Menu
 >
 >
 > ヒドゥン(1987)

ヒドゥン(1987)

The Hidden
1987年【米】 上映時間:100分
平均点: / 10(Review 104人) (点数分布表示)
アクションホラーサスペンスSFシリーズもの刑事もの
[ヒドゥン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-02-14)【M・R・サイケデリコン】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャック・ショルダー
キャストカイル・マクラクラン(男優)ロイド・ギャラガー
マイケル・ヌーリー(男優)トム・ベック
エド・オロス(男優)クリフ・ウィリス
クルー・ギャラガー(男優)エド・フリン警部補
クリス・マルケイ(男優)ジャック・デヴリース
クローディア・クリスチャン(女優)ブレンダ
リン・シェイ(女優)キャロル・ミラー
ダニー・トレホ(男優)囚人の男
ジャック・マクギー(男優)バーテンダー
テッド・ホワイト[スタント](男優)ファウラー捜査官
スティーヴ・イースティン(男優)スタット捜査官
松橋登ロイド・ギャラガー(日本語吹き替え版)
田中秀幸トム・ベック(日本語吹き替え版)
飯塚昭三ジョナサン・ミラー(日本語吹き替え版)
筈見純ジョン・マスターソン(日本語吹き替え版)
池田勝クリフ・ウィリス(日本語吹き替え版)
嶋俊介エド・フリン警部補(日本語吹き替え版)
江原正士サンチェス(日本語吹き替え版)
脚本ジム・カウフ
音楽マイケル・コンヴァーティノ
撮影ジャック・ヘイトキン
製作マイケル・メルツァー
ロバート・シェイ
ニュー・ライン・シネマ
特殊メイクケヴィン・イエーガー
ハワード・バーガー
ロバート・カーツマン
特撮ドリーム・クエスト・イメージズ(視覚効果)
字幕翻訳菊地浩司
スタントコール・マッケイ
リック・エイヴリー
あらすじ
ロスで物静かな紳士が突然、白昼に銀行強盗を行う。彼はすぐ捕まり、病院に運ばれるが、彼は死に、代わりに同室の男が強盗を繰り返すようになる。一体何が・・・一方、警察の方にもギャラガーと名乗る男が現れ、異常犯罪を行う犯人を追いつめていく。「ロボコップ」を破ってアヴォリアッツ映画祭でグランプリを獲得したB級SFの傑作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
104.30年ほど前の作品で、今見ても面白いが、当時としてはもっとインパクトがあったと思う。
細かい設定が雑で、B級映画の印象を拭えないのが惜しい。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2016-07-25 01:44:10)
103.《ネタバレ》 娯楽映画としては最高の部類。
マクマラクランの哀愁も、SFとしての仕上がりも、アクションシーンの
見せ方も、この時代としては出色の作品。

唯一残念なのが、体の乗っ取りのシーンが、敵がやる時はおぞましくて
コチラ側は光がキラキラで表現が、つい失笑・・ そこだけマイナス。

例えば、どちらも影だけの演出などとして、ハッキリ見せない手法でも
良かったのでは・・? 
異星人が体乗っ取りって、いろいろありましたよね。
ボディスナッチャーとか、物体エックスとか。

このヒドゥンでは、悪玉異性人の快楽まっしぐらのブチ切れ暴走っぷりが
スパイスになっていて、娯楽性向上してます。

そろそろリメイクしてもいいんじゃないのかな?
ただ、マクラクランのような神秘的な俳優が居ないのが問題かも。
グルコサミンSさん [地上波(吹替)] 9点(2016-04-04 23:32:54)
102.《ネタバレ》 非常にスリリングなSFサスペンス。
一般人の中に入り込み無軌道な狂気を縦横無尽に振るい、身体が使い物にならなくなったら次の身体へ。
しかもフェラーリ大好きな極悪宇宙人。そして上手にいい身体を次から次へ手に入れて行く様はマジで恐ろしい。
そしてそいつを追う二人の刑事とFBIがカッコいいったらありゃしない!!!
マイケル・ヌーリーのなんと芯の強そうな事!そして不思議なイケメン・カイル・マクラクラン!このコンビがとにかく絵になる!
ラストの結末、彼は本当にベックなのか、それともロイドなのかはわかりませんが、あと引く感じも非常に痺れる映画でした。
えすえふさん [DVD(字幕)] 7点(2015-07-29 22:30:48)
101.昔、「日曜洋画劇場」で頻繁に放映されていて、解説の淀川長治氏が軽妙な名調子で「カイル・マクラクラン」と主演俳優の名前を発していた記憶は明確にあるのだが、作品自体を観るのは初めてだった。

イケメン好き(意味深)の淀川さんが軽妙に推していた通り、この映画が成功した要因の一つは、カイル・マクラクランという俳優が、この時代にいたことだと思う。
“パラサイトの”の恐怖を描いたSF作品は多いが、正体不明の“侵略者”に対峙するのが、正体不明の“追跡者”であるという構図がこの映画のユニークさであり、その追跡者を演じたカイル・マクラクランの独特な存在感が、今作の娯楽性を高めていると思える。
決して巧い演技をしているわけではないけれど、画面に登場した瞬間から醸し出される“得体の知れなさ”は、多くの名匠が個性的な作品で彼を起用した所以だろう。

この映画のユニークな所は、次々に寄生先を移り変わっていく侵略者の恐怖のみを押し出すわけではなく、随所に挟み込まれるコメディ要素や、主人公たちによるバディー感、そして最後には喪失と復活に伴う感動など、幅広い娯楽性がバランス良く配置されていることだと思う。

SF、ホラー、アクション、ドラマを散りばめられた今作は、“ファンタスティック!”という一言に相応しいエンターテイメントだ。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-10-13 15:30:51)(良:1票)
100.《ネタバレ》 ○クリーチャーがいろんな人物に乗り移っていくためテンポも良く見られた。○細かい点ではかなり雑な印象。クリーチャーの行動の目的が魅力的でないし、それを倒すための武器が一つしかない点などもっと練ってほしかった。○カイル・マクラクランのどこか悲壮感漂う演技派印象的だった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-05-06 19:00:56)
99.《ネタバレ》 地球外生命体(イカモグラみたいな奴)の人への寄生場面を早々に披露してしまったのは勿体無いと感じました。本作最大のセールスポイントとなるSFXであり、かつ物語の肝となる設定。最終ターゲットへの寄生シーンまで具体的な描写は温存しても良かったと思います(あれやこれやと観客の想像力を利用する意味でも)。また、エンディングのサプライズは、描き方に少々問題あり。余計なオブラートです。あれではアイツと彼が同族ではない印象を与えかねません。彼の中身もまたイカモグラである事は、物語の余韻を左右する重要ポイントと考えます。グロテスクな描写を避けたいのなら、単純にカットで問題ありません。不満点は以上の2点。それ以外の設定・描写は見事に自分のツボにハマりました。スーパーカーとロックを嗜好する宇宙人(?)なんて遊び心の効いた設定は、まさに大好物。カントリーミュージックのレコードプレイヤーを投げ捨てる姿に大笑いしました。またアイツは女性のボディ(おっぱい)に興味を持っていましたが、性的な意味を持たせなかったのも大正解。企画ものAV紛いの下品な描写は要りませんし、結末の価値も保たれました。それにしても『ゼイリブ』、『トレマーズ』、『ドクター・モローの島』とか、B級カテゴライズながら本当に面白く、且つ大衆性も備えた映画を数多くローテーション放送していた日曜洋画劇場って凄い番組だったなあと改めて感じました。吹き替えの出来も神懸かり的。当時は淀川さんも作品選出に携わっていたのでしょうか。若干、懐かしさ込みの採点ですが、映画ってそういうものだと思うので。
目隠シストさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2014-01-25 19:58:36)(良:1票)
98.《ネタバレ》 評価されすぎな気もしますが、当時は斬新だったんでしょうね。カセットテープの使用など時代を感じます。オープニングから「グランド・セフト・オート」をプレイしているかのような映像が流れます。ボコボコ凹むフェラーリ、パトカーの道封鎖、一般人を平気でひき殺すあたりが特にね。作品自体は非常に地味で、敵エイリアンも1体のみです。不死身というのを除けば、知能もそれほど高くなく、特筆した点がありません。ようするにインパクトに欠けるんですよね。CG全盛期の今となっては過去の作品。
マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 5点(2014-01-25 16:10:19)
97.《ネタバレ》 ●ロイドがベックに乗り移るシーンだけ強烈に記憶していました。数年ぶりに最初から鑑賞しましたが、本当に良くできていると思います。●初っ端のカーチェイスから引き込まれます。運転者視点のスピード感、強引なターンの連発、たまりません。●操る肉体を次々と替えていく異星人、それを追う刑事。物語もすごく分かりやすい。●スーツをキッチリ着こなすロイドと着崩したベックの対比が素敵ですね。●そしてラスト。なるほど、ロイドもあの悪党と同じ体の性質を持つのですね。●乗り移られた人間(その人の意思はどこに行ってしまうんでしょうか)の無表情な様は、確かに寄生獣に影響を与えたように思います。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 9点(2013-11-09 13:38:46)
96.カイル・マクラクランがツインピークスそのまんまのキャラクターで登場しています。というか彼ってホント不思議なキャラクターだと思います。で、本作はというと、カーチェイス、銃撃戦、エイリアンと観客を満足させる要素は揃っているのですが、今見ると、どうしても古さを感じさせてしまう。何か注文したものがあるかといえば、何もないし、可もなく不可もなくといったところです。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-11-05 05:03:29)
95.実に20年?ぶりにこの映画を観ました。で、観てわかったのですが、私、いつのまにやら「エイリアンネイション」とこの映画を混同してたようです。映画を観ていて「あぁそうかそうか。ヒドゥンってこれか…」と記憶が段々とよみがえってきて自分の勘違いに気づいたのです。ほら時期的にも同じ頃だし、内容もかぶるし…しょうがないよね、うん。
念のため整理すると、「エイリアンネイション」は腐った牛乳の方。海水で溶けるのが「エイリアンネイション」。心臓がふたつあるのが「エイリアンネイション」。あと何があったっけ…。てかエイリアンネイションの方が印象深いようです、私。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-24 23:10:56)
94.《ネタバレ》 これは本当に面白い! 「フェラーリと大人の女性が好みの悪役」対「ポルシェと少女が好み(ロリコン)の味方」なんて初期設定からして面白すぎ。カッコ付けて表現するなら「アイディアと熱意は何物にも勝る」事を証明した映画とも言える。あの「ターミネーター」を差し置いてアボリアッツ映画祭でグランプリを獲得したのも納得。 映画好きならごちゃごちゃ言わずに予備知識無しで直ぐに観るべし!!
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2013-04-16 11:58:48)(良:1票)
93.《ネタバレ》 高評価に期待して観てみたけど期待はずれだったかな。敵がずっとあの調子で9年逃げ続けててたってとこがピンと来ず、展開や銃撃戦にもこれといった緊張感も感じれらない。B級だからしゃーないといえばそれまでかもしれないが、結局「我慢して最後までみた」感じになってしまってた。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-10-01 02:21:48)
92.《ネタバレ》  大好きな従兄は六つ年上だった。近所に住んでいた彼は良く一緒に遊んでくれた。ファミリーコンピュータを教えてくれたのもニイだ。江戸時代や縄文時代の遊具と何ら変わらない古代の記号性を持つ電子デバイスが僕の心を釘付けにしたのはもうとんでもない昔のことになる。

 中学生にもなるとニイは遊んでくれる時間が減ってきたが、駄菓子屋で乙な組み合わせだとか、正しいゴルゴの読み方などのあまり役に立たないがキラキラした物を僕に植え付け続けた。曰く
「世の中を生き抜くには粋さ加減じゃん?」

 だけど、進学校に行く事を知って最初の夏を迎えると、あまり遊ばなくなってしまった。代わりにニイと一緒にいるようになったのはニイと同じ高校に進んだネエと呼んでいた僕の、というか僕たちのはとこだ。
 言っておくが彼女は僕らのヘプバーンである。この夏から僕らは最大最強の敵対勢力として相対する事になった。
 実は、僕ら三人はかなり一緒に居たのだけど、断じてニイと僕は遊んでは居ない。最大の敵同士というのはそう言う物だ。とにかくケチをつけ合うのだった。
  逆襲されると嘘泣きしながらネエに抱きついたりする訳だ。
 「よしよし、ニイちゃん乱暴でちっとも粋じゃないじゃんねー」
 と、 僕は、完膚無きまでにたたきつぶしてご満悦のつもりだった。
 でもそんな日々はたった二年半しか続かなかった。彼らは高校を卒業すると横浜に行ってしまった。一人残された僕は、同級生との遊びの中で、ふと彼らの「粋」を時々思い出してはちょっと切なくなったりした。


 僕ら三人の友情は何故か日曜洋画劇場で結ばれており、何度も放映されるヒドゥンを見ては、最後にしびれるだの、ギャラガー様がカッコ良すぎるだの、でも寄生虫は気持ち悪いだのと夜中までうるさくしゃべっては、夜中にうるさいと怒られたりもした。
 そんな日々が無くなってしまった寂しい中学生が気づくのは何年も後。
「何で湘南の実家から、横浜の学校に行くのに独り暮らししてんだよ。ちっくっしょお」
 完全に騙されていたのだった。ニイとネエはこの頃完全にデキており、子供の僕に切ない雰囲気の別れをでっちあげた上で学校の近所に引っ越していただけであった。

 ちなみに今このことを言うと、「いや、君は全く純情であった」と、ニヤニヤする従兄の横で悪びれないネエが言い放つのであった。
 全くのヒドゥンである。
黒猫クックさん [地上波(字幕)] 8点(2012-09-09 21:41:24)(良:1票)
91.《ネタバレ》 まず邦題、“Hidden”をそのままカタカナにしたのがナイスです。ほとんどの日本人には通じない単語だけど、“ヒドゥン”と表記されるとなにか怪しく禍々しい雰囲気が伝わってくるから不思議なものです。 アクション映画は星の数ほどあるが、これほどのスピード感が持続する映画は滅多にあるもんじゃない。この映画はもちろんSF・アクションだが、バディ・ムーヴィーとしてもいい味出しています。ギャラガーとベック刑事の掛け合いはテンポが良くて、ラストには思わずホロリとさせられます。善玉も悪玉も、なぜかエイリアンはフェラーリやポルシェみたいなスポーツ・カーがお好きみたいなのも、可笑しい。 色んな過去の映画からの影響が感じられますけど、個人的にはこの映画は『ウルトラマン』の第一話にインスパイアされたのではないかと思います。ベムラーを追っかけて地球まで来たウルトラマンが瀕死のハヤタ隊員に乗り移る、あのプロットですよ。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-07-22 21:43:02)(良:2票)
90.《ネタバレ》  うわぁ。懐かしい。かなり久しぶりに見ました。最後に見たのは中学生くらいのときか・・・・
 今見ると、なんか寄生獣を連想しました。寄生獣の作者もこの映画見たのでしょうか。乗り移られる人達の表情がこれまたなんとも。すばらしい顔芸ですね。
 刑事ドラマとしても楽しめるんですよね。ベック刑事とロイド(宇宙人)が少しずつ距離を縮めていく様子がたまらんです。二人のやりとりも最高に良い。ベック刑事が何気にロイドを気遣っていて・・・
 要所要所に笑いを入れているのもまた良い。
 ラストだけよくわからなかったのですが、娘の表情を見ていると、ベックは死んで、代わりに宇宙人がベックの中に入ったのでしょうか・・・
 それともナメック星人のように融合しただけで、意識はベックのものなのでしょうか・・・・
 うーん、気になる。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-18 01:22:28)
89.いや面白かったねえ、これ。発泡しない錠剤をぽとん、と水に落とすカイルくん。きゃー。愛しいのなんの。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-11-14 23:25:46)
88.B級SFといえばコレ。と言っても過言ではない?
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-27 19:20:21)
87.そこそこよくできてる映画。
承太郎さん [ビデオ(吹替)] 7点(2011-07-29 15:53:35)
86.《ネタバレ》 この頃のカイル・マクラクランが最も輝いていた?!
当時からD•リンチ監督の秘蔵っ子だった事もあるが、他の出演作をとっても異星人っぽい、いわゆるミステリアスな雰囲気を感じさせる役柄が多かったように思う。
そんな佇まいが自分にとってはツボだったわけで、この作品もいわば彼なくして成立しなかったのでは?と思えるくらいマッチしていた。
“人間の身体を乗っ取る宇宙人"という題材自体は、古くは「ボディ・スナッチャー」「遊星からの物体X」や「ハワード・ザ・ダック」、近年では「スリザー」などが同じような分類に入るのかな。B級も含めると他にも数多くあると思うが、今となってはSFの王道的なジャンルとなった。
今観ると古めかしく感じるのだが、低予算でありながらも役柄や構成など実によく出来ていて、このジャンルのいいお手本であり基本形をつくったといっても過言ではないだろう。
何より命を賭して相棒を救う結末がホントに泣ける。そんな感動をあたえてくれたSFホラーは後にも先にもこの作品だけだ。まさに唯一無二の作品。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-27 21:07:30)
85.理屈抜きで面白い、男性向けSFアクション。
単純なお話に、作りもチープな低予算映画だが、アイデアと設定がいい。
上映時間も長くも短くなく、ストーリー展開にぴたりマッチしている。
感覚的に言えば、スピルバーグの「激突!」に通じるものがあり、
「これぞB級作品!」といったお手本のような映画。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-07-21 06:59:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 7.47点
000.00%
100.00%
200.00%
310.96%
410.96%
576.73%
61110.58%
73331.73%
82927.88%
91413.46%
1087.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.87点 Review8人
2 ストーリー評価 7.66点 Review12人
3 鑑賞後の後味 7.70点 Review10人
4 音楽評価 7.22点 Review9人
5 感泣評価 6.83点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS