パンダ・コパンダのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パンダ・コパンダ
 > (レビュー・クチコミ)

パンダ・コパンダ

[パンダコパンダ]
1972年【日】 上映時間:35分
平均点:6.41 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(1972-12-17)
コメディファンタジーアニメシリーズものファミリー動物ものショート(短編映画)
新規登録(2003-07-22)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高畑勲(演出)
杉山佳寿子ミミ子
熊倉一雄パパンダ
太田淑子パンちゃん
丸山裕子ナナ
峰恵研先生
山田康雄おまわりさん
沼波輝枝給食のおばちゃん
松金よね子カヨ
原作宮崎駿(原案)
脚本宮崎駿
音楽佐藤允彦
作曲佐藤允彦「ミミ子とパンダ・コパンダ」 /「ねんねん パンダ」
主題歌水森亜土「ミミ子とパンダ・コパンダ」 /「ねんねん パンダ」
撮影清水達正(撮影監督)
製作東京ムービー
シンエイ動画(製作協力【Aプロダクション】)
配給東宝
作画宮崎駿(原画)
本多敏行(原画)
近藤喜文(原画)
大塚康生(作画監督)
小田部羊一(作画監督)
前田実(作画)(動画)
福富博(動画)
美術宮崎駿(画面設定)
保田道世(仕上)
編集井上和夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 パッと見た瞬間から感じる「トトロ」感。やはり駿さんだなーーとおもわせるものはありますね。本作品もまた駿さんの源流の一つなのでしょうね、貴重なものが観れて良かった。ちなみにお巡りさん役はあの山田康雄さん、これまたパッと聞いてたらルパンが出てるw変装してww お話しのぶっ飛び具合もなかなかのものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2018-06-24 21:40:36)
31.子供の時に見ておきたかったです。世界観もキャラクターも良い。でも話は大して面白くありません。
宮崎駿の原点であり、トトロの下敷きになった作品だということで見ましたが、しっくりと肌に合うようなアニメではありませんでした。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 5点(2013-10-17 03:12:31)
30.《ネタバレ》 東宝チャンピオンまつりで観ました。お目当てだったゴジラより印象に残りました。「特に竹やぶがイイ」を何度も繰り返すパパンダに、お行儀が良い優等生アニメとは一味違った捻りを感じていました。久しぶりに観たのですが、パパンダの胸に抱きつく(というか、くっ付く)パンちゃんやミミ子に「トトロ」の原型が窺えます。上手いなぁと思うのは理屈をすっ飛ばす部分と拘る部分の明快な使い分け。例えば、全く垣根を感じさせずにパンちゃんと仲良くなるミミ子の突破力と、パパンダの巨体が椅子を押し潰すような写実性の対比です。エンディングの弁証法的解決は格別の和み具合です。
アンドレ・タカシさん [映画館(邦画)] 7点(2013-08-14 01:36:38)
29. 凄く面白いアニメだし、この作品に思想的な意味合いは全く込められてはいないと思う。 のだけれど。
 なんだかここ最近のジブリの人たちの誰かに言わされてるんでしょ?としか思えない発言に、もしかして大手出版社やテレビ局が出資するカルト団体なのか?と思ってしまうくらい強烈な思想を、作品に関わった人間という立場を使って作品と全く関わりの無い宗教的思想に近い政治主張をしているのがまずい。もの凄い違和感と共に、私の中で拒絶反応が生まれている。

 もちろん宮崎駿や鈴木敏夫という二人の有名人の影響であるが、作品に穢れとかと言うものは無いと思う。それは間違いないことなのだけど、時代を遡って関わってもいない人までがこうやって何か大事なものを穢してしまっていることも、非常に粘っこいものが心に残る。
 戦争を生き抜いた世代のような振る舞い、現代を見下す視線が実に粘っこい。
 だけど、出掛ければ災害やテロと隣り合わせで、湾岸戦争を目前で何度も観て古典戦争よりも驚異的に危険な世界との接点がいつ動くともしれないたった今を生きる私らを、テレビで見下すのはやめた方が良いのではないだろうか。

 ファイナル・ジャッジメントが凄く面白いから観てみなよと言われて、素直な気持ちでどれだけの人が観られるだろうか?私は観ないし、関わらない。熱心な信仰を持っている人を否定しないけれど、そういう側面だってあると、私は思う。
黒猫クックさん [地上波(邦画)] 6点(2013-07-31 19:32:07)
28.《ネタバレ》 はい、東宝チャンピオンまつりで見ました。たしか主題歌のレコードも持っていたような記憶が。初見以来ですが、なかなか楽しかったです。パパンダの「いい竹やぶですねぇ~」ってのが笑える。最後のお父さんが会社へ行くというオチが素敵でした。
時期的に『ルパン三世』第1シリーズのスタッフが関わっていて、そういう点でも興味深いです。動物園での観客にルパンがいましたし。オープニングでのキャスト紹介でイラストを使っていたのもイキです。
アングロファイルさん [地上波(邦画)] 7点(2013-07-23 21:21:18)
27.《ネタバレ》 「パンダが人間みたいに動いてるー!!!!」と、子供の心をつかめさえすれば、この映画は大成功なのだと、「パンダが通勤しとるー!!!!」とウケてしまったオッサンの私は思った。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2013-02-13 22:49:07)
26.世界観はすばらしいの一言でしたが、話がつまんないですね。小学生の低学年ぐらいのお子さんが観たら楽しいかと。
アフロさん [地上波(邦画)] 4点(2013-01-05 12:54:02)
25.子供の頃に観たが、宮崎駿の原案・脚本だとは知ったのはずっと後のこと。
言われてみれば、宮崎ワールドにつながるほのぼの感はあった。
飛鳥さん [映画館(邦画)] 5点(2012-12-30 00:16:54)
24.私の中では伝説の子供童話アニメ。記憶もほとんどない頃に劇場で観たのにこれはずっと覚えていた。今でも何度も飽きずに幼少期に戻って(怖いね)観られる貴重な作品。ミミ子がハイジと被るけど仕方が無いのだ。
movie海馬さん [映画館(邦画)] 9点(2012-07-30 18:42:14)
23.ミミちゃんパンツ見せ過ぎ。
パパンダは味があって良いキャラですね。
パンちゃんも愛らしい。
シナリオ的にもよく出来ていて、お手本のように綺麗な伏線が張られていて、きっちりラストに繋がってます。
そして、そのラストが素敵なハッピーエンドというのがいいですね。
子ども向けアニメではありますが、なんだか癒されました。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2011-09-03 13:45:07)
22.子供目線で日常を描くと子供たちの反応がいいことをこの作品をきっかけに知ったと宮崎監督は言う。のちのハイジでありトトロにつながる。子供目線のフィルターを通すと、子供はもちろん大人でも自然に童心に返り、物語に自分を投影できる。宮崎監督はこうしたツボをたくさん知っているのだろう。今TVで流れている日清製粉のCMの猫「コニャラ・子コニャラ」は鈴木プロデューサー原案(笑)だが、これが不快なパロディにしか見えないのは子供不在のせいもあると思う。
michellさん [DVD(邦画)] 8点(2011-03-28 22:57:36)
21.宮崎駿にはまたこれくらい分かり易い映画を作って欲しいと願う。本当に心から。。。
カイル・枕クランさん [DVD(邦画)] 7点(2010-10-31 14:31:30)(良:1票)
20.現在11歳の長男が3歳の時、レンタルビデオで気に入ったので、DVDを購入。翌年生まれた次男も、大のお気に入りで、もうすぐ7歳になる今も、たまに観たいと言い出します。なんとも平和での~んびりした世界に、私もどっぷりハマリ、各シーンのセリフが空で言えるほど何度も観ました。いつもは優しく愉快に、そして時には厳しい、ミミ子みたいなママになりたい。
おおるいこるいさん [DVD(邦画)] 7点(2010-05-20 11:46:20)
19.となりのトトロの原点ということで鑑賞。確かにとなりのトトロにプロット自体が似ていて、それなりに楽しめました。ミミ子はメイとサツキを足したようなキャラクターですね。
民朗さん [DVD(邦画)] 5点(2009-12-22 15:32:44)
18.1972年の作品とは知らず、娘と一緒にレンタルでみました。30年以上経ってなお色あせないファンタジー。絵本の「お茶の時間に来た虎」を思い出しました。大好きです。
longsleeper21さん [DVD(邦画)] 8点(2008-09-23 15:54:36)
17.パンダが人間みたいに動いてるっ、てだけに興奮できる幼児限定作品。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 0点(2007-08-30 20:44:58)
16.OPの歌からしていいし、コパンダ超かわいい~。パパンダもほのぼのしてる割にかっこいいし。絵本のような良作ファンタジーです。
バカ王子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-09-19 17:34:21)
15.確かこれを初めて観たのは、今は無き文芸地下の宮崎駿特集だったと思う。その後、何度か観ましたけど、いつ観ても面白いですね。とてもカンカン・ランラン来日記念便乗企画のやっつけ仕事とは思えない出来です。当時は全然気がつきませんでしたけど、良く見てみれば、本作の舞台は「となりのトトロ」の舞台にも程近い所沢市北秋津。この所沢への思い入れは何だ? そして、現実とファンタジーが近くに存在しつつも、きっちりと分かれていた「トトロ」とは異なり、本作のオチは現実に無理矢理ファンタジーを割り込ませる。この痛快感は「トトロ」では味わえませんよ、7点献上。
sayzinさん [映画館(字幕)] 7点(2005-06-27 00:35:22)
14.子供(幼児)向けということで当然ながら話は非常に単純で分かりやすく、終始ほのぼのとした展開で上映時間も短いが、ジブリ作品のファンなら一度は見ておいて損はない映画だと思う。ルパン似の警官の声を山田康雄がやってるのがちょっと笑えた。2018年4月7日追記:高畑勲監督が亡くなった。「かぐや姫の物語」を見たときに年齢的に次回作は厳しいかもと思いながらもぜひまた新作を作ってほしいと思っていただけに非常に残念。宮崎駿監督がファンタジー志向な作風なのに対して、高畑監督はリアリティーをとことん追求する作風で、昔はこの違いに戸惑いがあって少し苦手意識もあったんだけど、今はその違いを楽しんで両監督の映画を見れている気がするし、今では苦手意識もなくなり好きな監督の一人と自信を持って言えるようになった。高畑監督はもちろんジブリにとって無くてはならない人(ジブリはやっぱり宮崎監督と高畑監督の会社だよ。)ではあるけれど、それ以前の監督作品もこれからももっと見てみたいと思う。改めて心より高畑勲監督のご冥福をお祈りします。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2005-04-24 13:43:46)(良:1票)
13.このシリーズに出てくるパンダやところどころの絵が「となりのトトロ」の元ネタになってるのはやられました。オープニングクレジットの背景なんかはほぼ・・・一緒?当時パンダブームだったらしいので丁度いいパンダが描けてるんじゃないかなぁと。それのしても、ミミちゃんが喜びを表すときの逆立ちがよーわからん。か~なり低年齢向けに作ってるから大人が見たら「はぁ~?」と思うかもしれないけどそれはアシカラズ。でもパンダが2本足で電車に乗ってるのはワロタ。
M・R・サイケデリコンさん 6点(2004-12-23 21:12:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.41点
013.12%
100.00%
200.00%
300.00%
426.25%
5515.62%
6618.75%
7928.12%
8825.00%
913.12%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS