アンジェラ(2005)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンジェラ(2005)
 > (レビュー・クチコミ)

アンジェラ(2005)

[アンジェラ]
Angel-A
2005年【仏】 上映時間:90分
平均点:6.24 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-05-13)
ドラマコメディファンタジーモノクロ映画ロマンス
新規登録(2006-05-15)【ミスター・グレイ】さん
タイトル情報更新(2010-08-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストジャメル・ドゥブーズ(男優)アンドレ
リー・ラスムッセン(女優)アンジェラ
神奈延年アンドレ(日本語吹き替え版)
本田貴子アンジェラ(日本語吹き替え版)
家中宏フランク(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
脚本リュック・ベッソン
撮影ティエリー・アルボガスト
製作リュック・ベッソン
配給アスミック・エース
美術ジャック・ビュフノワール(プロダクションデザイン)
あらすじ
パリで暮らすアンドレはあちこちに借金があり、しかもギャング絡みの借金がもとで48時間後には殺されてしまう運命にある。やる事なす事全てが上手くいかず絶望したアンドレはアレクサンドル三世橋からセーヌ河を見下ろす。もう何も思い残すことはないと覚悟を決め身投げしようとした矢先、ふと横を見るとそこには自分と同じように身投げしようとする大柄の金髪美女〝アンジェラ〟がいた…。 6年ぶりにリュック・ベッソン自身が監督を務めた待望の作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》  純然たる「男にとって都合の良い映画」であり、観ている間ずっと居心地の悪さを感じてしまいましたね。
 「お前だって本当は、こういう体験してみたいだろう?」「こんな彼女が欲しいだろう?」と作り手に囁き掛けられているかのようで、天使というよりも悪魔的な印象を受けてしまいます。

 だって、この映画の主人公ってば、作中で全く努力しているようにも成長しているようにも思えないんです。
 ただ「日頃から嫌いだった奴に不満をぶちまけた」「素敵な彼女が出来たので、彼女に好きだと言った」程度の事で、それだけでさも「勇気を出して、よくやった!」と、難事を成し遂げたかのように作中で肯定されているのだから、違和感が大きかったですね。
 特に前者に関しては深刻で、天使の助けを借りているだけなのに、偉そうに上から目線で借金相手と話す主人公を見せられるのだから、たまらない。
 そんなダメ男っぷりに母性本能をくすぐられる女性もいるのかも知れませんが、同じ男としては「情けないやっちゃなぁ」と、呆れる思いが強かったです。

 作中で常に右手をポケットに隠しているのも「引っ込み思案な気持ちの寓意?」「最後の最後で右手を出してアンジェラを止めるなり、抱き締めるなりする為の伏線?」と思っていたら、単に役者さんの右手が不自由だからそうしていただけというのも、正直ガッカリ。
 身体的障害も特徴の一つなのは間違いない訳だし、それならそれで、もっと「ポケットに右手を隠している」という役者さんの特徴を、作中でも活かして欲しかったところですね。
 この「最初から最後まで主人公はポケットに手を隠したまま」という現象が「結局、主人公は何も変わっていないし何も成長していない」という印象にも繋がってしまった気がします。

 こういう「男に都合の良い映画」は決して嫌いではないのですが、なんというか上手く騙してくれないと「都合良過ぎるだろ!」ってツッコんじゃうのですよね。
 甘やかして癒してくれる女性は好きだけど、度が過ぎると「いや、赤ん坊じゃないんだから」と反発してしまうというか……
 この辺りは、匙加減が難しいところだと思います。

 天使の像とヒロインとを重ね合わせるショットなど、リュック・ベッソン監督のオシャレな映像センスは感じられましたし
「他人に愛されないと、自分を愛するのは難しい」
 という台詞などは、魅力的だったと思います。
 難しく考えたりせず、モノクロの甘ったるい世界観に身を委ねさえすれば、きっと心地良い思いが出来たのでしょうけれど……
 自分としては、どうも馴染めなかった一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 3点(2017-02-07 22:55:15)
37.ストーリーは有って無いようなものなのに、なぜか最後まで見てられる。Rie Rasmussenのルックスと仕草のおかげか、ベッソンの上手さなのかは分からない。ラストがベタなのか裏切られたのかも分からない。総じて言えばまあまあ。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-29 07:45:58)
36.《ネタバレ》 銃も爆発もないリュック・ベッソン映画なんて実に久しぶりですねえ。この映画は、アンドレとアンジェラの組み合わせを考えついた時点で、もう半ば成功作になることは約束されたようなものです。美しいモノクロ映像とハッとさせられるショットの数々は、ベッソンという映画作家はまだまだ捨てたもんじゃないなと、見直しました。アンジェラが登場してからはアンドレとの対話劇が延々とラストまで続いている様なものですが、対話劇でもこういう風に肩の凝らない見せ方があるんだと納得しました。あと最後までメイン・タイトルを出さないところも、むかしは良くあったけど最近では珍しいですね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-03-28 00:31:06)
35.久々に素敵な作品に出会えました。とても幸せな気分です。

リュック・ベッソンの作品の中で「レオン」「グラン・ブルー」に続くくらいに気に入ったかも・・・とにかく惹き込み方がとてもうまかった。こういう作品大好きです。

いろいろな矛盾点もありますが、そんなことはどうでもいいと思わせてくれる作品です。でも感性が合わなければかなりの駄作と感じてしまう人も多いのでは?

主演の二人をどこかで見たことがあると思ったら「アメリ」と「ファム・ファタール」だったんですね。
MINI1000さん [インターネット(字幕)] 8点(2011-04-29 22:22:43)
34.《ネタバレ》 翼が生えて天に帰ろうとするアンジェラに
別れたくない、愛してると必死にしがみ付く
ラストは名シーン。
今度は誰かのためでなく自分の気持ちに正直に
なり、アンドレと人生をつくっていくことに
決心したアンジェラ。

こういうファンタジー・ロマンスは好き。
一歩間違えばコントだけど、その微妙なラインの
上に成り立っている。
白雪姫?ではないけど古典的な題材を
現代風にしたあたりが上手い。

小ネタ的だけど「OK,OK」「そのOKはやめろ」「OK」ていう
会話劇はレオンとマチルダの関係でもありましたね。
ベッソン監督好きなやりとりなんですかね(笑)
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 9点(2011-01-09 23:02:34)(良:1票)
33.《ネタバレ》 この監督の作品は好きなのでよく観ますが、最後の羽が生えて飛んでいくシーンは呆れてしまいました。急に現実風?映画→SF映画に切り替わったせいで、頭が付いていけなかったのかな。。。
ぱんこさん [DVD(吹替)] 5点(2010-08-22 13:25:59)
32.《ネタバレ》 これです!これを待ってたんですベッソンさん!
どんどんぱっとしなくなっていくベッソン関連の作品で困ってたんですが、これなら個人的に満足です。
実はあんまり期待していなかったのでびっくりしました。
グランブルーのようにモノクロで始まったのでアンジェラと出会った後でカラーになるのかと思いきや、最後までモノクロでやりきったところに好感です。
最後のシーンが初めの橋のシーンとリンクしていたので、川から上がってみれば全部幻、命の危険も借金もそのまま。だけど内面に大きな進歩があって困難を乗り越えられる。という展開になるのかと思いました。ベッソン作品って最後が別れっていうのが多いのでそうなるかと思ったんです。
映画としてどちらの展開のほうがいいかは別として、「現実だった」という展開のほうが好きです。
結局右手なんだったんでしょうか?最後に「お前が天使であるように実は俺も○○だ!」みたいな展開で右手が云々かと変に勘ぐってしましました。失敗。
あと、アンジェラ役の人めっちゃ綺麗で好きです。うちにも来てください。
赤紫さん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-23 22:04:43)
31.センスはいいと思います。
なによりも、モノクロの中、見上げるような白い肌の金髪美女とやや肌黒の背の低い髭の男このポスターが最高です。
甘口おすぎさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-19 18:45:50)
30.《ネタバレ》 アンジェラの正体に関する設定が出てくるまでの前半は、ありえない展開に期待が高まった。しかしそこから先は、その設定のファンタジーとリアリティとの折り合いに、思いつきのデタラメな答えで最後まで無理に突っ走った感がいなめない。これまでの「ニキータ」や「レオン」の好きなベッソンファンは見る必要のない失敗作。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 3点(2008-07-30 02:48:35)
29.《ネタバレ》 「愛してる」の一言が、なかなか声に出せないアンドレに涙が出ました。目で見えないものは信じなくなってしまった、「大人になった自分」にも気づかせてくれた作品だと思います。ありがとう。『レオン』から『TAXI』まで、作品ごとに全然違う世界を描いてしまうリュック・ベッソン監督の映画がとても好きです。
ロウルさん [DVD(字幕)] 7点(2008-07-16 18:23:56)
28.《ネタバレ》 面白かった。主人公の片手が常にコートのポケットにいれてるものコミカルで面白い。後半から急に強い主人公になり、たくましく思えた。最後のアンジェラへの心からの強い告白が実にいい。
さん [DVD(字幕)] 10点(2008-05-16 16:47:50)
27.何故かangelaに共感してしまった。見ていると疑問が湧いてくるけど、それも気にならなくなる様な展開でした。でも、嫌いじゃない。
jさん [DVD(字幕)] 7点(2007-10-27 16:09:05)
26.良かったですよ。でもどこかの2時間ドラマにありがちなネタかなぁ。あまりにストレートな作品なので監督に期待している人は結構がっかりな作品かもしれませんね。あと白黒ってどうなんですかね?私はカラーで撮って欲しかったなと思います。最後の最後で主人公は良心を取り戻すけどそこまでの解決方って単にアンジェラが相手に暴力振るってるだけなんですよね。2人にとっては愛の話だけど周りの人にとっちゃぁホント迷惑な2人やね。なかなか面白い作品でした。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-09-21 12:21:47)
25.《ネタバレ》 主人公は、自分がダメな人間だと知っています。短所についてはよく分かっている。でも長所については気付いていません。いや“気付かないように”していると言ったほうが正しいのかも。窮地に追い込まれたのは、“自分がダメだから”。一見自己責任を認めているよう。でも違います。ダメが故に失敗した。つまり失敗しか在り得ないのなら、もはや自分に責任はありません。必然だから。これは自虐的だけど、本当は凄く“楽な心のあり方”なんだと思います。でも決して心は満たされません。彼はアンジェラによって、本当の自分と向き合います。アンジェラは彼自身だという。彼のあるがままを映し出す鏡。短所も長所も含めて自分を認めることから、自分らしい生き方がはじまる。それが本作のテーマだと思います。そしてもう一つ大切なこと。それはアンジェラが地上に残った意味です。アンジェラが天に戻ってしまったら、彼女の存在は無かったことになってしまう。主人公が束の間見た夢。でも彼女は間違い無く存在しました。これが重要だと思います。大切なことに気付いただけでなく、2人で行動したことに意味がある。今在る自分は、生きてきた(行動してきた)結果の積み重ね。笑ったり、悩んだり、泣いたりしてきた自分の選択だから、信じなきゃならない。それが自分を偽らないこと。そして自分らしく生きること。「自分は何処から来たのか分からない」と泣くアンジェラ。ずっと誰かの鏡であり続けてきた彼女。常に主体ではありません。積み重ねてきたものが無いから不安なのです。彼女はこれから積み重ねていけばいい。物語は起伏に乏しく、問題の解決の仕方には無理があります。気取った演出も鼻につく。でも大目に見ようと思います。主人公は、自分自身だから。(あんなに純粋じゃないですけど。)恥も外聞もなくアンジェラにしがみついたアンドレ。カッコ悪いけどカッコイイ。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-04-16 18:02:43)(良:2票)
24.《ネタバレ》 始め30分くらいは苦痛で苦痛で・・・・。キイチゴ賞候補だったから心してみましたが、そんなに駄作でもないんじゃないの?白黒なので女の人が本当に綺麗かどうか、なんかワカンナイ。外見が酷くても内面を磨いてさえいたら、自分を理解してくれる人が現われるってこと?磨いてるか?内面綺麗か?あれだけギャンブルとかの借金作っても地道に働かないくせに、神様は自分を本当に理解してくれるって?都合よくね?女の人が天使だと証明するシーンで、主人公がマジックとしか思ってないことに泣いてしまうって場所は好き。唯一彼女の体温が感じられるトコ。
さらさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-01 09:32:29)
23.《ネタバレ》 うわぁ~実に惜しい映画でした。何か少し変えるだけで名作に大化けしそうな気がして本当にもったいない。素材が良いから途中までグイグイ引き込まれてたのに灰皿が浮いた瞬間「えええ?うそぉ~ん…」みたいな。さらにエンディングで「ああ…やってもうた…」みたいな。リアルな人間ドラマかと思って見てたからこの展開にまんまと置き去りにされてしまった。ラスト、一人で川から這い上がるシーンが冒頭でアンジェラを抱えて這い上がるシーンと被っていたので期待したのだが…。これまで起きた奇跡のような出来事は全て落下する瞬間に見た夢で、アンジェラも存在しなかった方が「凄くいい夢を見た後に目が覚めた感覚」っぽくて個人的に感動できたと思う。
恵比寿Premiumさん [DVD(字幕)] 5点(2007-01-27 21:48:54)
22.この独特のコミカルさがまたいいですねぇ。低予算映画だからこそ余計に、ベッソンさんのカメラワークとカット割りのセンスの良さがよくわかる。地味ながらもほんのり心に残る佳作ですね、、、、。さて、駄目男の私にアンジェラがやってくるのはいつかな~(笑)。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2007-01-09 01:46:58)
21.《ネタバレ》 めちゃくちゃ惜しい映画。ストーリーも雰囲気もいいのに、何故か共感・感動できない。
かなり集中して見たのに、終わった後は「う~ん、良かったんかな」としか感想がない!

勇気を持て・自分を愛せみたいな事は伝わるけど、じれったいところがあったり、何を思ったか最後に思いっきりCGを使ってしまった。終盤ももっと感動できるような作り方できたと思うのに。

世にも奇妙な物語のちょっと感動編でありそうな話。でも役者はよかった。主人公のダメダメっぷりや、特にヒロインのぐいぐい引っ張るカリスマぶりはカッコよかった。他に見たことがないタイプのヒロインなので、見所はそれかな。白黒っぽいダークな雰囲気もいい。

あと、オチはあんな無理やりなグッドエンドより、最初の状況に戻って川から上がると天使の羽だけが落ちていた……みたいな終わり方の方が絶対良かった。
ラジカルさん [DVD(字幕)] 5点(2006-12-30 15:57:02)
20.なかなか面白い! 先が読めないのも good! ありがちなストーリーですが..良く出来ています...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 7点(2006-12-11 12:12:47)
19.《ネタバレ》 どうしようもない男が天使によってカウンセリングを受けて癒されていくような話。どこか自信のない部分や、虚栄心は誰にでもあるので自分を投影はしやすい。しかし癒される感覚は伝わってきても、結局男は女にもたれっきりで自立した感じは受けません。最後くらい自立した姿を見せた方が映画として締まったと思うけれど、まあこのラストもこれはこれで悪くはないかな。
MARK25さん [DVD(字幕)] 6点(2006-11-30 18:54:03)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 6.24点
000.00%
100.00%
212.63%
325.26%
400.00%
51231.58%
6410.53%
71128.95%
8513.16%
925.26%
1012.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review4人
2 ストーリー評価 6.77点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review10人
4 音楽評価 5.50点 Review8人
5 感泣評価 4.85点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS