楽聖ショパンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 楽聖ショパン
 > (レビュー・クチコミ)

楽聖ショパン

[ガクセイショパン]
A Song to Remember
1945年【米】 上映時間:113分
平均点:5.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ音楽もの伝記もの
新規登録(2006-05-12)【(^o^)y-~~~】さん
タイトル情報更新(2011-11-01)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャールズ・ヴィダー
キャストコーネル・ワイルド(男優)フレデリック・ショパン
ポール・ムニ(男優)エルスナー教授
マール・オベロン(女優)ジョルジュ・サンド
ニナ・フォック(女優)コンスタンツィア
ヘンリー・シャープ(男優)ロシアの伯爵(ノンクレジット)
原作エルンスト・マリシュカ
脚本シドニー・バックマン
音楽モリス・W・ストロフ
作曲ミクロス・ローザ
撮影トニー・ゴーディオ〔撮影〕
製作シドニー・バックマン
配給セントラル
美術ヴァン・ネスト・ポルグレス
編集チャールズ・ネルソン〔編集〕
録音ジョン・P・リヴァダリー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.先のお二方のご指摘通り、伝記映画として見れば大変ひどい。事実とずいぶん異なっているし、作曲された時期もめちゃめちゃ。しかし作られたショパンの物語、映画としての出来はまずまずだと思う。(かなり劇的になっている)
祖国を愛しながら戻ることができなかったショパン、ワルシャワ陥落の知らせに、「革命のエチュード」を作曲したというのは、あまりにも有名だ。
マール・オベロンのサンドは美しいし、強い女としてしっかり描かれている。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-18 23:43:25)
2.ショパンの伝記を幾つか読んで知っている限りでは、この映画のエピソードの設定・順序・時代背景はメチャクチャです。各シーンに登場する曲も、製作年はまるっきり無視して、単にその場の雰囲気に最も合った曲をチョイスした感じです。例えば幼少時代にエルスナー教師に自作曲を披露するのが子犬のワルツだったり、リストとの初対面で英雄ポロネーズを共演したり、マジョルカ島でのジョルジョとの生活の中で「この曲を君に捧げる」と言って別れのエチュードを献呈したりとか…。クラシックが身近ではない人に興味を持ってもらうための入門用作品としてはそれも有りかもしれませんが、これを見て「ショパンってこういう人だったのね」とか「この曲にはこういうエピソードがあるのか」みたいな間違った知識を吹き込まれたら大変です。あと、この役者さん、妙に溌剌とした健康さが滲み出ていて、気品に満ちた貴族のようでありながら病弱で何処か陰のあるショパンのイメージには合わないんですよね。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-18 00:44:45)
1.《ネタバレ》 初レビューうれしいな~。嬉しいので頑張ります!
まず私は伝記物を期待してたのに余りにもフィクションでコメディだったのでビックリしました。

ショパンに少しでも詳しい人が見たら、怒るか、笑うか、どちらかだろうと思います^^ゞ。
ショパンを知らない人が見たらショパンはこういう人だったのかぁ~と勘違いしてしまうかもしれません。

でも、バカげてて面白かったです。特にリストとの出会いは傑作でした。
どんな曲でも初見で弾きこなし「ピアノの魔術師」と言われていたリストを表現するに十分の登場シーンでした。
他のキャラ設定も面白く、ジョルジュ・サンドは思いっきり悪者にされてました。
ってゆうかショパンはちっとも病弱で繊細っぽくないキャラでした^^;。

そして何よりもこの作品は、ワルシャワ音楽学院時代の恩師ヨゼフ・エルスナー教授でした!
エルスナー教授あっての作品になってます。脚本家はエルスナーのファンに違いない。
あ…でもファンならエルスナーをあんな扱いしないか…^^ゞ。
なぜならエルスナーはショパンのマネージャーみたいな扱いで、最初から最後までコメディアンでした。
ちなみにショパンの最初の師であるアダルベルト・ジヴニイ先生は全く出てきませんでした。
11歳からスタートしているので仕方がないと納得しておきましょう。

そして最後の死ぬシーンまでコメディに見えてしまいます。
ショパンが子供の死にまねの様に「ガクッ」っと死んで終わりです。
え、これで終わりっ!?みたいな…。
20歳でワルシャワを離れ、二度と祖国へ戻ることができなかったショパンの遺言、
死後心臓をワルシャワへ運ぶ。というお話は全く触れてませんでした。
アキラさん [DVD(字幕)] 5点(2006-10-03 14:55:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5133.33%
6266.67%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1945年 18回
主演男優賞コーネル・ワイルド候補(ノミネート) 
脚本賞エルンスト・マリシュカ候補(ノミネート)原案賞
撮影賞トニー・ゴーディオ〔撮影〕候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ミクロス・ローザ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)モリス・W・ストロフ候補(ノミネート) 
編集賞チャールズ・ネルソン〔編集〕候補(ノミネート) 
録音賞ジョン・P・リヴァダリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS