ティム・バートンのコープスブライドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > ティム・バートンのコープスブライド
 > (レビュー・クチコミ)

ティム・バートンのコープスブライド

[ティム・バートンノコープスブライド]
Corpse Bride
(Tim Burton's Corpse Bride)
2005年【英・米】 上映時間:77分
平均点:7.14 / 10(Review 124人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-10-22)
ドラマコメディファンタジーアニメミュージカルロマンス
新規登録(2005-02-03)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2010-12-28)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ティム・バートン
ジョニー・デップヴィクター・ヴァン・ドート
ヘレナ・ボナム=カーターコープス・ブライド
エミリー・ワトソンヴィクトリア・エヴァーグロット
アルバート・フィニーヴィクトリアの父 フィニス・エヴァーグロット
ジョアンナ・ラムリーヴィクトリアの母 モーデリン・エヴァーグロット
リチャード・E・グラントバーキス卿
クリストファー・リーゴールズウェルズ牧師
ジェーン・ホロックス
マイケル・ガフ〔1916年生〕グートネクト長老
ディープ・ロイ将軍
ダニー・エルフマンボーンジャングルズ
トレーシー・ウルマンヴィクターの母 ネル・ヴァン・ドート / ヒルデガード
木内秀信ヴィクター・ヴァン・ドート(日本語吹き替え版)
山像かおりコープス・ブライド(日本語吹き替え版)
土師孝也フィニス・エヴァーグロット(日本語吹き替え版)
山野井仁バーキス(日本語吹き替え版)
家弓家正ゴールズウェルズ牧師(日本語吹き替え版)
原作ティム・バートンキャラクター創造
脚本ジョン・オーガスト
キャロライン・トンプソン
音楽ダニー・エルフマン
撮影ピート・コザチク
製作ティム・バートン
ワーナー・ブラザース(共同製作)
製作総指揮ジョー・ランフト
配給ワーナー・ブラザース
特撮ピート・コザチク(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術アレックス・マクドウェル
編集クリス・レベンゾン
その他ジョー・ランフトin memory of
あらすじ
貧乏貴族と成金の政略結婚。式のリハーサルで失敗した成金息子のヴィクターは、森で一人、再度練習を。誓いの言葉を言い、枯れ木にリングをはめた時、死体の花嫁が闇の世界から蘇った・・・!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
124.《ネタバレ》 ストップモーションアニメでこれだけキャラクターの個性を表現するのはすごいと思います。
最初は不気味に見えていた花嫁も後半になっていくにつれ、愛らしく見えてくるから不思議です。
二人の魅力的なヒロインに対してピアノ以外いまいちパッとしない主人公が愛されるのはいかがなものか

子供時代に見て印象に残っていたティムバートンの独特の世界観は健在でした。
どうしてもストップモーションアニメというだけで点数が上がってしまうのと
短くまとまっている点で 7点
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-04-16 01:56:33)
123.《ネタバレ》 よい映画なので最初に文句を。何度か書いてるけどカタカナ邦題はやめてほしい。一体どれぐらいの日本人がコープスを「死体」だと理解しているというのか。「死骸の花嫁」と訳した方がずっといい。……邦題はともかく内容はよかった。ナイトメア(これも「クリスマス前の悪夢」でいいじゃないか)よりも実写のシザーハンズ(これだって「ハサミの両腕(のエドワード)」でいい)に酷似していると思う。「結ばれない愛」が主題となっていること、そしてその「結ばれない」相手がより高い存在へと昇華して映画が終わること(シザーハンズではひたすら氷の彫刻をつくり続ける姿が神々しく、死骸の花嫁は最後には無数の蝶へと変化して消えさってしまう)、またその最後の場面で悪玉的存在が死んでしまうところまで完全に同じだ。この主題はこの作者にとって繰り返し取り上げたいことなのだろう。確かに愛情は人間にとって厄介な代物で、人はこれによって満たされもすれば傷つくこともある。満たされる場合はともかく、かなえられない愛をどうすればよいのか。「ハサミの両腕」にせよ「死骸の花嫁」(もう勝手に日本語にする)にせよ、愛はかなえられない。その悲しみを描く一方で、それでも人を愛することは美しいことなんだと映画は訴えている。悲しい物語なのに同時に心が満たされるような気分になるのはその訴えかけに見ているこちらが知らず識らず共感するからだろう。
空耳さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-08-27 01:08:33)
122.《ネタバレ》 登場人物のデフォルメされた姿かたちが性格も現してて秀逸です。
アニメーションの動きも滑らかで、白黒が基調だから、面に時折色が付いたり光が差したりの効果が良く効いてました。
地上の人間は全然魅力的じゃないけど、地下世界の住人たちは骨だけなのに表情や感情表現が豊かなキャラクターばかりで見てて面白かったです。
骸骨ダンスとか、とても楽しかったし、骨だけの犬も可愛かった。
ビクトリアの性格や人柄が余り伝わってこなかったので、優柔不断でドジなビクターとエミリーの方がお似合いだと思いました。
でも、自分が幸せな結婚をできなくて辛かったから同じ目に遭わせたくない、と身を引いたエミリーは本当に優しい。
そんなエミリーを殺したバーキスの末路は自業自得でスッキリしました。
面白かったです。
nanapinoさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-11-16 22:03:10)
121.《ネタバレ》 ナイトメアビフォアクリスマスの再来とまではいかないと思いますが、
ティムバートンのダークファンタジーが炸裂してました。
ユニークなキャラクターが面白くて
アニメーションはとても繊細です。
物語には"生の世界"と"死の世界"がありますが、
"生の世界"はまるで死んでいるかのようにモノクロームに包まれ、
逆に"死の世界"はパラダイスのごとく生き生きとしているのが面白いです。
ナイトメアビフォアクリスマスの世界とどこかでつながっているような気がします。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2015-01-05 22:50:21)
120.ストップモーションアニメというだけで、少し採点が甘くなってしまうけど、
大人も子供も楽しめるアニメはやっぱりいいと思う。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-19 01:17:59)
119.多くの意味において非常にまとまりが良い。
実際の尺もあまり長くないが、音と光にあふれたカラフルな死後の世界と、ド陰気な生者の世界との対比が良いメリハリになって、実尺よりさらに短く感じる。
しかも全編にわたってフィルムに生気が満ちており(死体の話なのに)、退屈する瞬間がなかった。ミュージカルシーンは楽曲面でややパンチに欠けるところはあるが、そうした瑣末な不満を押し流すだけの魅力がいくつもある。
何度も観たくなる良質のアニメーション。

お話は古典落語の怪談話みたいな方向性。こういうストーリーとティム・バートンの作風って相性がいいんだなあと感じる。SMAとCGの相性の良さも抜群だし(正直どこからどこまでが撮影なのか分からない)。

セルで持っておきたい一品。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-08 03:38:51)
118.コープス・ブライドは死者だけどとてもキレイで、求婚されたらちょっと迷ってしまうかも(笑)。
けど映画全体で言うとどうしても「ナイトメア」と比較しちゃうなあ。技術的にはより洗練されて、表現力はバツグンに豊かになっていると思います。ピアノの連弾シーンでブライドが少しずつ笑顔に戻っていくところや、クライマックスの結婚式での表情の変化など、下手な役者も霞むほど見入ってしまいます。しかしその分、「ナイトメア」のハイテンションな勢いは無くなってしまったなあと思いました。たとえ一般常識的に間違っていたとしても「ええい!やれい!やったれい!」ってな勢いがあった「ナイトメア」。それに比べるとこの作品は「死者と結婚するなんて・・・」という至って常識的な価値観前提で話が進むので、「あれ?ティムバートン、まともになった?」なんて思ったりしました。一見ダークに見えるけれど、結講健全な内容なんです。ミュージカルシーンも、突き抜け感があまりなく「もっと見たいなあ!」と感じました。ストップモーションアニメを当たり前のように一本の映画として見れるのは、本当に贅沢だとは思いますけどね。そもそもこの映画のキャラたちは当然人形なんだから、生者にも死者にも垣根は無く、全員「生きてる」わけじゃないんですよね。文字通り「命を吹き込む」アニメーションの魔法ってのは、本当に不思議で驚きです。物足りない点もあったけど、力作であることは間違いない!作品です。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-18 01:42:01)
117.《ネタバレ》 連弾のシーンが好き。造形美や世界観重視の作品だと思いますので、このくらいシンプルなおとぎ話の方が良いのだと思います。
なたねさん [DVD(吹替)] 6点(2012-10-27 21:36:02)
116.クレイアニメなので甘点ですが、ナイトメアのインパクトは越えられず。でも好きな世界観です。
movie海馬さん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-09 01:21:58)
115.暗くてしっとりした質感、奥行きのある暗い森。素敵でした。妙に明るい死者の世界にちょっと笑い、ラストはほろり、とイイ大人でも楽しめました。近所のレンタル屋さんではこの作品、子供向けに陳列されてましたがハム太郎とポケモンで育ったうちの子らには冒頭のエミリーが墓から追っかけてくるシーンでまず無理かと思われます。
tottokoさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-04 00:45:33)
114.ナイトメアービフォア~は超えられなかったが、この作品はこの作品でよい。
ミュージカル形式にしたのも挑戦的で面白かった。
Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 8点(2011-01-21 20:22:21)
113.《ネタバレ》 高い技術のパペット・アニメーションが魅力ではあるけれど、如何せんストーリーの展開がベタ過ぎ。次の展開が容易に想像出来てしまうのは問題だと思います。しかしそれを意識したのか、ストーリーの展開が早く、上映時間も短くなっていたのは良いですね。
ここからは私のティム・バートンへの愚痴になるのですが、彼を投影させた様なヘナヘナな主人公が、殆ど無条件に二人の美女から愛される展開は個人的に好きになれませんでした。こいつ序盤なんてピアノ弾けるだけじゃん。
民朗さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2010-04-13 13:30:44)
112.設定は奇抜にだったけど、ストーリーは普通。コメディだけど笑えるシーンはかなり少なかった。
真尋さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2010-04-11 11:10:20)
111.《ネタバレ》 かなり良かった、アニメなティム・バートンは相当良い。
成田とうこさん [地上波(吹替)] 8点(2010-04-09 00:11:31)
110.素敵。こんなのもっといっぱい見たい、と思ってしまう映画。
しゃっくりさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2010-04-06 00:36:40)
109.《ネタバレ》 最初は勘違いストーカー幽霊女に悩まされるコメディかと思っていたので、だんだんとコープスブライドの方が魅力的になっていくのに意表を突かれました。ラストの切なさも良い感じです。ただ、それを受ける男キャラの存在感が今ひとつなのが難点です。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2010-04-03 11:40:29)
108. 最初、ティム・バートンって誰?って思いましたが、何となく観賞して久々に大当たりの映画でした。テレビが吹き替えだったのでジョニー・デップは全く関係なかったのですが、ドジな青年を真ん中に挟んで、二人の魅力的なヒロインの登場は、後の展開がどうなるのか久々に夢中になってしまいました。でも、これだけ性格の悪い両親からどうしてこんな純粋な子供達が生まれるのか…。死界のヒロイン、エミリーを見て「アバター」を思い出しましたが、こちらのヒロイン達の方がずっと魅力的で可愛いです。短時間ですが、「面白さ」と「愛」がぎっしり詰まった逸品です。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2010-04-01 23:22:23)
107.パペットアニメーションを模したCGアニメーションだとばかり思ってました。それほどに完成されてるってことなんだけど、それってなんか損してるような。最近7歳の娘にどうぞと頂いたDVDで久しぶりに見てみると、この世界観ってもろに『スウィーニー・トッド』と同じだなと。時代もおそらくそう違わないだろうしイギリスっぽいし色が無いしミュージカルだし。でもどう見てもリアルじゃない極端な顔立ちをした登場人物たちのほうが本物の人間よりもはるかにこの世界に馴染んでいる。娘もけっこうこの作品を気に入っているようなのだが、女二人と男一人の三角関係というドロドロにしかなり得ない設定なのに三人の誰もが悪者にならないどころかむしろ三人ともを応援したくなるという話にしているところが功を奏しているのだろう。キャラクターデザインもいいし動きもいいのだが、最もいいのは照明。モノトーンの中で死んだ花嫁に当てられる逆光が素晴らしく、そのグロテスクな容姿にもかかわらず美しさを発散させている。ピアノの連奏シーンがお気に入りのうちのヨメさんはそこばかりを見て、さらに楽譜をネットで探し出し、今、娘と練習中である。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-23 16:55:16)
106.うわっ映像きれいー。っていう印象。ストーリーはナイトメアほどの独創性があるわけでもなく、意外と普通。でも楽しめます。この系統のアニメがまた製作されたらストーリーは別にしてまた観ちゃうだろうな。ジブリ的な流れで。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2009-06-29 10:49:50)
105.テレビを買ったとき最初の一週間だけ無料でスカパーが見れたのでたまたま見た。というかこういうのは自分では積極的にはあんま見ない。こういう暗いテイストがあんまり好みじゃないんだよね…。ティム・バートンが合わないのかな。完全に私の好みにのっとって評価。「かなりコケ具合」という意味ではありません!
CEDFさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-03-22 13:19:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 124人
平均点数 7.14点
000.00%
100.00%
200.00%
321.61%
454.03%
51411.29%
61814.52%
72822.58%
83629.03%
91310.48%
1086.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review12人
2 ストーリー評価 6.33点 Review18人
3 鑑賞後の後味 7.10点 Review19人
4 音楽評価 7.15点 Review19人
5 感泣評価 5.80点 Review15人
chart

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
長編アニメーション賞ティム・バートン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS