俺は待ってるぜのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 俺は待ってるぜ
 > (レビュー・クチコミ)

俺は待ってるぜ

[オレハマッテルゼ]
1957年【日】 上映時間:91分
平均点:5.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンスラブストーリーモノクロ映画青春もの
新規登録(2007-05-21)【青観】さん
タイトル情報更新(2008-12-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督蔵原惟繕
助監督松尾昭典
キャスト石原裕次郎(男優)島木譲次
北原三枝(女優)早枝子
二谷英明(男優)柴田兄
小杉勇(男優)内山
草薙幸二郎(男優)竹田
植村謙二郎(男優)警部補
河上信夫(男優)栄造
原恵子(女優)マダム・キール
深江章喜(男優)柴田の乾分
榎木兵衛(男優)柴田の乾分
青木富夫(男優)柴田の乾分
杉浦直樹(男優)柴田の乾分
藤代鮎子(女優)るり子
黒田剛(男優)川上一家の男
柳瀬志郎(男優)川上一家の男
英原穣二(男優)柴田の乾分
脚本石原慎太郎
音楽佐藤勝
編曲大久保徳二郎「俺は待ってるぜ」
主題歌石原裕次郎「俺は待ってるぜ」
撮影高村倉太郎
製作水の江滝子
配給日活
美術松山崇
編集鈴木晄
録音橋本文雄
照明大西美津男
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.水たまりの波紋が止まると店の名が浮かび、そこから裕次郎が出てくる。かっこつけてるの。手で風から囲ってタバコに火をつけたり、なにやらまぶしそうな煙たそうな表情をし、人生の重荷を背負ってる感じ。そして港にたたずむワケアリの女。80年代の前半ごろ、テレビのコマーシャルでここらへんの部分が使われてて、いったいどういう「かっこいい」シーンなんだろう、と想像し名画座で観たんだけど、これ、ただポストに手紙を投函するだけなのね。身に負わされた義理を苦渋のうちに終わらせたラストかと思ってたら、映画の冒頭。手紙出すだけでこれじゃあ大変だな、と同情した。日活アクションてのを観たのは初めてのころだったか。疚しさの過去を持っているのが、アウトローの条件なんだ、などと学習したものでした。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2013-07-12 09:30:17)
3.こういう旧い映画は嫌いじゃない。ノスタルジーがあってそれなりに楽しめる。昔、裕次郎が入院、退院でテレビにとりあげられていたときに奥さんの北原三枝を見かけたのだが「何で裕次郎はこんなさえないおばちゃんと結婚したんだろう。もっといい女はいくらでもいただろうに…」と思っていた。しかしこの映画を見るとそれは愚問だったことがよくわかる。きりっとした端正な顔立ち、抜群のプロポーション、50年以上前によくこんなにロングソバージュが似合う女性がいたものだと思う。相当いい女である。当時の酒場の雰囲気も呑兵衛としてはなかなか興味深い。いい映画である。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 6点(2013-06-01 22:24:46)
2.蔵原惟繕監督のデビュー作で石原慎太郎が弟・裕次郎のために脚本を書いた作品らしいのだが、冒頭から妙な違和感があり、内容が暗く、正直最後まであまり楽しめずにおわったという感じ。また内容のみならず映像までが暗めに感じられるのもちょっとと思ってしまう。裕次郎(島木譲次って役名が笑える。)の演技はいつも通りだし、ヒロイン役北原三枝もなんかぶっきらぼうな印象しか残らないのが残念。この二人のコンビ作はほとんど見てないのだが、少なくとも北原三枝に関しては川島雄三監督の「愛のお荷物」での三橋達也の恋人役が今まで見た中でいちばん良かったと思うし、裕次郎も芦川いづみとのコンビ作である「乳母車」が個人的にはベストだと思う。ちなみにこの映画の主題歌自体はそんなに嫌いではない。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-06-12 18:36:08)
1.《ネタバレ》 初っ端から浮世離れというか、気障というか、妙に背伸びしたような会話が続く。大人びて見えない裕次郎のビジュアルでこういう会話をされると違和感に拍車がかかってどうしても冷める。ハードボイルドなのか西部劇なのか良く判らん見せ掛けの要素を匂わせつつ、実はやってることは時代劇にも思える。しかも物憂い。大した根拠のない無駄な厭世観みたいなものが支配していてついていけません。それにしても、どいつもこいつもよくもまあこう心情をべらべらと言葉にするもんだ。
MARK25さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2007-08-21 22:39:25)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
500.00%
6250.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS