マッハ!!!!!!!!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マッハ!!!!!!!!
 > (レビュー・クチコミ)

マッハ!!!!!!!!

[マッハ]
ONG-BAK
(ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR)
ビデオタイトル : マッハ!
2003年【タイ】 上映時間:108分
平均点:7.06 / 10(Review 184人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-07-24)
アクション
新規登録(2004-07-14)【ハイラムK】さん
タイトル情報更新(2016-12-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督プラッチャヤー・ピンゲーオ
演出パンナー・リットグライ(武術指導)
トニー・ジャー(武術指導)
キャストトニー・ジャー(男優)ティン
ペットターイ・ウォンカムラオ(男優)ジョージ
プマワーリー・ヨートガモン(女優)ムエ
スチャオ・ポンウィライ(男優)コム・タン
チェータウット・ワチャラクン(男優)ペン
ルンラウィー・バリジンダークン(男優)ンゲク
ワンナキット・シリプット(男優)ドン
ダン・チューポン(男優)ボディガード
浪川大輔ティン(日本語吹き替え版)
後藤哲夫ジョージ(日本語吹き替え版)
中村千絵ムエ(日本語吹き替え版)
池田勝コム・タン(日本語吹き替え版)
堀内賢雄ペン(日本語吹き替え版)
山路和弘ドン(日本語吹き替え版)
三宅健太サミン(日本語吹き替え版)
安藤麻吹ンゲク(日本語吹き替え版)
出演パンナー・リットグライ(ノンクレジット)
原作プラッチャヤー・ピンゲーオ
パンナー・リットグライ
脚本スパチャイ・シティアンポーンパン
撮影ナタウット・キッティクン
製作プラッチャヤー・ピンゲーオ
スカンヤー・ウォンサターバット
製作総指揮ソムサック・デーチャラタナプラスート
リュック・ベッソン(ノンクレジット)
配給クロックワークス
美術アッカデート・ゲーオコート
編集タナット・スンシン
タナパット・タウィースック
スタントダン・チューポン
あらすじ
主人公が使うムエタイは古式ムエタイです。中国拳法好きな人(特に八極拳等の重力や慣性力を利用する拳法が好きな人)には見応え十分だと思います。今のムエタイにはない独特の歩法に注目!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
184.男の子たちは、この映画を観て、からだを鍛えよう!

血湧き肉躍るアジア系肉体派武術映画。
ひさびさに格闘技への憧れが再燃しました(10分間だけだけど)。
ブルース・リー以来だ、こういうの。

映画はそのブルース・リーの最高傑作「ドラゴンへの道」的な展開。
暗い情念は大日本帝国影響下の上海を舞台にした「ドラゴン怒りの鉄拳」を思い起こさせる。

なんといっても凄いのがムエタイの格闘技シーン。あたりまえだ。
肘と膝を使った打撃シーンはホントに痛そう。あれは死にます。
ブルースリーの打撃がバシッ!なら、トニー・ジャーはグシャ!という感じ(ジャッキーチェンはパシ!かな)。膝で脳天を一撃するシーンは、頭割れるんじゃないかマジでという迫力。

いや面白かった。

ムエ役のブマワーリー・ヨートガモン、22歳。
可愛いいんだかなんだかよくわからない顔。
若い頃の薬師丸ひろ子が整形したような、「少林サッカー」のヒロインが厚化粧した場面のような、へんな顔だなあ。妙に気になります。

で、映画館(中洲大洋)に客は5人(笑)。
うち3人が女の子、のこり2人がオジサンというのは…。

男の子たちは…(最初に戻る)。アレレ。
Ravenclawさん [映画館(字幕)] 8点(2017-12-02 18:37:36)
183.《ネタバレ》  カンフー、というかムエタイですが、かなり真面目なアクション。
 スピード感あり。アイデアあり。迫力もまあまあ。ストーリーはいまいち。なにせ『盗まれた仏像の頭を取り返す』というだけのものです。
 それに、ハムレイが序盤かなりイライラさせる。ムエは悪くないのですが、なんだかいてもいなくても良い感じ。姉が死んだときもハムレイが死んだときも同じリアクションで、死ぬのは姉だけでいいんじゃないでしょうか。
 ハムレイが死に、ティンが出家して、で、ムエはどうなったかわからないラストはかなり中途半端です。
 つまり、アクションは凄い、けど、シナリオの練りはいまひとつ、といったところです。これだったら、『正義』や『人情』で戦うジャッキー映画、ジェット・リー作品のほうが、カタルシスが得られて良い。『怒り』を私達が一緒に感じられるかどうか、これはアクションにおける重要なポイントだと思うのです。
 また、『スローモーション』と『リプレイ』が好きじゃないです。個人的に。この作品も他のカンフー映画同様かなり多用されています。その結果、軽快なテンポを犠牲にしています。たとえ『凄いアクション』であっても、『映画作品』であるならば、ストーリーの一部として見せるべき。もっと言うなら、当たり前のようにそーゆーアクションを見せるのだから、人に感動を与えることができるのだと思います。
 いつまでたっても『スローモーション』と『リプレイ』は作り手の自己満足と自意識過剰が目についちゃって、好きになれませんね。
 『曲芸鬼ごっこ』『なんちゃって天下一武闘会』など、見所が多いのは確か。
 とは言え欠点も多いため、良作と言えるかどうか微妙なラインの良作です。
たきたてさん [DVD(吹替)] 6点(2017-06-01 12:48:05)(良:1票)
182.いろいろと頑張ってはいるのはわかるし、1作目は話題性でウケたのだろうが、その後のシリーズがパッとしなかったのは、トニー・ジャーが暗いのが原因だろうな。スター性が感じられない。スローやリプレイがしつこいのも気になる。ちょっと古臭いというか。小中時代に見てたら、もっと楽しめたのかもとは思った。人材不足もあるかもしれないが、今の子供達はこの手の映画なんて見ないのかな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2016-03-17 12:02:29)(良:1票)
181.《ネタバレ》  後ろ回し蹴り!前蹴り!ヒザヒジヒザヒジーっ!!!!!!!!





 トゥクトゥクトゥクトゥクーっ!!!!!!!!(笑)
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-07-24 19:54:42)
180.《ネタバレ》 ストーリーとしてはそんなに入り組んだものでもなくシンプルなんだけれど。とにかく!とにかく!とにかくアクション!!!
しなやかな筋肉が踊り、素早くハードにキマる打撃が気持ちよい。一つ一つの動きが全て攻撃に転じるアクションは今までに見た事無い。
それにCGもスタントマンも一切無いなんて凄まじいね!トニー・ジャーの真面目な顔から繰り出される一発一発はとにかく痛そうだ!
そして最後にスタッフロールで流れるメイキングシーンを見るとリアリティが更に増してヒエエエエってなりますw
いい作品を見させていただきました。
えすえふさん [DVD(吹替)] 7点(2015-06-10 22:45:29)
179.《ネタバレ》 CG使いません、ワイヤーもほとんど使いません、俳優が大怪我しようが知ったこっちゃありません(大嘘)
そんな命知らずなアクション馬鹿映画。

ムエタイで鍛え上げられた肉体でどんな危険な場所にも突っ込む男たち。

火の輪だろうがガラスだろうが何だろうが知った事か、仏像と姉さんのために全力で走って走ってブチのめしまくる愛国心MAXな弟ことトニー・ジャーのアクションを見よ!
後を追うジョージことペットターイ・ウォンカムラオも地味にすげえ。人間やれば出来る、やったらやれる!
バスター・キートンやハロルド・ロイドの心意気がココにも活きている。

全ムエタイファン、血の気を求めるアクション映画ファン必見の映画です。

ジャッキー・チェンが時計台から落ちるなら・・・という感じに命がけのアクションとジャッキー映画へのオマージュは賞賛するしかねえぜ。

まさか「参(三部作)」まで続くと誰が信じた事か。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-07 15:15:06)
178.《ネタバレ》 アクションが素晴らしく、ちゃんとスカッとできる話である。が、アクションだけで売るなら芸術性としてスポーツ観戦(スポーツそのものではなく)となんら変わりなく、映画にする必要すら感じられない。
afoijwさん [DVD(字幕)] 2点(2013-06-08 03:13:28)(良:1票)
177.タイトル的にワイヤーアクションばりばりの映画かと思ってて全然眼中にありませんでしたがむしろその逆で謳い文句はワイヤー・CG一切なし。生身のアクションの良さを感じ取れるアクション映画でした。ジャッキー映画観てるみたいな楽しさ。アクション好きなら観ておいて損はありません。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-27 06:15:36)
176.アクション映画界で、ここまで美しいヒジ打ちとヒザ蹴りを撮った映画は、ないとおもう。
aksweetさん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-03 00:21:31)
175.ワイヤーアクションなし、CGなしという宣伝を随分と目にしたムエタイ・アクション。
内容はジャッキー・チェンの映画とほぼ変わらず。
別角度から撮ったド派手なアクションシーンを、何度もリピートして見せる手法も同じ。
個人的には、この手の演出はお話の流れが止まってしまうし、
いかにも凄いだろ!と押しつけられているようで好きではない。しかもこの作品では多過ぎ。
見所は主人公の跳躍力と体の柔軟性。今までのアクションスターには見られない動きを見せ、
そのスピードも凄まじく速い。これだけ身体能力が高いと、
本当に強いんだろうなと十分に思わせてくれるアクション作品だった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-07-28 05:20:28)(良:1票)
174.面白かった素晴らしいアクション!ワイヤー使ってるじゃんとかスタントとか瞳に炎とかコインとかそんな事はどうでもいいのです。
TAKIさん [DVD(邦画)] 7点(2010-08-10 23:11:01)
173.《ネタバレ》 トニー・ジャーーーーーーーー!!
CGばっかりの映画界に「低予算」でガチンコ勝負。
3Dがどうした!!こうなれば自分の足に火を付けてやる!どうだすごいだろう!
こっちだって熱いんだ。
最新作が振るわず、業界ともうまく行かず出家してしまったトニー・ジャー!!
復帰を望む!
帰って来てくれ!!!!
MILAさん [映画館(字幕)] 10点(2010-08-04 21:40:05)(笑:1票)
172.とにかくアクションが凄い!とにかく凄い!トニー・ジャーの強さやばすぎ。しかもなんか織田裕二に似てるし。アクションは大満足。ストーリーは超くだらないけど。アクションは大満足。とにかくトニー・ジャーがやばい。
ピンフさん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-18 03:51:15)
171.ムエタイと、身体はっていることを別アングルから、繰り返し見せてくれる手法が何気に良かったです。
内容は至って普通ですが、想像以上のスピーディさと男気感じる映画で、気持ちが熱くなりました。
sirou92さん [地上波(吹替)] 7点(2010-01-12 14:24:55)
170.素晴らしいトニー・ジャーのムエタイ。前半20分ぐらいまではいつになったら出るんやろ~と思ってたけどそのあとはもう彼の独壇場。ほとんどが殴り合い殴られ合いなのでムエタイの強さっていうのがいかんなく発揮されてますしアジアでしかできない?、三輪自動車でのカーチェイスは違う意味でなんか新鮮さを感じました(笑)香港のカンフー映画にありがちな効果音を使ってないのでほんとにやってんだなーコイツら、と思わせてくれました。前にメイキングを少し見たことあるので余計インパクトが強かったのかもしれません。脇役がマヌケすぎますけどそれはまぁ・・・ええか。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 7点(2009-09-18 21:33:08)
169.《ネタバレ》 これぐらいの迫力のアクション見たの久しぶりだった。編集せずにムエタイをふんだんに使ったアクションに圧倒された。本当にすごい。

ストーリーや雰囲気の重さがマイナスだけど、それを差し引いても素晴らしい作品
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 8点(2009-05-05 16:56:01)
168.あまりこういうアクション映画は好きではないのだが、これは確かにすごい。CGもスタントも使わないというだけあって迫力が違います。手に汗握り、釘付けになりました。が、多くの方が言っているようにストーリーが薄っぺらいので後半はやや飽きてしまうのが残念。
茶畑さん [DVD(字幕)] 6点(2009-04-27 21:47:40)
167.友達やらと大人数で観賞することをお勧め。あまりのストーリーのB級さと、アクションが凄すぎて逆に笑えます。人間ってこんな動きが出来るのか!ってビックリ。ただほんとにストーリーは酷いよ(笑)無駄だらけ。長すぎ。でもアクションだけ観ればいいのです!時にはこういう映画を観て馬鹿になるのもいいと思います。
おーるさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-30 07:16:53)
166.《ネタバレ》 重めのテーマにゴリッとアクションが乗っている。
タイがどういう国なのかわからないからどういうものなのか想像に任せて
見入ってしまったけど、こういう風にちゃんと映画になっているのが凄いなと。

なんで日本製の映画ってなんかできが悪いんだろう。
ドラゴンボールとかスラムダンクのテレビ版みたいに、止め画で(口だけ動いてる)さんざん台詞だけ
聞かされるような、そういう様式が映画にまで蔓延してるのが許せない。

心情や舞台背景を説明しすぎな台詞とか、自分が今やっている行動を、説明台詞付きで演技させたりする
演出に至ってはかなり後進国なんだと思わされることがある。
いらないから省かれているバックの設定を、日本のドラマ、アニメや漫画につかりすぎてついつい自分の理解力を棚に上げながら
「説明不足だ」などと感じてしまう自分にも腹が立つ。

そういうことを発見できた。凄く完成されていて、少なくとも日本映画はアニメも含めて外の映画をよく
見て良いところはちゃんと真似した方が良いと思う。
出来るようになってからオリジナリティを見つけた方が良いのではないか。

と、何故かこの映画を見て思った。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 8点(2009-01-04 21:42:29)
165.ムエタイもすごいけど、旧友のダメぶりも相当なものだ。
タクシーチェイスもすごい。
若者の農村離れ、薄れゆく信仰、麻薬売買など、現地の問題を取り上げている映画。
全体的に雰囲気が重いのが難点。
さん [地上波(吹替)] 8点(2009-01-04 20:16:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 184人
平均点数 7.06点
000.00%
110.54%
221.09%
342.17%
463.26%
5115.98%
63016.30%
75328.80%
85228.26%
9147.61%
10115.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.56点 Review30人
2 ストーリー評価 4.64点 Review31人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review32人
4 音楽評価 6.08点 Review25人
5 感泣評価 4.88点 Review18人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS