっていたので観てみました。
ですが、やはりこんなものか…。と言った感じでした。
原作を読まずに観た人は訳が分からないシーンも多々あると思います。
まず、ライトをはじめ、みんなの考えている事(どう考えなぜこうするのかということ)が全く分からないことは大きな問題でしょう。
そのせいで非常に幼稚に感じてしまう。また、特に言う必要のないことをしたり、言ったりと、映画の月はアホな面も見られ、そうした意図が分かりません。
最後の最後で少しだが新世界を作るために彼女をも犠牲したという事だけは月を考えれば当然そうしなければいけないシーンですが、そこだけは評価出来ます。
ですが、南空ナオミとの対決シーンはなしでしょう。
監督のセンスを疑います。

結局漫画の方が、クオリティも面白さも素晴らしいです。
コショリンさん [DVD(邦画)] 3点(2007-07-25 19:09:03)
108.《ネタバレ》 とにかく見てられないシーンの連続でした。
役者の演技(特に脇役)の下手ッぷり。
Lが根拠の乏しい統計データのみで判断したり、月が大勢の人の前でノートに名前を書き出すなど、脚本・キャラクターの設定にも違和感を感じました。
そして終盤、ある人物の行動の理不尽さはもはや評価1点ものでした…が、
やられました。見事な伏線だったわけですね。
これなら後半に期待できそうという想いをこめて、5点献上。
na-chuさん [DVD(邦画)] 5点(2007-07-25 12:11:41)
107.原作が傑作なだけにかなりプレッシャーもあったと思います。まあ、正直あまり期待してなかったのですが、劇場公開に先駆けて深夜に最初の15分だけ放送という異例のプロモーションをやっていて、それをみてなかなかの出来じゃないか?!と思って見に行きました。で、結果としてはがんばったな。という印象です。漫画の原作が強いけれども、オリジナルの脚本も交えてなんとか、飽きさせない努力をしていたのがよくわかる映画です。ただ、評価としては、CGがひどすぎることと、演技が微妙なところ、日本映画独特の構図や撮影の仕方。ハリウッドで思いっきりリメイクしてもらった方が面白い映画ができそうです。
シネマファン55号さん [映画館(邦画)] 6点(2007-07-24 17:18:59)
106.《ネタバレ》 後輩におもしろいと言われて見たけど、何これ?って感じ。ストーリーは原作があるから我慢しますが、みーんな演技は下手、CGもダメダメ。おこちゃま映画です。まあ見る側の好きずきってことですが、私にとっては点数を与えるに値しない作品デス。
たこすけさん [DVD(字幕)] 0点(2007-07-22 18:44:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 165人
平均点数 5.70点
010.61%
131.82%
274.24%
374.24%
495.45%
53320.00%
65332.12%
73521.21%
8159.09%
921.21%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.65点 Review20人
2 ストーリー評価 5.51点 Review27人
3 鑑賞後の後味 5.72点 Review25人
4 音楽評価 6.16点 Review24人
5 感泣評価 2.66点 Review18人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS