ゴーストライターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴーストライター
 > (レビュー・クチコミ)

ゴーストライター

[ゴーストライター]
The Ghost Writer
2010年【仏・独・英】 上映時間:128分
平均点:6.37 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-08-27)
サスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2011-05-31)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-07-31)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロマン・ポランスキー
キャストユアン・マクレガー(男優)ゴーストライター
ピアース・ブロスナン(男優)元英国首相 アダム・ラング
キム・キャトラル(女優)アダム・ラングの元秘書 アメリア・ブライ
オリヴィア・ウィリアムズ(女優)アダム・ラングの妻 ルース・ラング
トム・ウィルキンソン(男優)ポール・エメット
ティモシー・ハットン(男優)シドニー・クロール
ジョン・バーンサル(男優)リック・リカルデッリ
ジェームズ・ベルーシ(男優)ジョン・マドックス
イーライ・ウォラック(男優)年老いた男
ジョエル・カービー〔男優・1957年生〕(男優)モーテルの受付
森川智之ゴーストライター(日本語吹き替え版)
てらそままさき元英国首相 アダム・ラング(日本語吹き替え版)
幸田直子ルース・ラング(日本語吹き替え版)
志村知幸シドニー・クロール(日本語吹き替え版)
脚本ロマン・ポランスキー
音楽アレクサンドル・デスプラ
編曲アレクサンドル・デスプラ
撮影パヴェル・エデルマン
製作ロマン・ポランスキー
アラン・サルド
製作総指揮ヘニング・モルフェンター
配給日活
その他アレクサンドル・デスプラ(指揮)
あらすじ
主人公は、元英国首相アダム・ラングの自伝執筆を依頼される。いわゆるゴーストライターである。だが、取材をするうちに、次第にラングの過去に違和感を抱き始める。そして明るみになる前任者の不可解な死と巨大な組織の陰謀。ロマン・ポランスキーが描く本格サスペンス。ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.《ネタバレ》 巻き込まれ型のサスペンス。監督がポランスキーだけあって、全体に不穏な雰囲気が漂う。佳作。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-01 20:51:36)
51.《ネタバレ》 巻き込み事故型で陰謀に呑まれちゃうユアン・マクレガーが健気な一品。この人はゴーストライターとして一稼ぎしたかっただけなのに、前任者がヤバイ記録を残したが故に狙われてしまう。本人としては別に前首相の戦争犯罪を暴こうとか過去経歴を云々したいとか一切思っていない。このあたりは”オデッサ・ファイル”のジャーナリストとは全然立ち位置が違うのです。さして志の高くも無い、フツーの市民なのだったユアン・マクレガーは。だからラストはなんかこう気の毒なんですけど、でも彼ちょっと必要以上に誰にでも情報しゃべり過ぎじゃないかい?うわーばかだなー、とハラハラしてしまった。最後だって、なぜ元首相のヨメ本人に黒幕ですよねなどと言うのだろう。
とまあ主人公の頭はあまり良くないんですけど、ポランスキーならではの、なんか陰気で良ろしくない雰囲気に満ちみちた映像は観る者を「なんかあるんじゃなかろうか」とぞくぞくさせるに力量充分。加えてピアース・ブロスナンの意外な演技力の高さにも驚いたりもします。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-11-19 23:59:29)
50.《ネタバレ》 面白かった!
アラやツッコミどころこそあるものの、全編に漂う緊迫感、不穏な空気から目が離せない。
奥さんがCIAでCIAが黒幕(イギリス政府をアメリカCIAが支配している)というのは分かるような分からんような…。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-22 07:38:07)
49.《ネタバレ》 作りは古風なミステリー、中身は現代の政情を反映した社会派で銀熊賞受賞は頷ける。カーナビや携帯電話といった最新機器を上手く使い、急がずじっくり焦らして陰謀に迫っていく。円熟したポランスキーの演出は言うまでもないが、英首相の妻の不敵な佇まいも忘れるわけにはいかない。しかし、あのラストの演出のために主人公を消させた脚本は如何なものかね。義憤なら目の前でこんなことするのはアホとしか言いようがないのだが。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 6点(2016-04-15 22:03:15)
48.どんよりと重い曇天、陽を受けない冴えない砂浜。別荘の巨大なガラス窓では、そうした2種の灰色が上下でせめぎ合っている。夕方から夜間にかけての映像も多いし、ほとんどBGMがないもの静かな雰囲気、激しく対立する起爆剤があるでもなく俳優たちのセリフもこそこそと低くていまいち覇気がない、なのに、ジャンルはサスペンスであって、印象に残るシーンも数多くあり、数々の映画賞を受賞・ノミネートしている不思議。監督がロマン・ポランスキーと知って納得した。全編を通して漂っている上質な静けさと、それにマッチしたうす寒い島の風景が見ていてとても心地いい。もう一度観るときはストーリーを度外視して、映像美を主に楽しみたい。ただ、エメット宅の訪問のシーンでは、『アイズ・ワイド・シャット』の似たような場面を想い出し、少し迫力不足を感じてしまった。
tonyさん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-01 15:44:46)
47.《ネタバレ》 キネマ旬報第一位ということでハードルが上がっていたのか、不完全燃焼。
教授がCIAであることがググってわかる事など、?と思う箇所もあり、突っ込みどころが多い作品
ドクターペッパーさん [DVD(字幕)] 5点(2015-03-08 09:21:06)
46.2014.08/31 鑑賞。北欧・英国タッチの画像、静かな展開の中で引き込む力は強い。でも最終での印象が充分残らないのは何故か?
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-10-31 11:00:35)
45.《ネタバレ》 国家間の陰謀といえば東側工作員というのが定番だったが、英国とは蜜月の米国CIAとは意外。
死体の漂着と潮流の矛盾、前任者が残していたカーナビの行き先、原稿の冒頭の文字など推理的要素があり、サスペンスとしてそれなりにまとまって見えるけれど、あまり印象に残らない。

前任者が真相を原稿の冒頭に仕込むような面倒なことをする理由がわからない。
主人公が真相暴露の手紙をわざわざ事件の張本人に届けるのも意味不明。
これでは両者とも単なるおバカさんで殺されたことになってしまう。
ラストで、車の急発進、画面の外に走り去るゴーストライター、舞い散る原稿と、事故の間接的表現は巧い。
そういった演出面は、さすがに老練なポランスキー監督らしいが、ストーリーは甘さが散見された。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-10-28 23:09:21)
44.特に印象に残らない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-22 23:19:13)
43.よくもまあ悪天候の日ばかり選んで撮影したものです。梅雨時に見ると、鬱陶しさ倍増です。苔の匂いすら漂ってきます。さすが巨匠の力ですね。サスペンスのわりに空気感は緩いですが、湿気を感じる映画と割り切れば十分。けっこう楽しめます。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2014-06-22 18:25:30)(笑:1票)
42.最後のネタバレの瞬間の「うぉー,そうきたかぁー」のレベルがいまいち.「の」が多過ぎ?
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2013-12-23 00:15:33)
41.《ネタバレ》 娯楽作品として会話と雰囲気を楽しむのであれば文句なし。緻密なストーリー展開を期待するとハズレ。観る者の立ち位置で評価が変わってしまうのでは傑作とは言えないのかも知れないけれど、流石の出来に7点献上ですが、ワタシ的には後に残るのがラストの紙吹雪のイメージだけってのが淋しい限りです。そんなことに首突っ込んだんだから少しは用心しろって…
ぽこたさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-15 11:31:12)
40.それなりに緊張感はありますが、Googxxで調べられる情報で解決につながってるのが安易じゃないですか?期待していたので少しがっかりです。
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-08 15:26:12)
39.ゴーストライターの存在意義というか、自叙伝の必要性がイマイチ伝わらず。サスペンス的要素もこじんまりとしている。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-14 22:31:19)
38.ロマン・ポランスキーに巨匠というイメージはないが、1960年代の作品から奇才という印象をもってます。
しかし今は21世紀。この作品は単純に娯楽作品として見ました。
かなりツッコミどころもありますが、さほど雑なところも気にならず良質なサスペンスとして楽しめました。
映画も全てが全て頭でっかちではないですよね。
ユアン・マクレガー良かったです。

仏向さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-01 00:27:37)
37.《ネタバレ》 二流の政治サスペンスに成り下がってしまった。ポランスキーは雰囲気を作り出すことにかけては一級品だが、どうもそれが他の要素とあいまって昇華することが少ないように思う。脚本の問題かもしれないが…。ラスト近くのシーンは素晴らしい。ブレッソン「スリ」を思わせる手紙の手渡し、事故が起こった後の紙吹雪(?)は美しい。が、それ以外において雰囲気だけはあるものの、低俗さばかりが目に付くつまらない映画になっている。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-23 12:11:20)(良:1票)
36.《ネタバレ》 えーっと、雰囲気と映像は大変良いですね、そこはさすがポランスキーです。
観る前は「フランティック」みたいなのを期待したんですが、ハズレてしまいました。
なにかと出てくる前任者の残した原稿、コレの使い方が何か中途半端です。
CIA絡みのサスペンスは自分なりに頭の中を整理する必要があるものが多いのですが、それ以前の問題という感じです。
そもそも、そうまでして自伝を出す理由はなによ?
知られちゃ困ることがそのまんま放置されてるってなによ?
ゴーストライターの存在の意味さえよくわかりません、ユアン・マクレガーは氏名も無いままでしたし。
なんだか焦点がぼやけてしまって、話の核が見えにくいのです。
CIAの日常的な陰謀を傍観させられたみたいな気分です、なので面白い映画ではなかったですね。
ユアン・マクレガーはイケメンだけど強烈な個性、イメージが無いぶん、いろんなジャンルの映画、役柄になんなくハマる人ですね、ポランスキーの映画とも相性がとてもイイんじゃないかと思います。脇もなかなかの俳優が顔を揃えていますが、キム・キャトラルは完全にあて馬でした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-03-17 21:25:03)
35.「知らぬが仏」という言葉がこの映画にピッタリ。知りすぎてしまったばかりに大変な事に...中盤から後半にかけて背筋の凍るようなスリルがたまりません。 そういえばユアン・マクレイガーに役名がない!?
映画さん [DVD(字幕)] 8点(2013-03-13 05:19:10)(良:2票)
34.《ネタバレ》 いやー面白いなぁ、、まず、元首相ともなるとこんな生活してるかも…と思わせるモノがありますな。確かに地味ーで暗い映画だけど、まったく退屈せず一気に観ちゃいました。ユアン・マクレガー(役名なし!?)もなかなかよかったけど、元首相役のピアーズ・ブロスナンがドはまり。秘書役・奥さま役の女性陣も素晴らしく、的確なキャスティングが光りますね。そこは大ベテラン監督の成せる技?(笑) まぁイマドキの激しい映画とは違うから物足りない人もいるかもね。でもワタシはこういうの好きですハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-03-07 17:36:19)(良:1票)
33.全然面白くない。映画の8割方が会話劇なのだが、主人公が追いかける焦点が定まっていないので、字幕スーパーで追いかける私には何がなんだか理解できないことばかり。伏線?小道具?そんなものあったのでしょうか?カーナビに残されたデータなど、伏線でもなんでもないと思うのですが…。
クロエさん [地上波(字幕)] 3点(2013-01-28 18:54:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 6.37点
000.00%
100.00%
200.00%
311.92%
423.85%
51019.23%
61528.85%
71325.00%
81019.23%
911.92%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS