Vフォー・ヴェンデッタのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > Vフォー・ヴェンデッタ
 > (レビュー・クチコミ)

Vフォー・ヴェンデッタ

[ヴイフォーヴェンデッタ]
V for Vendetta
2005年【米・独・英】 上映時間:132分
平均点:6.30 / 10(Review 128人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-04-22)
アクションサスペンスSF政治もの漫画の映画化
新規登録(2005-09-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-08-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・マクティーグ
助監督ハーヴェイ・ハリソン(第二班監督)
キャストナタリー・ポートマン(女優)イヴィー
ヒューゴ・ウィービング(男優)
スティーヴン・レイ(男優)フィンチ警視
スティーヴン・フライ(男優)ゴードン・デイトリッヒ
ジョン・ハート(男優)アダム・サトラー議長
ルパート・グレイブス(男優)ドミニク警部
シニード・キューザック(女優)デリア・サリッジ医師
エディ・マーサン(男優)エサレッジ
ロジャー・アラム(男優)プロセロ
アメルダ・ブラウン(女優)Wardrobe Mistress
イモージェン・プーツ(女優)若き日のヴァレリー
浅野まゆみイヴィー(日本語吹き替え版)
菅生隆之V(日本語吹き替え版)
屋良有作フィンチ警視(日本語吹き替え版)
島香裕ゴードン・デイトリッヒ(日本語吹き替え版)
中博史アダム・サトラー議長(日本語吹き替え版)
山野井仁ドミニク警部(日本語吹き替え版)
沢田敏子デリア・サリッジ医師(日本語吹き替え版)
長克巳プロセロ(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦(日本語吹き替え版)
成田剣(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕(日本語吹き替え版)
原作アラン・ムーア(キャラクター創造)
脚本ラナ・ウォシャウスキー
リリー・ウォシャウスキー
音楽ダリオ・マリアネッリ
撮影エイドリアン・ビドル
ハーヴェイ・ハリソン(第二班撮影監督)
製作ラナ・ウォシャウスキー
リリー・ウォシャウスキー
ジョエル・シルヴァー
配給ワーナー・ブラザース
特撮シネサイト社(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
美術オーウェン・パターソン(プロダクション・デザイン)
衣装サミー・シェルドン
編集マーティン・ウォルシュ
あらすじ
近未来のイギリス。そこは独裁者アダム・サトラー議長が支配するファシズム国家となっていた。しかし、Ⅴと名乗る謎の男が現れたことから、事態は大きく変わっていく。 WATCHMENでコミック初のヒューゴー賞を受賞したアラン・ムーア原作コミックの映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
128.《ネタバレ》 お目当てジョン・ハートの死に様は鬼畜独裁者の情けなさを見事に表す名人芸でありました。理念は死なないと立ち向かうのも独裁者を生み出すのも個人の意思なのだと思わされます。スティーブン・レイ演ずる警視がもう少し体を張って欲しかったところです。Vの無表情の仮面が表す喜怒哀楽が印象深く一度も取らなかった演出は正解でしょう。議事堂爆破は復讐を超えたテロにしか見えません。実際に起きた火薬陰謀事件の元を辿ればヘンリー8世の離婚問題に行き着くのに驚きで、トーマス・モアのあの映画をまたぞろ観たくなりました。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-08 00:42:07)
127.《ネタバレ》    
H.ウィービングの抑制のきいた、テンポとリズムの良い台詞を聞いているだけで
個人的には見ごたえがあって、何度も見る映画の一本です。
内容の哲学的な部分は好みの分かれるところだと思いますが
個人的にはいろいろ考えさせられます。
単純に娯楽アクションとして見ても楽しめるとは思いますが
いろんなことを考えながら見てみると意外と違う魅力が見つかるカモw
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 9点(2016-09-06 18:15:12)
126.もったいぶった演出と甘ったるいメッセージ性にうんざり。政府に良い印象を持っていない国民があれほどいるのに政府はなんら対策を打っていない。Vが頑張らなくてもそのうち反乱は起きていたのでは?ディストピア映画なのに国民のコントロールもできない無能な政府……。
ナタリー・ポートマンってこんなにキレイだったっけ?と思うほど彼女は魅力的だし、Vのキャラクターも嫌いじゃないけど、物語と演出がいまいち気に入らない。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 5点(2016-02-22 10:24:15)
125.《ネタバレ》 ヴィジュアルが非常にかっこういい映画。

本来であれば描きにくい、反社会的なブラックなヒーロー像を成立させるために、
あれやこれややった結果。そこまで政治的な意図のある映画ではないのに、
なぜか政治的に神格化されたがっているかのように扱われてしまっている。

SWで主人公が帝国と戦うことについて
共和制と独裁の闘争が~と言い出す人と比べると、
圧倒的にこちらのファンとアンチの数のやばさがわかるだろう。

もちろんメッセージとしてそうしたものはあるんだけど、
魅せたいものは別にあったのだろうと考えると、
やはりこのご時世、興味の無いものには触れないほうがいいのだろうね。

本来はヒーローの造詣のみを追及したそのかっこよさに6点。
病気の犬さん [映画館(字幕)] 6点(2015-12-25 18:11:49)
124.《ネタバレ》 「コミックの映画化」という知識だけしかなかったので、実際に映画を観たら想像と全く違っていてびっくり。
アメコミっぽいヒーローヒロインが闘うお手軽B級映画かと思ってたら、渡邉美樹がワタミ社員にレヴォルーションされる映画なんだもの…
いや面白かったです、うん。
てか私ウルトラバイオレットと混同してましたwだからそんな誤解が生じてたわけですね。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-07-01 18:14:14)
123.《ネタバレ》 展開はVと両親を政府によって殺されたイヴィー、政府の中枢の人達とVを追跡する刑事を中心に描かれるのですが、どこか舞台演劇のような作風で割と狭い空間内でストーリーが展開してゆきます。敢えて安穏に暮らせる日常を捨てて強権的な政府に楯突く道を市民が選ぶようになる経過はイヴィーがVに捕われて擬似的?拷問を受けながら、困難な自由への道を選択するという過程に暗喩されていて、全編を通じてVの芝居染みた台詞や象徴的な展開・表現が多いこと(倒される政府中枢の人少なすぎ?とか)からこの映画の好き嫌いや評価が分かれる所だと思います。Vは超人的・暴力的で、それは原作に従って漫画的なのかも知れませんが、権力は嘘をつくもの、国家権力による管理社会は個人の自由を平気で侵害するもの、自由は国民皆が意識を持って改革を迫らないと得られないもの、といったメッセージは十分伝わるし、ここに描かれた国家の姿は多かれ少なかれ、我が日本を含む現在の世界中の国家権力の姿を反映していることも理解できます。そういったメッセージ性を評価してこの点数で。
rakitarouさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-22 19:38:01)
122.子供だましって二種類あるじゃないですか。
ただ純粋にドッタンバッタンの活劇で楽しませるタイプと、何でもいいから簡単なテーマ(言語化できる程度のやつ)を用意して、それをきわめて分かりやすく、かつ子供の目からはそう見えないように挿入して、思春期の「自分にはこの物語のメッセージが分かるぞ!」っていう喜びを満たさせてあげるタイプと。これ後者のほうですね。

でもこれウォシャウスキー兄弟だし、まったくのマジでこの程度のもん作ってそうですごくいやだなあ。
原作読んでないから何とも言えんけども。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-10 05:22:14)
121.《ネタバレ》 全体的にセリフが多く、展開が急でついていけない。
登場人物が多く名前を覚えられない私としては少々難しい内容であった。

ビジュアルが非常によいので観ていて飽きることはなかった。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-30 22:11:36)
120.独裁国家と復讐劇があいまっておもしろかったです。ナイフさばきも良かった。
すたーちゃいるどさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-09-12 17:10:26)
119.アクション少なめで、話も重く暗い。単純にアクションを期待すると肩透かしをくらいます。ところで、Vの髪型はもうちょいなんとかならんのかね。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2012-04-01 13:46:05)
118.《ネタバレ》 割と重たい内容だが、描ききれてない感じがした。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 4点(2012-01-28 10:02:29)
117.《ネタバレ》 Vの華麗さは美しかったが、正直それ以上はあまり感じなかった。
civiさん [地上波(吹替)] 4点(2012-01-27 18:29:59)
116.《ネタバレ》 
ただの変な仮面をかぶっただけのヒーローもの映画だと思ってました。
しかしこの映画はメッセージ性が非常に強く、真面目に作られ、大変な意義のある作品であると思います。
悪とは?正義とは?自由とは?そしてヒーローとは?
この映画にあるのは象徴です。それが非常に強いです。
そしてその象徴が観客に与える影響も強いんだと思います。
そこで「自由とはなんなのか?」「正義とは?」みたいな気持ちになってくるんだと思います。そういうものを自分の胸に探りたくなります。
また「ヒーローとは大衆にとっての何であるのか?」というところまで描き出したこの映画はヒーロー映画の良作です。
しかしこの映画の中の政府は腐敗が凄いです(政腐ですか)。
歪められ方が凄いですが、これは日本の政治に対して多くの国民が抱いている感情もだいたいこんな感じなのかもしれません、すみません。
もちろんこんな威圧的じゃないと思いますが、この映画の政治悪に強く共感できて怒りを覚えるというのは明らかな問題が自分の国にあるからなんでしょうか。
しかし仮面が怖すぎますよ、Ⅴさん。
でもⅤさん妖艶過ぎて超カッチョええです。
ビョーキ度も適度にある彼は真正のダークヒーローです。
地下コレクションやべーっすよ。オペラ座の怪人みたいな気もします。
この映画はコミック原作なのに非常にダークで血生臭いところもあって苦しかったです。
トーチャー系ホラー映画かとも思いましたけど。
イギリス映画の騎士道とか正義とか自分は苦手で三銃士も好きじゃなかったんですが、
この映画は面白かったです(三銃士はフランスでした・・・)。
大勢が一つの心で団結し一つの場所に集う場面は心揺さぶります。
そしてその「心」を自分の中にも発見できたような気になりました。
少しだけ洗脳の色があります。キューブリックの映画を何故か思い出す箇所があった。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2012-01-26 01:50:38)
115.コミックが原作ですか。なかなか展開が急でついて行くのが大変でした。感情移入ポイント全く無し。
nojiさん [地上波(吹替)] 3点(2012-01-24 21:07:04)
114.《ネタバレ》 なんでこんなところで  ナタリー・ポートマンが急に一休さん。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-01-21 17:21:04)
113.《ネタバレ》 ヒーローに救われるべき一般大衆をナタリー・ポートマンひとりに集約したのは、饒舌な「V」の身の上を語るうえで有効に機能している一方、作品世界の広がりを犠牲にしていると思います。近未来、管理社会の英国で生活している一般大衆のサンプルがナタリー・ポートマンひとりでは、彼女だけの特別な事情に目が奪われ、一般大衆の目線が感じらません。カタルシスの掛けどころである終盤、「V」の私怨を晴らすための花火と一般大衆の求める正義の爆破が重なり合い、この2つが同時に炸裂して強烈な映画的快感に身もだえするべきところですが、一般大衆側のたきつけが甘く、「V」の恨み節しか炸裂しないのです。赤と黒の色彩や見応えのあるアクションシーンや物語展開など、アメコミ映画として安心して観られる作品ではありますが、面白くなる要素が散りばめられているだけに欲張って観てしまいました。
さめがいさん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-26 13:58:34)
112. 正直、「またか……」と言うのが素直な感想。この手の映画はもう見飽きたよ……。欧米人は、よっぽど封建社会がお嫌いらしい。そして欧米人の考える封建社会とは、政府による情報操作、言論統制、行動規制とお決まりの社会主義スタイル。封建主義と上手く付き合ってきた歴史を持つ日本人には、根底の部分で理解はし難いね。
 また、この映画の失敗は、主人公がVなのかイヴィーなのか中途半端なこと。登場では、奇抜な格好と圧倒的な強さ、そして頓珍漢にも思える饒舌さで魅力たっぷりだったVが、先へ行くにしたがって尻すぼみ。背負った過去の暗さもイマイチ伝わりにくい。一方、イヴィーの成長物語にしては彼女が大して何するワケでもない。
 さらに、政府側があまりに無策すぎて、復讐がとんとん拍子に進み、スリルもドキドキ感も無いし、市民の悪政に対するストレスも伝わってこない。
 2時間以上の長尺の割には描ききれていない部分が多すぎて、だからナンなんだよ? 的な宙ぶらりんな感覚だけが残る。
TERRAさん [DVD(吹替)] 4点(2011-02-12 18:18:44)
111.《ネタバレ》 奇妙な仮面で素顔を覆うファシズム英国への反逆者“V”による復讐劇。独裁国家に反発する男女の淡い恋。SFサスペンス展開についていけない場面もあったけど割り切って観るべしですね。 イガグリ頭のナタリー・ポートマン、意外と似合ってる。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-06 00:33:24)
110.2013年12月にCS(字幕)で2回目の鑑賞。
アクション・SF・ラブストーリー・哲学…と、全部詰め込みながら成立していて凄いなぁ…と思い、当時放送されていた「安堂ロイド」が目指していたができなかった形がこれか、と。安堂ロイドもアクション+SF+恋愛を描きたかったようだが、上手くいかなかった。
好きな映画なので思い出補正がかかっているかと思ったが、充分楽しめたのでよかった。また数年後に見たい。

【公開当時に映画館で見た際のレビュー↓】
ヴィジュアルを楽しむ映画。
まず映像が美しいし、演出がとても洒落ている。

この鮮烈な映像を見るだけでも価値があると思う。
ただ、大画面じゃないといまいち迫力にかけるかも。
Sugarbetterさん [映画館(字幕)] 8点(2011-01-21 20:28:37)
109.《ネタバレ》 うーーん ちょっとむづかしいね まぁ あえて難解なつくりにしたとは思うのですが、、、時間も長くてチト退屈 個人的にはナタリー・ポートマン突然坊主になってビックリ ぐらいなものデシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2010-10-20 20:33:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 128人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
221.56%
386.25%
4107.81%
51814.06%
62317.97%
73728.91%
82217.19%
953.91%
1032.34%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.38点 Review21人
2 ストーリー評価 6.90点 Review30人
3 鑑賞後の後味 6.17点 Review29人
4 音楽評価 7.21点 Review28人
5 感泣評価 4.22点 Review22人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS