ビフォア・サンセットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 >
 >
 > ビフォア・サンセット
 >

ビフォア・サンセット

[ビフォアサンセット]
Before Sunset
2004年【米】 上映時間:80分
平均点:7.47 / 10(Review 79人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-02-05)
ドラマシリーズものロマンス
新規登録(2004-08-15)【マムゲン】さん
タイトル情報更新(2010-09-22)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストイーサン・ホーク(男優)ジェシー
ジュリー・デルピー(女優)セリーヌ
ヴァーノン・ドブチェフ(男優)本屋のマネージャー
原作リチャード・リンクレイター(原案&キャラクター創造)
脚本リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
作曲ヨハン・セバスチャン・バッハ"Variation 25" from "Goldberg Variations"
ジュール・スタイン"Just in Time"
ジュリー・デルピー挿入曲"An Ocean Apart"他
挿入曲ジュリー・デルピー"An Ocean Apart"他
撮影リー・ダニエル〔撮影〕
製作リチャード・リンクレイター
アン・ウォーカー=マクベイ
製作総指揮ジョン・スロス
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
79.《ネタバレ》 若者から大人へ。

前作とは何が違うか、どうか最後まで見て欲しい「サンライズ」の続編。

前は電車という街へ向かう道中、今作はいきなり街の中から、街角、路上、人々で賑わう街、書店、インタビュー、思い出す思い出は前作、キャメラの質感も前作の雰囲気を思わせる。

喋る喋る喋る、喋っている最中も動き出したくてウズウズ、ふと横を向いた瞬間に。

やはり歩いて歩いて歩く、時折悪態をつきながら再会を分かち合う、親しい友人か愛する異性か、子供から大人になった二人だけの秘密があの頃に戻してくれる。
「もっとあるよ(あと1時間くらい)」

二人にとって。会話の内容なんてどうでもいいのかも知れない。ただ互いを見つめ合いながら一緒に歩ければそれで。
過去は一緒にいるための話題として語られ消費される。街にこだまする音も。言葉は映画を彩る、二人の道中を飾る音楽のようになっていく。そう思うと音楽は鳴りっぱなしだな。

だがまさか10分もくっちゃべってる場面を延々と、前作とお~んなじように同じ俳優によって見せられるとは思わなんだ(褒め言葉)!誰にも話しかけねえ!前作のオッサン!!来てくれー!!!助けてくれー!!!!

年齢を重ねた二人、、二人にとっては至福、見守る人によっては苦痛を感じたり退屈に思う人も多かっただろうね。何故俺は退屈に感じなかったのだろうか。

指先が現す銃、カフェでも身振り手振りと舌は止まらない、食事。
「裸見ないと」
上着を脱ぎ、髪を下し、煙草をたしなみ、落ち葉、路地。おっと、ここまで頑張った観客に言いたい。どうかカフェで切らないで欲しい。

路地から歩道橋の上へ、公園を通り、短い橋を渡り、木漏れ日、ラフな格好は男を誘っているからなのか、上着は脱いだまま、性の話は女を求めているからなのか。

会話は前作とのギャップに戸惑う瞬間も。
突然椅子へ彼女を誘う、階段を下りたりすべり下りたり、川沿い。
黙ると死ぬのか!?船すら止まってやがる!!動け!動けってんだよこの野郎!!!動き出してくれてほっと一息。

船が動き続けることで髪と薄布もなびき続ける、船上でも男は姿勢を変え続け女も座る、橋はトンネルとなって影を落とし日も少しずつ傾く。
「細かいところに目がいっちゃうの」
そうなんだ、気をまぎらわそうとしてあらゆる仕草を見ざる負えない。車に乗っても喋り足りない。
運転手「うるせえなコイツら」

哀しそうな顔で触ろうとしてやめる手、路地を曲がる瞬間に雰囲気が明るく、抱擁、路地裏、猫、住人の紹介、自宅へ御招待、一曲、上着を脱いでくつろぐ、ギターを抱えて歌う、写真。
CDの音楽が流れ、二人は黙り…なんて思っていた瞬間が俺にもありました。

身振りでコンサートの様子を伝え、その後は二人だけが知っている。沈むであろう姿も映されて。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2016-08-26 07:38:04)(良:1票)
78.イーサン・ホークの眉間に刻まれた“シワ”が、9年という時の流れをあまりに雄弁に物語る。
「時間」を自由に操作できることは、映画という表現方法ならではのマジックであるはずだが、それを排し、実際に9年の時を刻んで描き出すことによるまた別のマジックが、この映画には溢れている。
リアルタイムに過ぎ去った時間を経た二人が、映画の中のリアルタイムで邂逅する。
この映画の80分という時間は、まさに映画表現が生み出した奇跡だ。

映画世界の中で、リアルに歳を重ねた主演俳優の二人がやはり素晴らしい。

素人感覚だと、映画のキャラクターと同様に実年齢を重ねられたことで、よりリアルな演技がしやすくなるのではとも考えてしまうが、実際はそういうわけではないだろう。
両者とも一流俳優として9年間で幾つもの役柄を演じ続け、幾つものキャラクターの人生を辿った上で、再びかつて演じたキャラクターの人生に戻ってくるというアプローチは、きっと素人が考える以上に困難なことだったと思う。
その上で、9年ぶりに出会った二人が再会し与えられた時間である“80分間”を、そのままの時間で“会話”のみで演じてみろというのだから、一流俳優であっても極めて高い要求だったに違いない。

その高いハードルを阿吽の呼吸で越えてみせた両俳優の技量は流石だと思うし、そこには技量の高さを越えた俳優同士の肌感覚の相性の良さがあったのだろうと思う。
それはこの二人の俳優のキャリアにとっても、とても幸福な出会いだったろうと思える。
その一方で俳優の実生活においても多大な影響を及ぼしたであろうことは想像に難くない。

前作においても、二人の男女の微妙な心情がそのまま表れる名シーンが数多く存在したが、今作でもそれは随所で観られる。
ヒロインが抑えてきた感情をさらけ出す白眉の車中シーンは、1テイクで撮ったらしく、映画史においてもまさに奇跡的なシーンと言えるのではないか。
またヒロインのアパートの階段を二人が一歩ずつ上がっていくシーンには、再び深まっていく二人の情愛と、月日を経たからこそ生まれるためらいがせめぎ合い渦巻いているようだった。

そして、あまりに印象的なラストシーン。

「Baby you're gonna miss that plane.」
「I know.」

きっと男は、搭乗時刻が迫る飛行機には乗らなかっただろう。
きっと二人は、再会した瞬間に、大きな「期待」とそれと同等の「覚悟」と共に、別々に歩んできた9年間との決別を決めていたのだろう。


さあ、次はまた9年後。
一時の感情を努めて抑えて離れ、今度はその時の後悔を胸に一時の感情に従うままに結ばれた二人が、どういった9年間を送り、また何が変わり、何が変わらなかったのか。
“覚悟”をして観たい。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-10-01 23:52:29)(良:1票)
77.《ネタバレ》  二人の掛け合いを延々と見ていくだけのストーリーだが、男女関係の素晴らしさを垣間見える映画です。
 一作目同様、二人の掛け合いを見ているだけで落ち着けるし、鑑賞後はとても幸福な気持ちになれる。
 特に終盤のヒロインの歌は心に残り、何度も見返したくなるくらい。

 名作というレベルではないかもしれないが、定期的に見返したくなる愛着の湧く良作だった。
 パートナーとの関係性に疑問を感じるような時期に見ると良いかも。
 又、カップルで見るのもおすすめ。
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-07-18 01:51:14)
76.ネタとしてはいいけど、映画としてはやっぱり退屈でしょう。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-26 00:26:56)
75.前作から9年後に同じキャストで9年後の世界を描いた今作、そしてまだ観賞していませんがさらに9年後の3作目へという流れ、また今作の映画の中の時間と実際の時間がほぼ同時進行している設定等、なかなか新鮮で面白かったです。3作目への布石とも思える曖昧なラストは、それぞれが背負っているものへの影響をあれこれ考えるより今の思いを最優先したと解釈したいです。前作で約束した半年後の再会が叶わなかった理由が明かされていく過程や別れの時間が迫りくるストーリーもなかなかミステリアスでサスペンス感にあふれ、1作目よりもずっと面白い映画だと思います。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-22 22:25:55)
74.《ネタバレ》 半年後に会えなかった事に対して、久々に再会した二人はお互い大人の対応で、ウィットあり下ネタありの二人らしい会話で進行してゆく。いよいよ別れが近付いた車中での会話あたりから、この作品の前作とは違う部分が現れる。ラブストーリーの続きには、後悔や悲しい現実があった。笑い飛ばしていた二人は、実はその別れによってそれぞれ深い心の傷を患い、再会をきっかけに塞がりかけていたその傷から再び血が流れ始めたみたいな、ちょっとシリアスな側面を見せる。ラストは二人らしい雰囲気のままさらっと終わらせてくれたのがまた良かった。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-07-18 10:36:37)
73.《ネタバレ》 前作は見終わったあと、甘酸っぱい感じが残りましたが、この作品は、ほろ苦い感覚が残りました。前作が二人とも、恋人と別れた直後というシチュエーションだったのに対して、今作では、ジェシーに妻と子供がいるという、素直に二人を応援できる状況ではなかったからかもしれません。最後にアパートの階段を登って行く時のセリーヌ(ジュリー)の表情は本作のテーマである会話では表せない感情を見事に表していると思いました。私にとっては記憶に残る良作だと思います。
モリーさん [DVD(字幕)] 8点(2014-04-20 20:44:52)
72.前作からの流れですんなり入り込める。とにかく主役のふたりがこの長廻しを堂々と自然に演じているのに脱帽。ラストはこっちの方が好み。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-04-05 20:14:32)
71.実は前作をみずにこっちから観たんですが全然楽しめますね。彼ら二人の会話ってのは悩みというかそういうの含めて、なんかいいなあといううらやましい感じです。全体的に雰囲気が最高です。
ポン太氏さん [地上波(字幕)] 9点(2014-02-07 17:37:11)
70.会話の表情とか、距離感の描写に全力を傾けている映画。公園の散歩→船→車→家と、次第に近寄っていく。そして会話が最後には歌に至る。恋ですなあ。実際の9年の歳月が挟まれているわけ。フィルムが記録のためにあることをここまで徹底して極めようとした姿勢に、とにかく圧倒されます。でも前作ほど見てておろおろしないですんだのは、ちょっとこっちも醒めて見ていたよう、あるいは「記録」ってことが、ビデオで簡単に行なわれる時代になってしまったからなのか。向こうのせいなのか、こちらのせいなのか、よく分からないのが本当のところ。こういうことやり続けてる監督がいるのが嬉しいのは間違いない。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-31 09:26:59)
69.《ネタバレ》 とにかく脚本が秀逸で、よくこのようなストーリーを考えることができるものだと思う。もちろん、それを違和感なく演じることのできる主演の二人(もちろん撮影カメラマンなど周辺のスタッフ)も素晴らしいので脚本の良さを実感できるのだろう。
内容は、前作に比べて会う時間が短い分、よりリアルタイムに進む。青年から壮年に向かう30代の機微を現した会話がやはり魅力的。時間がないためか早口すぎて味わう余韻がないが、ウィットに富んだセリフは前作から変わらない。セリーヌのヒステリーやイーサンホークの家庭の現実などの影の部分もきっちりと描かれており、それがゆえに観ているこちら側もややストレスを抱え込みながらも引き込まれてしまう。
個人的には、もっとオプティミスティックでユーモアに富み、ゆったりとした会話のほうが好みなのだが、これはこれでセリーヌたちの等身大を見ているようで良いと思う。
ラスト、またまた結論を出さずに観客の判断を問うかのような結末がまた秀逸である。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-22 09:02:42)
68.絶妙な会話。相手の気持ちを読みあいながら、しかもリアルタイムで展開する。
こういう関係って無いようで、でもあるな、という感じ。

終わり方は微妙だが、この続編がまたあることを考えるとこれもまた絶妙か。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-21 20:18:34)
67.女子または女子っぽい方のための映画。私も女子です。素敵なデートムービー。この頃のイーサン・ホークのビジュアルに+1点。本編と続編が似た感想だったので2作で1本とします。同じ点数。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2013-09-26 16:12:25)
66.まさに前作の後日談、終始二人だけの会話だけど9年前の思い出が蘇るとともに、そのときわからなかったことがわかったり、変わってしまったことなど諸々・・・。前作は1日の出来事だったが、今度はそれが数時間に短縮され、より濃厚によりリアルタイムで進行する。そしてまた余韻を残すエンディングがまた良い。前作をもう一度見直せば、前作もこれもまた評価が上がると思うが・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-06 02:51:36)
65.素敵な続編。
枕流さん [DVD(字幕)] 8点(2012-07-01 11:37:02)
64.《ネタバレ》 前作に比べての二人の老けっぷりにちょっとびっくりしてしまったが(特にイーサン・ホーク!)、大人になって色んな事情を抱えて素直になれない二人のこのラストシーンはブツ切りだけど最高に良い。もう飛行機乗らないでこのまま二人でいればいいぢゃん!って言いたいよね。
HIRABAYASHIさん [DVD(字幕)] 7点(2011-04-17 20:48:00)
63.ストレートな恋愛物だったのですが、抵抗無く見れました。特に起伏があるわけではないのですが、見てる方も少しハラハラしました。
終わり方もいいところでエンドロールが流れたのでハッピーエンドでしょ。
ジュリーテルビーはあいかわらず可愛いですね。
さん [DVD(字幕)] 8点(2010-06-10 21:38:48)
62.《ネタバレ》 9年後の再会ということで、一見よどみなく話しているようで、それでいてお互いの真意をさぐりあっている様が本当にリアルだ。80分の短い映画だけれど、ほぼ全編しゃべりっぱなし。この映画の素晴らしいところは、「会話」が主役の映画なのに、登場人物の感情や微妙な関係性を描くのに「言葉」に頼っていないところ。その最たるものが、ラストのアパートのシーンだと思う。それまでしゃべりっぱなしだった二人だけれど、アパートの二人は、核心に触れるような言葉を交わすことなく、身振りと視線と音楽で「会話」する。そこから終幕への流れは、本当に素晴らしいものでした。脚本にも参加したという主演2人に拍手喝采です。
ころりさんさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-26 14:14:24)(良:2票)
61.《ネタバレ》 時間の力を実感しました。出会ったころとは色々なことが変わっていたし、色々なことが変わらなかったようです。このシリーズ、とくに起伏があるわけではないのに、どうしてこんなに引き込まれるのでしょうか。ちなみに、個人的には前作の方が好みでした。
lalalaさん [DVD(字幕)] 7点(2009-12-29 12:58:43)
60.《ネタバレ》 数年ぶり2度目観賞、次作公開のための復習。ラブコメ会話劇、シリーズ第2作。白昼のパリで偶然9年ぶりに再会した男と女が夕方までクッチャべる、べしゃり昼マラソン。止めどない会話を続ける二人を静かに追うカメラは健在。あのヨルに結ばれることなくそれぞれ別の人生を歩んでいた二人、当たり前だけど切ない現実を感じる終わり方でした。ジュリー・デルピーのウタはレア物。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-24 00:46:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 7.47点
011.27%
100.00%
200.00%
311.27%
433.80%
500.00%
61417.72%
71518.99%
82632.91%
91215.19%
1078.86%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.83点 Review6人
2 ストーリー評価 8.00点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.36点 Review11人
4 音楽評価 8.33点 Review9人
5 感泣評価 8.33点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
脚色賞リチャード・リンクレイター候補(ノミネート) 
脚色賞ジュリー・デルピー候補(ノミネート) 
脚色賞イーサン・ホーク候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS