バケモノの子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バケモノの子
 > (レビュー・クチコミ)

バケモノの子

[バケモノノコ]
The Boy and The Beast
2015年【日】 上映時間:119分
平均点:5.50 / 10(Review 62人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-07-11)
アドベンチャーファンタジーアニメモンスター映画
新規登録(2015-04-12)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-06-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督細田守
役所広司熊徹
宮崎あおい九太(少年期)
染谷将太九太(青年期)
広瀬すず
山路和弘猪王山
宮野真守一郎彦(青年期)
山口勝平二郎丸(青年期)
長塚圭史九太の父
麻生久美子九太の母
黒木華一郎彦(少年期)
諸星すみれチコ
大野百花二郎丸(少年期)
津川雅彦宗師
リリー・フランキー百秋坊
大泉洋多々良
谷村美月
草村礼子賢者
中村正[声優]賢者
近石真介賢者
M・A・O
長克巳
牛山茂
岩崎ひろし
宇梶剛士
佐々木勝彦
小林正寛
田中要次
秋月成美
原作細田守
脚本細田守
奥寺佐渡子(脚本協力)
音楽高木正勝
北原京子(音楽プロデューサー)
編曲Mr.Children「Starting Over」
主題歌Mr.Children「Starting Over」
製作市川南〔製作〕
日本テレビ(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS/製作幹事)
スタジオ地図(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS/製作幹事)
KADOKAWA(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS)
東宝(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS)
電通(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS)
読売テレビ(THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS)
企画スタジオ地図
プロデューサー川村元気
奥田誠治(ゼネラルプロデューサー)
制作スタジオ地図
スタジオカラー(制作協力)
東京現像所(制作協力)
配給東宝
作画細田守(キャラクターデザイン)
伊賀大介(キャラクターデザイン)
井上俊之(原画)
本田雄(原画)
高坂希太郎(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
高橋英樹[作画](原画)
小池健(原画)
山下高明(作画監督)
美術上條安里(美術設定)
男鹿和雄
武重洋二
衣装伊賀大介
編集西山茂
その他文化庁(助成)
丸山正雄(スペシャルサンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
62.《ネタバレ》 渋谷が実に描写が細かく、映像的には見ごたえありました。
ただ、バケモノの街?の方はそれほど魅力的には感じず。
役所広司は以外と良かったと思います。ずっと怒鳴り散らしてる役だったから、声潰れただろうな(笑)。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 6点(2018-09-03 21:15:38)
61.《ネタバレ》 熊鉄や主人公の存在が魅力的で、世界観は良い。
こういう歯に絹を着せない、ぶっきらぼうだけど愛のある会話って好きだな。
声が広瀬すずのヒロインもいろいろ叩かれているけど、しっかりマッチしていて自分の目には魅力的に映った。
ただ、一郎彦が暴走するあたりから、意味不明なシーンが多くなるのは残念。
せっかく強くなった主人公が活躍するよう、もっとストレートに対決させて良かったと思う。
mhiroさん [地上波(邦画)] 6点(2018-07-28 21:35:41)
60.私は、自他ともに認める王道大好き人間です。なので、ある程度、話題になった映画であれば、そこそこ楽しめるタイプです。
ベタだろうが、出来すぎじゃない?って感じだろうが、OK!映画だから。というタイプの人間です。

でも、だめでした。。残念でした。
唐突すぎる展開に見てて疲れてしまった。
アニメなのに、キャラが好きになれない。。誰一人。ヒロインも見ててイライラするし。。

なんだろう、この感覚、最近も味わったことあるような。。
と思ったら、時かけと同じ感覚なんです。
サマーウォーズも好きになれなかったし、相性というものがあるんですね。納得しました。
今後の映画を見る基準のひとつにします。

最後の悪役が変わるところは、もののけっぽい感じがしてしまったんですけど、、
私だけなのかなー。
うらわっこさん [地上波(邦画)] 2点(2018-07-28 17:57:29)
59.地上波見ながら「声優全員素人並みに下手糞だからこれジブリだな~。じゃあしょうがないか。」とセルフで騙されてた。この監督誰?やたら説明文多くて下手。検索したら以前私が0点つけた作品の人でした。納得。
S.H.A.D.O.さん [地上波(邦画)] 2点(2018-07-28 13:13:20)
58.細田守監督の作品は本当にハズレがない。
単純な娯楽映画としても楽しめる。

過去の作品が抜群に良かったのでハードルは高いが、期待にはしっかり応えてくれる。
バッジョさん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-10 08:45:30)
57.脚本はいろんなものを詰め込みすぎじゃない? 最大の欠点は、キャラクターに魅力がないこと。
途中何度も観るのを挫折しそうになった・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2018-01-07 10:52:51)
56.《ネタバレ》 バケモノは、何の為に人間界にきているのか?
蓮が成長すると、普通に人間界と、バケモノの世界を簡単に行き来している・・・・
蓮が連れているあの白い小動物あれはなに?ネズミ?
最後は、人間界で刀をもっての戦闘・・・・

いろいろひどい。
へまちさん [DVD(字幕)] 5点(2017-12-06 22:31:49)
55.《ネタバレ》 役所広司の声の演技がすごい。これが無ければたいして観る価値のない作品だと思います。
リニアさん [映画館(邦画)] 5点(2017-09-18 02:21:40)
54.随分と酷評が目立つ様ですが、私はまあまあ楽しめました。
監督作品の中では、「時かけ」が群を抜いていますが、他の3作品の中では一番良かったと思います。
どこに惹かれたのかはっきりとはわかりませんが、恐らく私が、自分の父親を、嫌悪や哀れみの対象としてしか認識できない人間だから、なのかも知れません。
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2017-09-17 12:00:20)
53.《ネタバレ》 バケモノの街並みは凄く好きだった。
ストーリーは薄っぺらく退屈。熊徹と九太の特訓の日々は良かったのだが、その他は取ってつけたようで急。楓との馴れ初めやら、一郎彦が暴走したりだとか途中から最早ついて行けない。だから、最後はドラマのような感動展開になっていても全くセリフが入ってこない。
カジノ愛さん [インターネット(邦画)] 4点(2017-06-16 01:53:47)
52.《ネタバレ》 細田守監督のオリジナル作品3作目で、初めて脚本も単独で担当している。主軸としては家出してバケモノの世界に迷い込んだ孤独な少年がそこで出会った孤独なバケモノの弟子になり、反発しあいながらもやがて親子のような関係になっていくというシンプルなものだが、脚本はそのほかにいろんなものを詰め込みすぎていて、前作である「おおかみこどもの雨と雪」でも連続テレビシリーズ向けの脚本に思えたのだが、本作はまるでテレビシリーズを再構成した総集編を見ているようで、どこに焦点を合わせて見ていいのか分からない映画になってしまっている。それ故にか、登場人物にドラマが起こっても傍観者状態のままで誰にも感情移入できなかった。「おおかみこどもの雨と雪」でも思ったが、本作もやはり2時間の映画よりは2クールほどのテレビシリーズでやったほうが良かったのではと思えてしまう。後半主要人物として登場する楓の存在などはもしこれがテレビシリーズであればとくに違和感は感じないかもしれないが、単発2時間の映画だとファンタジーなバケモノの世界からいきなり人間世界に戻って進学だの云々リアルな話になってしまい、ギャップが凄すぎて違和感が激しい。そして終盤30分は登場人物の一人がアナキンのようにダークサイドにとらわれていることが判明し、(一応、それまでに伏線らしきものはある。)そこから少年ジャンプに載っている漫画が原作の東映アニメーションのバトルアニメのような展開になってしまうのは支離滅裂な感じがしてメチャクチャな印象しかないし、このおかげで細田監督が本作で何がしたかったのかますます分からなくなってしまった。(細田監督は「ドラゴンボール」のようなものがやりたかったのだろうか。)決して苦手な監督というわけではないが、「おおかみこどもの雨と雪」や本作を見ると細田監督は無理に長編映画を作るよりも一度テレビアニメに戻った方が良いのではと思ってしまうのが正直なところ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 4点(2017-02-09 00:48:55)(良:1票)
51.《ネタバレ》 父と息子、息子と父親の映画。

では、あらすじを。
両親のいない小学男子が家出して、異界の強いおっさんの弟子になり、父子関係ができた。

脚本を書くのは難しい。
長編映画の脚本なんて、才能がない人が書いちゃダメだ。
でも細田監督は、オリジナル脚本を書きたいらしい。
その時点で、自分を客観視できない人だと分かる。
的確な判断ができないのは監督としてダメだよ。

何よりダメなのは、一人も魅力的なキャラがいないこと。だからドラマが全くない。こんな退屈な映画がヒットするなんて、明らかにおかしいよ。魅力的なキャラなら、フィギュアが欲しくなる。だけど、このアニメ映画でフィギュアが作られてヒットしたか。『ラピュタ』のフィギュア、『999』のフィギュア、『銀河鉄道の夜』のフィギュアなら需要があるだろうが、このアニメ映画のフィギュアに需要はあるか?

冒頭から、わざとらしくセリフで説明してばかりだが、長々と説明するシーンが何度もあった。もし脚本の学校の指導官が読んだら、「不合格!」の赤い印を押される、間違いなく。

細田監督の作るビジュアルは好みだが、それはもしかしたら、いつもの相棒のレイアウトマンだけのチカラなのかも(コンテの絵は重要だけど)。

それにしても、これが日本のトップのアニメ映画なのか。
後半、突然に闇に支配された人物が登場。設定としての伏線は確かにあったが、伏線として機能していない。もうムチャクチャだよ。子供と父親だけに焦点をしぼるなら分かるけど、人間の闇や恋愛や、人間社会の進学とか、余計な部品が多過ぎる。

熊鉄(?)のキャラにも、キュータにも全く魅力がない。どんな人物かまったく分からなかった。
なんて退屈な映画なんだろう。

ジョーズ、エイリアン、チャンプ、ロッキーなどの映画に比べたら、この『バケモノ』は世の中になくてもいい映画。
だからゼロ点を差し上げる。
麦ホップさん [DVD(邦画)] 0点(2016-12-15 05:57:13)
50.軽いなー。なーんも残りません。チコだかはかわいかった。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 3点(2016-11-20 22:16:51)
49.悪くない映画のようにも思うのだけど、なんだか心に残らないのは一つ一つの要素が薄っぺらいからなのだろうか。九太と熊徹の繋がりを深めるエピソードも足りないし、恋人っぽい女の子との間もそう。まあ大体こういう関係なんだろうなというのが記号として分かるけど、エピソードが足りないので感情移入が出来ない。どこか他人事のように見えてしまうのがイマイチに感じる原因か。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 5点(2016-11-15 10:30:57)
48.《ネタバレ》 細田守は、オリジナルをやればやるほどダメになるというか、原作付きのものだけやるべきなんだろうな、と痛感させてくれた映画。
この作品で、ついに自分で脚本まで書いたわけですが、この脚本が絶望的にダメです。破綻してます。
自分でシナリオまで書いてしまう事で客観視点が失われてしまい、おそらく他人が見たときに疑問に思うだろうポイント等に全く気付いてないのでしょう。そして周りにそれを諫める人もいなかった、と。

たとえば、すでにさんざん言われてますが、クライマックス某女子のセリフ、おそらくこの映画の中の重要な見せ場らしいのですが、観客は「いや、何かかっこいい事いってるけど、その前に突っ込み入れたい事がたくさんあるんですけど」という想いが強すぎて、まったくセリフが入ってきません。いや、あんたそもそも何を知ってるのよ?と。

見せ場で、それはつらいです。


新海誠がそれで成功したように、周りからいろいろ言われる製作スタイルでやり直した方がいいような気がします。
あばれて万歳さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-10-27 23:22:42)
47.《ネタバレ》 最後は結局力で解決みたいなバトル映画になってしまったのが残念ですね。そういうのはドラゴンボールとかワンピースとかに任せましょう。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2016-09-21 23:25:24)
46.《ネタバレ》 前々作のサマーウォーズといい今作にも垣間見える闇
それこそ『何だコレと!?』思わんばかりの一郎彦の歪み顔に『またか、細田。。』と幻滅

毎度々々思うんだが最大の闇を抱えてるのは細田自身だろ
時かけの頃の様な純粋な心の表現は何処へ行った

映画という媒体を借りて己が自身の心の闇を撒き散らすな、疲れるわホンマ
sting★IGGYさん [地上波(邦画)] 6点(2016-08-07 19:02:26)
45.《ネタバレ》 人間の方がよっぽどバケモノですね。
夏休みにしれーっと観るには丁度いい映画でした。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2016-07-31 03:04:06)
44.《ネタバレ》 これが、「細田監督全作品の中で最大のヒット」と言われる作品ですか・・・。
正直、どこで盛り上がれば良いのか全く分からなかった。
とにかく、登場人物皆がこれでもかと過剰説明。
説教臭くて、会話に面白味が皆無。
ディズニー・ピクサーの秀逸さを学ぶには良い作品かも。
はりねずみさん [地上波(邦画)] 3点(2016-07-30 21:32:01)
43.《ネタバレ》 生みの親か?育ての親か?、父(男)は強くあらねばならないのか?、怨念はどのように抑えるべきなのか?等々がテーマなんでしょうけど、バケモノの必然性が感じられない。アニメだから多少のファンタジー性が必要なのでそういう設定にしたんでしょうけど、テーマが古典的なので非現実性とのギャップがあった。「鯨」はメタファーで自分の投影(自分の中にある闇≒バケモノという二重構造?)なので、敵対する少年に自分を見た、同類であると感じ、その苦しみを理解し、最後は赦したと解釈できる。で、実父も赦し、メデタシメデタシなんだろうけど、バケモノパワーがよくわからんし、主人公少年の成長過程の描き方も少々雑かな。役者声優はハズレが多いが、概ねよかった。ただし、宮崎あおいと広瀬すずは声が似てないか?あとはアイアンマンを見た直後なので、胸が光るのはパクリなのかな?と思ったり・・・。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 4点(2016-07-28 12:54:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 62人
平均点数 5.50点
011.61%
100.00%
223.23%
358.06%
41117.74%
51219.35%
61016.13%
71320.97%
858.06%
934.84%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.14点 Review7人
2 ストーリー評価 5.54点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review10人
4 音楽評価 5.66点 Review9人
5 感泣評価 4.77点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS