パニッシャー(2004)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パニッシャー(2004)
 > (レビュー・クチコミ)

パニッシャー(2004)

[パニッシャー]
The Punisher
2004年【米・独】 上映時間:123分
平均点:5.11 / 10(Review 63人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-11-13)
公開終了日(2005-05-25)
アクションサスペンス犯罪ものリメイク漫画の映画化
新規登録(2004-06-26)【ちひろ】さん
タイトル情報更新(2013-09-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・ヘンズリー
助監督ゲイリー・ハイムズ(第二班監督)
演出ゲイリー・ハイムズ(スタント・コーディネーター)
キャストトーマス・ジェーン(男優)フランク・キャッスル
ジョン・トラヴォルタ(男優)ハワード・セイント
ウィル・パットン(男優)クエンティン・グラス
レベッカ・ローミン(女優)ジョアン
ベン・フォスター[男優](男優)デイヴ
ローラ・ハリング(女優)リヴィア・セイント
マルコ・セント・ジョン(男優)モリス
サマンサ・マシス(女優)マリア・キャッスル
ロイ・シャイダー(男優)フランク・キャッスルSr.
マーク・マコーレイ(男優)ダンテ
小山力也フランク・キャッスル(日本語吹き替え版)
山路和弘ハワード・セイント(日本語吹き替え版)
大川透クエンティン・グラス(日本語吹き替え版)
林真里花リヴィア・セイント(日本語吹き替え版)
楠大典デイヴ(日本語吹き替え版)
乃村健次(日本語吹き替え版)
脚本ジョナサン・ヘンズリー
マイケル・フランス
音楽アヴィ・アラッド(サントラ製作総指揮)
ジョナサン・ヘンズリー(サントラ製作総指揮)
ゲイル・アン・ハード(サントラ製作総指揮)
撮影コンラッド・W・ホール
製作ゲイル・アン・ハード
アヴィ・アラッド
アンドレアス・グロッシュ(共同製作)
ライオンズ・ゲート・フィルムズ(共同製作)
マーヴェル・エンタープライゼス(共同製作)
製作総指揮スタン・リー
ケヴィン・ファイギ
クリス・ロバーツ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクマシュー・W・マングル
美術マイケル・Z・ハナン(プロダクション・デザイン)
編集スティーヴン・ケンパー
あらすじ
FBI潜入捜査官フランク・キャッスル。彼は、ある銃撃戦で息子を警察に射殺された裏社会のボス、ハワード・セイントに逆恨みされ、愛する妻子を始めとする一族全てを惨殺されてしまう。自らも九死に一生を得た彼は、「パニッシャー」となり復活、命をかけて、巨悪に制裁を加えるのだった。アメコミが原作、凄まじいほどの復讐劇が繰り広げられる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.コミックの映画化というと原作を意識しすぎて異常にキャラが濃かったり漫画ぽかったり話がなんか普通の映画ぽくない奴が多いんですが、この映画はちょっと違います。
言われないと「コミックの映画化」だと気づかないくらい、わりと普通のクライム映画になってるんですよね。
逆に言えばキャラがイマイチ立ってない…ともいえるんですが、ごく普通に楽しめるクライム娯楽映画として十分な仕上がりです。

少なくとも同原作で先に映画化されてるドルフラングレンのパニッシャーよりは格段に出来がいいと思うんですが、しかしこのサイトの平均点ではこっちの方が点が低いのです。
両方観た事ある人が少ないからというのが大きいんでしょうが、比較すればこちらの方が出来がいいのは明らかだと思います、はい。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 6点(2020-09-26 19:17:48)
62.シリアスなのかコメディなのか、バイオレンスなのか知能犯なのか。なんだかよくわからない中途半端な作品ではあるが、好意的に見れば幕の内弁当的な何でもアリアリの作品でもあり満足する人もいるだろう。悪役のジョン・トラボルタもヘナチョコでパンチ不足。アパート住民は皆個性的でよかったので、この拠点をベースとした表と裏の顔みたいにすればメイハリがついて面白くなったと思うが。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 4点(2020-09-25 23:54:52)
61.《ネタバレ》  原作はアメコミ。なるほど。知らんかった。謎のロシア人。ギター男。ちょっと変だとは思ったんです。でも、もとがアメコミならそれも納得。
 家族を皆殺しにされる序盤。予備知識がないので、これは凄惨な復讐ものだと思いながら鑑賞。装備を整え、いざ、粛清。と思ったら、あらら、なんだかテンポがあまりよろしくないですね。
 個人的に、『復讐もの』には、『哀しさ』と『怒り』が絶対必要。ですが、フランクから『怒り』や『哀しさ』が、思っていたほどには伝わってこない。正直、もっと悲しんで欲しい。もっと、怒り狂ってほしい。で、圧倒的な負のエネルギーを爆発させて、ぐっちゃぐっちゃにしてほしかったです。だからこそ、カタルシスを感じられると思うんですよね。
 アパートの変な住人達との心温まるエピソード。変なロシア人とのコメディタッチな乱闘。どれも個人的には不要です。
 序盤の心温まるシーンと、復讐のギャップ。そこを期待しちゃうわけです。復讐の最中に、隣人とのほのぼのエピソードもってこられると、せっかくの熱が冷めてしまいます。変なロシア人で、笑いに転化してほしくないですね。
 それだったら、自分を助けてくれた呪術師のおっちゃんに、なんか黒魔術の呪いなんか受けちゃって、暗黒パワーで復活とかにしてくれたら、もっと割り切って見れます。
 まあ、いろいろ言いましたが、結局最後まで飽きずに楽しんでみちゃったので、エンターテイメントとしては及第点だと思います。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-12-03 02:19:33)
60.ストレスがたまった時の鬱憤晴らしなら十分期待を裏切らない内容でしたね。
殺し屋もバラエティに富んでいて楽しませてくれましたが、なんかどれも
どこかでみたようなパターンで新奇さはありませんでした。復讐する方も
同様で似たようなシーンは何度も観たような。

そしてこの手の復讐劇で最大の不満は、最初は冷酷非道で堂々としていた悪玉が
いざ守りに入ると、とたんに無様な醜態をさらしてパニックになるパターン。

そんなに大物なら最後までふてぶてしく振舞えよ、と感じてしまう今日この頃でした。
キムリンさん [地上波(吹替)] 5点(2017-05-30 16:49:46)
59.「原作はマンガ」で、「ダークヒーロー」。この二言だけで七割の説明が終わる映画。「仕返し」を付け加えれば残りの三割も終わる。ストーリーなんかはどうでもよくて、どう殺してゆくのかを見物する感じ。すごく大まかに括れば十三金やエルム街と同じような視聴感。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-15 23:18:07)
58.《ネタバレ》 前半が随分と痛々しかったので、主人公が復讐鬼になるのも仕方がないと思っていたら… アッいう間にアパート住民と馴染んじゃう。それでいいのか、復讐鬼!? 復讐ってのはさ、もっと孤独で殺伐としたもんだろぉ?
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 5点(2012-11-04 03:01:41)(良:1票)
57.まあこんなもんかな・・・って感じの作品。復讐の準備まではスピーディーだったのに、その後が呑気な感じ。原作はしらないけど、仲間的なおとぼけトリオなど登場して、あわよくばシリーズ化しようって感がアリアリ。でも、この出来ではその目論見は果てせないだろうなあ。
フラミンゴさん [地上波(吹替)] 4点(2011-06-28 14:57:22)
56.《ネタバレ》 テレビ東京のお昼枠で観たせいか、非常にソレっぽくて良かったです。復讐(制裁)劇ということですが、ストーリー的なことは、この際たいした問題じゃないですね。それよりアクションシーンやコメディシーンの懐かしい感じを楽しむべき映画でしょう。
ろにまささん [地上波(吹替)] 5点(2011-06-15 14:02:19)
55.《ネタバレ》 人間のアメコミ映画はは久しぶりです。テンポが良くて、いきなり取引が始まり、次のシーンでは家族が皆殺しにされます。全体的に復讐心に燃えた主人公のオーラが出ていて、カッコいイイのですが、キッチンでのコメディタッチでのロシア人とのアクションシーンは不要。終盤の気が狂っかのように妻や側近を殺していく展開が見所かな。ネタ明かしは
もう少し丁寧にして欲しかったです。せっかくの爽快感がありそうなシーンなのに、あっさりしすぎで勿体無い!!人物に関しては、リヴィア役のローラ・ハリングやマリ
ア役のサマンサ・マシスは綺麗な女優さんでしたね。トマス・ジェーンは体をしっかり鍛えていていて、作品内のパワーに違和感無かったですね。全体的に癖がなく、飽きずに見れる、アメコミ映画なのでオススメです。ただ、見終わった後にスッキリしない「バットマン」タイプです。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 7点(2011-02-26 20:49:53)(良:1票)
54.悪役より主人公のほうが凶暴。ある意味いいお父さん。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-12 00:06:18)
53.レベッカ・ローミン・ステイモスとサマンサ・マシスの二人が綺麗だったので3点ずつ。内容は全く覚えてません。
SINさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-03 02:42:47)
52.《ネタバレ》 こちらが期待してたほどの制裁劇ではなかったですね。けっこうアッサリしてたというか…復讐でなくて制裁だからなんだろうけどね。感情で復讐してくれた方が面白いかな。最後は無駄に派手すぎてよかった。
ライトニングボルトさん [地上波(吹替)] 5点(2009-06-15 01:54:22)(良:1票)
51.《ネタバレ》 復讐のテンポがノンビリしてる気が。緊張感が足りん感じ。
最後のトラボルタの場面はもうちょっとスカっとした殺り方にしてほしかった。
幸志さん [地上波(吹替)] 5点(2009-05-29 05:47:36)
50.何気に酷い作り
上上下下左右左右BAさん [地上波(吹替)] 3点(2009-05-28 09:47:34)
49.《ネタバレ》 もっとドンパチやるかと思ったが正直微妙。それに主人公がスキだらけで、あまり強くないし、トラボルタがボスのわりには小物っぽすぎる。中盤の突然マッチョマンのほうがとてもボスっぽい。鈍器もナイフも銃も効かないなんて・・・。でもスープでKO。あいつがパニッシャーやったほうがいいんじゃね~のかな?それにただの住居人と接点ができるが、とくに深いやりとりもなく。なにを表現したかったんだろ?
とむさん [地上波(吹替)] 3点(2009-05-20 23:01:57)
48.《ネタバレ》 前半の一家惨殺には萎えました。
トム・ジェーンの哀愁を漂わせる表情が良いですね。
恐そうだけど、悲しそう。そんな苦悩の表情が良く出ていたと思います。
アクションは骨太で好みでした。
かずまるさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2009-03-28 12:22:07)
47.《ネタバレ》 悪くは無いが、人に「面白いよ」とは勧めるまではいかない出来。
「個人の復讐」→「社会の悪を制裁」へと意識が変化していく過程を描いてないのは大きなマイナス点だろう。アパートの隣人との関わりを通して変化していくと思ったのだが…
主人公がやたら不死身なくせに、チマチマと復讐作戦を繰り広げるアンバランスさはバカ映画に近いかも。下らないCGが無かった点は良かった。
序盤の妻と息子が殺されるシーンが、まんま『マッドマックス』だったり、ラストバトルの出陣シーンが『コマンドー』だったりするのはご愛嬌。
塚原新さん [DVD(吹替)] 4点(2009-02-25 21:31:43)
46.復讐劇を徹底したアクション作品としては、十分な作品・内容でした。CGを使わず全てスタントマンが行っているので、画面に違和感がなく最後まで楽しく鑑賞できました。
SATさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-09 23:02:14)
45.《ネタバレ》 何も特殊能力が無いオッサンの復讐劇アメコミ。パニッシャーのしょうもない拷問術は見る価値ありです。でも全体的にすっごくしょぼいんで、期待せずに観るのが吉でしょう。
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-03 22:10:44)
44.《ネタバレ》 うわーこれはひどいね。制裁と言ってもこっちがドン引きしちゃうくらいエグいやり方だし。逆に悪者はヌルすぎるし。トラボルタが悪役だから楽しみにしてたのにこれでは。失笑してしまう作品。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 3点(2008-05-14 15:12:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 5.11点
000.00%
100.00%
223.17%
369.52%
41219.05%
51828.57%
61523.81%
7914.29%
800.00%
911.59%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review6人
4 音楽評価 5.00点 Review4人
5 感泣評価 2.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS