狂っちゃいないぜ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 狂っちゃいないぜ!
 > (レビュー・クチコミ)

狂っちゃいないぜ!

[クルッチャイナイゼ]
Pushing Tin
1999年【米】 上映時間:124分
平均点:5.71 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-18)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・ニューウェル
助監督フィリップ・C・ファイファー(第二班監督)
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストジョン・キューザック(男優)
ビリー・ボブ・ソーントン(男優)
ケイト・ブランシェット(女優)
アンジェリーナ・ジョリー(女優)
ジェイク・ウェバー(男優)
カート・フラー(男優)
マット・ロス(男優)
ジョン・キャロル・リンチ(男優)(ノンクレジット)
家中宏(日本語吹き替え版)
小山力也(日本語吹き替え版)
勝生真沙子(日本語吹き替え版)
星野充昭(日本語吹き替え版)
辻親八(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版)
本田貴子(日本語吹き替え版)
長島雄一(日本語吹き替え版)
藤原啓治(日本語吹き替え版)
宝亀克寿(日本語吹き替え版)
長克巳(日本語吹き替え版)
楠見尚己(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
脚本グレン・チャールズ
音楽アン・ダッドリー
編曲アン・ダッドリー
撮影ゲイル・タッターサル
フィリップ・C・ファイファー(第二班撮影監督)
マシュー・F・レオネッティ(第二班撮影監督)
製作アート・リンソン
製作総指揮アラン・グリーンスパン
配給20世紀フォックス
美術ガイ・ヘンドリックス・ディアス(挿絵)
ブルーノ・ルベオ(プロダクション・デザイン)
カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
字幕翻訳松浦美奈
その他アン・ダッドリー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.《ネタバレ》 キューザックが好きなのでこれを選んだけど、不思議に笑えるような、笑えないような、微妙な映画ですね。しかし、何秒かの感覚で、500人位のった飛行機を、順次、高度を意識(イメージ)しながら、並べて着陸させる仕事、そりゃすごいストレスなんだろうな。前に聞いた話ですが、レーダーは高度を表示しないので、高度は管制官が、イメージして誘導するそうです。その辺がわからないと、題名の「狂っちゃいないぜ」が理解できないかも。ボブもいいけど、アンジーが若くてかわいい、びっくりするくらい、2000年上映の作品だからね。アンジーも若かったんだよね。アンジーの○○が見えただけでもう最高ー、一生このDVDは持っていようと思った。ちょこっと感動したのが、747の着陸時に滑走路にたっていると、ああいうことになるのか?みたいな、一般人は絶対体験できないんじゃん。ジェット機の威力も、ちょこっと、わかったみたいな。映画って本当に楽しいです。楽しめました。
yasutoさん [DVD(字幕)] 10点(2009-07-04 03:53:44)
34.《ネタバレ》 すごい豪華な豪華なキャスティング!ジョン・キューザックは「情けない男」を演じさせたら世界一だぁ!
しかも頭の上がらない、綺麗でかわいくて優しい愛妻がケイト・ブランシェッド。
情緒不安定な浮気相手がアンジェリーナ・ジョリーときたら・・
これだけで完璧だ。
アクションじゃなく「幸せなダメ男」のお話です。
グレースさん [DVD(吹替)] 6点(2008-02-01 19:37:15)
33.これって出来の良くないコメディですよね?話の始まり方や進み方から、硬派の航空管制官の話とばかり思いながら見てましたが、後半に入ると、今のって笑うトコ?と思えるシーンがちらほら出てきました。その為に真剣味が薄らいで、軽薄なストーリーになってしまってます。今見ると、豪華スター共演の映画です。
shoukanさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-06 00:27:25)
32.前半の独特なリアルにだるい雰囲気で最後まで見せるのかと思いきや、意外な展開で楽しめました。邦題は、いろいろ期待させすぎない効果があり、かえってよかったと思います。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 7点(2007-01-14 16:59:41)
31.邦題を『狂ってません。』に変えたらいくらか筋が通る。
たいがーさん [DVD(字幕)] 3点(2006-11-12 19:31:35)
30.《ネタバレ》 すごい配役ですよね。

いやぁ、アンジェリーナ・ジョリーは出た瞬間わかったんですが、

ケイト・ブランシェットは後半になるまでわからなかった!

だって・・アビエイター観たあとではピンときません。

このふたりをパッケージに使うほうが今では売れるでしょう。

ジョリーと ビリー・ボブ・ソーントンは実生活でも夫婦だったって、

んんん~やはり演技とは思えない濃さでした。

ジョン・キューザックがレストランでお目目パチクリする演技もあながち実話か(爆)

実はキューザックが私のタイプかもしれないと借りたのですが・・

この人見ようによったら顔が全然違う(一番似てるのはケビン・スピシー・・)

どうもちょっと違ってました・・

でもこういうマヌケにお人よし風な顔は根本的に好きですが・・

お話は期待していなかったわりには面白かったです。

ラストがバカっぽい恋愛になったことを除いてはよろしいかと。

爆破予告は誰が電話かけたのかが気にはなりますが、

まあ謎のまんまでいいと思う。

前半からコメディなのですがちょっと笑えないシリアスさで、

元から飛行機が嫌いな私は絶対乗りたくないと思いました。

また違うんですよね。

シュミレーションの戦闘機とは違うんです。

民間機の交通整理をしているような管制塔ですからリアルなのです。

時給10万円もらってもやりたくないよぉ~と思いました(爆)

実際にこういうお仕事をされている人を尊敬しますよ。

コメディなのにリアルでしかも後半から「ゲーム」のような追い詰められる怖さもある。

飛行機墜落のパニックものよりある意味怖い映画かな・・
アルメイダさん [DVD(字幕)] 7点(2005-12-23 16:17:13)(良:1票)
29.2~3年前に1回見たきりだったので再見してみました。「狂っちゃいないぜ!」という邦題が妙に可笑しいです。二人子持ちにしてはぶっ飛んだ夫婦だしね。なにかに誰かに振り回され、ひとりあたふたとわけわかんなくなって、キレちゃう、バカをやるというジョン・キューザックが大好きなので私はけっこう楽しめました。その気はなくてもなぜか注目を集め、その場をかっさらっちゃう人、デキるやつがいるとやけにライバル意識を持って突っかかっていく人、どっかで見たことあるような光景で笑っちゃいます。いち度に何百人の命を預かるという重い仕事をしているからなのか、あの職場の人たちのノリのよさというのはストレスの裏返しのような気もしましたね。ケイト・ブランシェットが出ていたのはすっかり忘れてました。間がいいしコメディもしっかりこなしちゃうのね。アンジェリーナ・ジョリーの役名がメアリーというのも冗談ぽくていいです。でもラストがちょっと甘すぎかなあ、キツめのジョークでキメてほしかったわね。
envyさん 7点(2004-10-10 23:01:03)(良:1票)(笑:1票)
28.航空管制官という仕事をコメディにする神経を疑う。「点滅は人命」なんてよく言えたもんです。シリアスな映画かと思いきや、ただのおバカコメディ。
ダージンさん 2点(2004-09-26 18:32:40)
27.男の見栄と意地の張り合いをネタにしたコメディなんだろうがどうにも
中途半端な印象。A:ジョリーが出ているので見たのだが出演シーンが
少なくガッカリ。しかしビリー・ボブとの絡みのシーンは演技では無く
本気。ケイト・ブランシェットも出ているが印象が薄い。
ハナちゃんさん 5点(2004-06-16 15:18:41)
26.《ネタバレ》 ジョンQが航空パニックを救う映画かと思ったら、彼自身が救われる映画だったのね。途中からそういう方向性なんだな、と気づき、脱力しながら鑑賞した。と、そこへ、BBソーントンのぶっ飛び映像が来たので、思わず爆笑。それ以外の展開はどうってことないんだけど、人命を守る場所が舞台なのにも拘わらず、ノリが軽いので、私自身のバランス感覚を乱されたような気がした。これがこの作品の目論見なのか?
日雀さん 6点(2004-05-03 19:12:20)
25.航空管制官を題材にした映画は以前観たことあってん。そうそう「乱気流/グランドコントロール」。あっちは結構ドキドキしたのん覚えてる。こっちはそれのコメディーやね。退屈せずに観れたんで悪くはないけど、多分しばらくしたら忘れてまう映画。ラストの説得の仕方は好きやで。あと吹っ飛ぶとこ。思わず笑ろてもうた。航空管制官いっぺんやってみたい。
なにわ君さん 7点(2004-03-03 02:12:30)
24.航空管制官という題材は新しさがあり興味深かったが、物語の方向性にまとまりがなく、題材の持ち味を生かせずに終始してしまったように思う。もっと真摯に航空管制官という仕事を描けば、緊張感の高い秀作になったはずではと思う。
鉄腕麗人さん 4点(2003-12-24 01:57:18)
23.シチュエーション・コメディのくせに、図々しくも観る側の集中力を要求するんですよね。でも入り込んで熱心に観ればちゃんと笑える映画。コメディってだいたいそうなんだけど、やっぱり雰囲気にノレるかどうかにかかって来るところがあると思う。これも観るタイミングを選ぶ映画だけど、うまい具合にハマればそれなりに楽しめると思います。軽いノリで、ヒマだから何かしながらついでに観よう、とかナメてかかると置いて行かれます。まあビリー・ボブ・ソーントンだしこのぐらいは出来て当たり前でしょ?と思ってしまうと点が辛くなってしまうんですが。
anemoneさん 7点(2003-12-13 13:36:30)
22.単純に楽しむ娯楽作なんだけど、キャスティングがすごいから何か期待しちゃう。もっとシチュエーションコメディの線を強くしたらよかったのにな。
ウメキチさん 4点(2003-10-30 18:26:12)
21.《ネタバレ》 正直、シーン、シーンで展開が読めます。不謹慎、かつテーマが違うのはわかっておりますが、これならいっそ、一発ぶつけた方がまだ……と思っちゃいました。アンジェリーナ・ジョリーのアル中っぷりや、奥さんにデートをした事実を普通に話すジョン・キューザックの素直っぷりなど、なんかコメディなところばかり印象に残っております(←実のところ、コメディ映画だということですが、それだと逆に他が印象に残らなすぎ)。あ、もっとも印象に残っているのはアンジェリーナ・ジョリーの乳首なのでありますが。あれが2点を4点に押し上げました。
まつもとしんやさん 4点(2003-10-30 17:58:13)
20.ひとり自己過信男、ジョン。ひとり思い込み激しすぎ男、ジョン。そしてひとり仲直り男、ジョン。あぁ、ジョン…。そしてその他は添え物。こんなに濃いメンツなのに。
Bridgetさん 2点(2003-10-22 23:56:10)
19.いやいや、狂ってるって。
ブンさん 4点(2003-10-22 17:24:03)
18.狂っちゃいないぜ!でも面白くないぜ!
花守湖さん [映画館(字幕)] 4点(2003-10-14 23:14:34)
17.何が主題の話なのか、わかんない。何も考えずに観ろって言われたら、まあ、つまらなくもないけどさ。あの『北北西に進路をとれ』みたいなのはちょっと体験してみたいような気がしないでも…。ラストは結構お気に入り。
桃子さん 6点(2003-10-14 18:37:34)
16.航空管制官なんて仕事があること自体知らなかった。あんなストレスの多い仕事してたら病気になって当然かも。ある意味パイロットより大変そう。ビリー・ボブとアンジェリーナの共演が見たかったんでかなり満足です。夫婦役だし。ビリー・ボブの役いいね~。クールだ!!耳につけてた羽が気になったけど。しっかし「狂っちゃいないぜ」って邦題ヤバすぎて笑える。
およこさん 6点(2003-08-30 23:37:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 5.71点
000.00%
100.00%
225.71%
325.71%
4617.14%
5514.29%
6720.00%
7925.71%
825.71%
900.00%
1025.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review3人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS