マッスルモンクのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 マ行
 > マッスルモンクの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

マッスルモンク

[マッスルモンク]
Running on Karma
2003年
平均点:5.40 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-10-02)
アクションサスペンス
新規登録(2004-10-17)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2004-11-05)【ハイラムK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョニー・トー
ワイ・カーファイ
演出ユエン・ブンアクション監督
キャストアンディ・ラウ(男優)ビッグガイ
セシリア・チャン(女優)囮捜査官リー・フンイー
ユエン・ブン(男優)
脚本ワイ・カーファイ
ヤウ・ナイホイ
制作ミルキーウェイ・イメージ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》  前半から中盤にかけては面白かったのに。普通に楽しめるサスペンスアクション。クライムムービー。テンポもよく、ノリも良い。
 その人の『業』が見える。『業』が見える人は死期が近い。『業』によってその人の死に方も推測できる。面白い試みです。
 『サイコメトラー』とか、それに近いテイストになりますね。
 『前世がカブトムシってどうなん?』とかも思ったけれど、よく考えると面白い。
 女刑事とコンビを組んで、『業』を見て、『筋肉』『カンフー』ふりまわし、悪い奴をやっつけちゃうぜ、っていうよくあるパターン。嫌いじゃないです。むしろ大好き。
 犯人も個性的で良い。バッグの中に人を引きずり込むインド人はインパクト大。出だしの相手としては完璧。2番手のウナギのような泥棒も、箸休め的な意味として最適。これは面白い作品に出会ったものだと、非常に満足。
 『そしてここから一気にクライマックスのエピソードが始まるわけね。』と勝手にわくわく。
 ところがところが。後半は全く違う映画になっちゃいました。
 前半であれだけ盛り上がったこの気持ち。いったいどこへ持っていけばいいのやら。
 変な宗教観。変な精神世界。アクションはなくなり、女刑事は殺される。女刑事が殺されるところだけが、やたらグロい。
 生々しくて、趣味が悪くて、爽快感が無くて、カタルシスもなくて、意味もわからない。
 ずっと前半のテイストでいってくれれば、最高に面白い作品になれたのに。
 なんでこんなことになってしまったのか、理解に苦しみます。
 とてもラストのアンディラウみたいな、爽やかな気持ちになれないんですけど!
たきたてさん [DVD(吹替)] 3点(2016-12-18 22:15:07)
9.《ネタバレ》 かなり想像していたのと違ったけれど、憎しみの連鎖を断ち切り、新たな命・始まりを表す綿毛舞う中、煙草をくぐらせ歩き出すラストシーンのアンディラウが滅茶苦茶かっこよくて、それだけで見る価値があったなあと思う。渋い!
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2011-04-07 06:56:46)
8.以外やん。
ジダンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-11-10 07:22:11)
7.《ネタバレ》 ラウさんのアイドルな笑顔やリアルな肉襦袢の下に隠された仏教説話。
ツッコミどころは満載でマンガっぽい展開ですが楽しめました。
敵を理解しようとすること。
敵もまた自分の世界の一部であること。
最後の最後にどどーんと来たので7点献上。
えんびすさん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-13 22:38:18)
6.アンディ・ラウの筋肉ボディ肉襦袢が、とてもよく出来ていて、贔屓目に見たら85点くらいつけたくなっちゃう仕上がり(逆にいえば、どんなにオマケしても15点は減点したくなるのだ)。この筋肉が実にダイナミックで、こんな巨体は他には小橋建太くらいしか見当たらない。で、この筋肉男が、TVでお馴染みのインチキ超能力捜査官みたいに特殊能力を発揮しつつ、ナゾのクネクネ男と戦う映画・・・かと思いきや、ぞれは前半まで。後半は宗教臭いような展開、しかも「おいおいちょっと違うんじゃないか」と違和感ありまくりの展開で、先を読ませず、なかなか意表をついてくれます。ラストは筋肉男vsボロボロ仙人! って、これじゃあまるで、小橋建太と本田多聞がシングルマッチで戦ってるようじゃないか(プロレス観ない人、ごめんね)。いやはや不思議な映画でした。それにしても最近TVでよく観る超能力捜査官というやつ。まさかアレを真に受けている人はいないと思うけど、気をつけましょう。
鱗歌さん [地上波(字幕)] 7点(2006-07-30 22:48:17)(笑:1票)
5.《ネタバレ》 思いっきり肉襦袢を着たアンディ・ラウ。展開からして、コメディにしか見えないが、終盤になって突然ホラーチックに。なんだかねぇ。
MARK25さん [DVD(字幕)] 4点(2006-05-19 19:29:38)
4.あの「マッチョボディ」はCG?それとも特製スーツ??ホントに良くできているなあ、と感心させられました。ただ、話自体は微妙というか、終盤はちょっとわからなかった。どこに主眼を置いているのかがはっきりしていないし、バランスもとれていないような気がする。タイトルに”マッスル”なんてついてるものだから、バリバリのアクション映画だと思ってたらそうでもなく、ジャンル的にはドラマに近い感じですね。それにしてもレビュー数が少ないですね・・・実は私の場合、ほぼ同時期の別の映画「バレットモンク」と勘違いして本作を観てしまったんですが(笑)同じように勘違いしてる人も結構いるのでは?(いや、いないかな・・・)。自分の勘違いは棚に上げて言うのも何ですが、まぎらわしい邦題をつけたのがいけないんだと思います。
長毛さん [地上波(字幕)] 5点(2006-04-22 12:51:52)(良:1票)
3.香港映画特有の馬鹿っぽさで幕を開けつつも、演出は終始シリアスで、話も仏教的死生観に基づいた湿っぽい方向に流れていく。ノワール系の監督二人では、ツイ・ハークみたいに馬鹿に徹しきれなかったんでしょうか。それに大スター・アンディ・ラウの扱いに負けない位、アジアの聖女・セシリア・チャンの扱いも酷いゾ(彼女のダミ声は益々磨きがかかってきたなぁ…)。ところで、「自らの業は自らにはね返る、よって憎悪の連鎖は断ち切らねばならない」というクライマックスの展開は、現在の世界情勢を表してるのかもしれません。そう考えると、信仰を捨て不必要に筋肉をまとった「大きい人」という名の主人公は、マッチョなアメリカの象徴。大きい人が筋肉を脱ぎ捨てた時、本物の平安が訪れるのです。深読みし過ぎの5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-10-26 00:05:30)(良:2票)
2.あれれれれ?コレ結構な話題作だと思っていたのにレビュー少ないなぁ・・・そう思っていたのはわたしだけだったのですかね。とにかくアンディ・ラウのマッチョマーンスーツ、いやボデーを見るだけでもレンタル代くらいは出してもいいと思うますよ。初っ端から思わず「え~・・・」と心の声が口から出てしまいましたし。なんで僧侶がマッチョマーンなのか?その必要性は劇中どこにあったのか・・・結局最後までわからなかったけど、そんなことはどうでも良いんですよ、見た目が面白ければ、きっと。劇中の女子たちはそろってアンディのマッチョボデーを見て「キャーカッコイイ!」「抱いて~」(言っていたかな?)状態なんですけど、わたしはいくらオナゴにキャーキャー言われるとしても、顔は普通で体はスゲーマッチョマーンなんてみょうちくりんな体にはなりたくないですね。マッチョマーンのわりには、首が細いから脳を揺らせば勝てますわ。それでも中盤までは馬鹿丸出しのストーリーで”コンパクトに収納可能なインド人”や”うなぎおやじ”との対決が面白かったのですが終盤意味わかんなくなっちゃったかな。それにしてもアンディって香港を代表する二枚目スターだと思うのだが、ほんと仕事選ばないですね。そんなアンディをカズゥー柔術はこれからも応援します。
カズゥー柔術さん [DVD(字幕)] 5点(2005-05-20 11:51:30)(良:1票)
1.マッチョなアンディラウってどんなだろう、と興味が湧いたので見てみた。率直な感想は、まるで空気を詰め込まれた風船人形みたい。なんかぷゎんぷゎんしていて憎めない奴だ。これでもう少しインド人と(別の意味で)絡んでくれたら言うことなかったのに。ストーリーなんかどうでもいいと思っていたが意外にも仏教のありがたいお話だった。だからどうした。
ぷりんぐるしゅさん [DVD(字幕)] 5点(2005-05-05 18:41:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
200.00%
3110.00%
4110.00%
5440.00%
6110.00%
7330.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS