Menu
 >
 >
 > Jam Films2

Jam Films2

2003年【日】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ドラマコメディファンタジー
[ジャムフィルムズツー]
新規登録(2005-10-31)【FSS】さん
タイトル情報更新(2010-03-12)【マーク・ハント】さん
公開開始日(2004-03-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督高橋栄樹「CLEAN ROOM」
キャスト嶋田久作(男優)女装の男・父親
須賀貴匡(男優)ヒロシ
片桐仁(男優)松下一郎
斉木しげる(男優)カフェの店長
手塚眞(男優)担当医
津田寛治(男優)
大森南朋(男優)黒木巖
水橋研二(男優)犬田一
諏訪太朗(男優)リーダー格の男
森下能幸(男優)タバコの痩せ男
麻生久美子(女優)星野
韓英恵(女優)ユカ
市川実日子(女優)野洋子
杉本彩(女優)アヤ
すほうれいこ(女優)ミク
しいなえいひ(女優)女優
日村勇紀(男優)ユーキ
脚本小林弘利「CLEAN ROOM」
プロデューサー梅村宗宏(エグゼクティブプロデューサー)
河井信哉(プロデュース)
美術林田裕至
編集高橋栄樹「CLEAN ROOM」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.“CLEAN ROOM”という短篇が圧倒的に気に入った。
劇中で描かれている「クリーン・ルーム」は無菌室という設定なのだが、色彩鮮やかで思わず画面の中に吸い込まれそうなほど。

そのクリーンルームの周りを囲っている透明のカーテン(?)の様なものがあるのだが、これもおそろしく透明感があって、どうやったらあんなに透明になるんだろう・・・って観ていて考えちゃったほど。(笑)

麻生久美子本人はさておき(爆)、その衣装も素晴らしかった。
(その不自然にとんがったアゴのラインに「?」となり、そこにも目が釘付けになったわけだが・・・謎)

そして・・・
「何より」自分がこの作品に引き込まれた理由・・・
それは、“エンディング・テーマ曲”だった。

エンドロールと共に流れる、瑞々しい歌声と素敵な楽曲。
チェックしたところ、“Hiroto Otsubo ft. Rie:「BREATHING」”の文字が。

で、“RIE”とは一体、誰?!
知らないぞ?
とりあえず、いんたーねっつにて、必死こいて検索した。
しかし、大した情報も入ってこず。
かろうじて見つけたのが、この『CLEAN ROOM』という作品の、サウンド・トラックCDが発売されているという情報。
“Jam Films 2”内の他の作品とは無関係に、『CLEAN ROOM』についてだけのサウンド・トラックがあるらしい。をぉぉ・・・(笑)

迷わずインターネット通販にて購入。
4分という短い曲だが、自分のツボにはまる一曲だった。
そして、おもむろにCDケースについていた「帯」を見ると・・・
あれだけネットで調べても正体不明だったヴォーカルの“RIE”に関する情報がそこに!

いやぁ、これにはマジでビビりました。
なんかやられた!って感じと、ちょっとした衝撃感が・・・(汗)
 
実は、この“RIE”さんというヴォーカルの方、あの『リング』の主題歌を歌っていた女性だったのだ。
なんだぁ、そんな程度で衝撃の事実かよ!って思われるかもしれないけど、私にとっては相当な衝撃。

『CLEAN ROOM』という作品の清清しさ、瑞々しさと相まって、素晴らしい歌声を「BREATHING」という曲で披露し、それに見事、魅せられてしまった私。
しかし、その正体が

「きっとくる~、きっとくる~♪」

の“あの声”と同一人物だったとはヽ( ´ー`)ノ
結構な衝撃だった^^;笑
にじばぶさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-31 00:08:18)
4.1本目は良かったです。他はまったくつまらなかったです。バスケのやつでぎゃぁぴぃ騒ぐ女!すほうれいこですかねぇ?まともな演技しろ!うるさいだけ。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2006-09-04 07:20:35)
3.どの作品もいまいちな感じで期待ハズレ。
前作はまだ面白いのがいくつか混じっていたので良かったけど、
今回は全滅してしまったかな。
もっと尺を短くして本数を増やした方が良かったかも。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2006-05-30 02:37:58)
2.ラーメンズのファンなので、脚本・小林賢太郎、出演・ラーメンズの『机上の空論』目当てで見ました。ですが、ちょっと期待はずれでした。小さなネタの羅列が繰り返されているという印象で、ライブより笑いが小粒に収まってます。後半のドラマ部分は前半のハウツービデオのレクチャーを実写で再現するのにいっぱいいっぱいで、それ以上の深みがなかったのが残念でした。30分の映画で前半・後半の構成にするのにはちょっと時間が足らなかった感じです。本編は4点。でも、ライブ以外でラーメンズが見れてうれしかったので(笑)、プラス2点で計6点。あとの3本はあまり印象に残ってない…嶋田久作の女装がきつかったことしか(汗)。よって、「Jam Films 2」全体では4点。
まにまにさん [DVD(字幕)] 4点(2005-11-01 02:44:37)
1.《ネタバレ》 「Jam Films」→「Jam Films S」→「Jam Films 2」と、このシリーズを見てきたが、共通しているのは、どの短編も高校生の自主制作映画レベルで、自己満足以上の商品的価値を持った作品がほとんど無いことだ。毎回、監督は総入れ替えされているが、若手らしいパワーや独創性に溢れる作品には一作もお目にかかっていない。こんな既存作品の廉価版みたいな映画しか作れない若手が、第一線で活躍しているというのだから呆れる。

・『机上の空論』~何故か似非日本を舞台にした恋愛のHowToビデオから始まり、後半はそれを参考にした男の恋愛話という二段構成のコメディ。結局、「現実は理屈通り行かないよ」というありきたりなオチ。レクチャービデオの「バカな事を大真面目にやる」というお笑い部分も、日本のコント番組や一昔前のギャグ漫画などでよく使われてきたもので、笑いとしてはかなり使い古されたパターン。ワイヤーアクションも中途半端すぎ。笑いにしても何にしても、やるならもっと徹底して欲しい。4点。

・『CLEAN ROOM』~無菌室に閉じこもった少女の精神的自立を描いたであろうストーリー。結局はよくある内的世界を打ち破る成長物語。ラスト付近の雰囲気やエンディングテーマはなかなか良いが、全体的にはよくある「イメージ先行型」の作品で薄っぺらい。3点。

・『HOOPS MEN SOUL』~これも、いかにも最近の若手クリエイターが撮りそうな作品。ひとつのジャンルに徹底することが出来ないのか、する気が無いのか…。真剣さの中に、おふざけの要素を露骨に取り入れることで、両方の要素を際立たせようとする、演出において一番安直なパターン。2点。

・『FASTENER』~これも真面目さとおふざけのバランスが悪い典型。何故かキスされた途端に、少年が大人になる為の現実と幻想の世界を彷徨う旅をする話。問題は、その人生の矛盾や生きる意味を問うための脳内妄想旅行(?)が、まったく面白くないこと。思わせぶりなエピソードを繋いだだけで、具体的な主張性や問題提起の無い薄っぺらなストーリー。これもイメージ先行型の作品。1点。

と言う訳で、今回も平均すると3点くらい。どの作品も中途半端で、発想や演出のすべてが、どこかで見た事のある借り物のパッチワークの域を脱していない。もう少し、荒削りでもいいから、若手らしいパワーや独創性を感じる作品が見たい。
FSSさん [DVD(邦画)] 3点(2005-10-31 13:25:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 3.60点
000.00%
100.00%
2120.00%
3240.00%
4120.00%
500.00%
6120.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS