女帝 春日局のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 女帝 春日局
 > (レビュー・クチコミ)

女帝 春日局

[ジョテイカスガノツボネ]
1990年【日】 上映時間:114分
平均点:5.25 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-01-20)
ドラマ時代劇
新規登録(2006-09-25)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中島貞夫
キャスト十朱幸代(女優)おふく(春日局)
名取裕子(女優)民部卿の局
草笛光子(女優)大姥の局
吉川十和子(女優)お江与
淡路恵子(女優)勝山
高瀬春奈(女優)雲井
鳥越マリ(女優)おつめ
浅利香津代(女優)取り上げ婆
原田大二郎(男優)稲葉正成
長門裕之(男優)本多正信
若山富三郎(男優)徳川家康
金田賢一(男優)徳川秀忠
堂本剛(男優)七之丞(名義「堂本直宏」)
本田博太郎(男優)大久保忠隣
長谷直美(女優)
二宮さよ子ナレーター
原作高田宏治
脚本高田宏治
音楽佐藤勝
撮影木村大作
企画日下部五朗
プロデューサー本田達男
配給東映
美術井川徳道
編集市田勇
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 どういうワケだか、この十朱幸代という女優さんには、「タイガー炊飯ジャー」のイメージしかないんですけどね。その彼女の主演作。
確か、NHK大河ドラマによる春日局ブーム(?)に乗っかった作品ではなかったっけ。となるともう、例によって例のごとく、東映の岡田社長が「パクれ」という指示を出したとしか思えなくなってしまうのですが、とりあえず本作では、家光の乳母である春日局が実は彼の実の母親でもあった、という設定で、将軍三代目の世継ぎ争いを盛り上げます。
なにせ映画の冒頭が、関ケ原後の小早川秀秋、なんていう、誰もが知ってそうで知っていないトリビアから始まるもんで、興味津々。炊飯ジャー以外の十朱幸代には違和感しか感じられないものの、それを補って余りあるドラマが展開されます。タイトルは「女帝~」ですが、実際は女帝になるまでのオハナシ、エピソード0、春日局・ザ・ビギニング。
彼女を手籠めにして家光を孕ませる家康(つまり秀忠と家光は兄弟ということですな)、スケベさと貫録が同居したこの役柄は、まさに若山富三郎ならでは。年老いたヨボヨボ感を出しつつも、ラスト近くで春日局と対峙する際にスクっと立ち上がる姿などは、ちょっと惚れ惚れします。
往年の東映時代劇を偲ばせる大がかりなセットも見どころですが、さらに、映画の要所要所に配置されて印象的なのが、蝋燭の炎。蝋燭こそがこの映画の隠れ主人公、と言っても、よいのでは。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-11-02 21:40:26)
7.■どっからどう見てもNHK大河のおこぼれ狙いの企画なんだが、若山富三郎、長門裕之と、「独眼竜政宗」の秀吉・家康のお兄ちゃんたちが出てるのは、いったい何の当てつけか。■確かに時代考証は色々おかしいのかもしれないけど、出産にまつわる風習など、意外にリアルな感じで楽しめた。セットや撮影も良い。■鳥越マリの肢体もいいが、名取裕子の色気も見どころ。
麦酒男爵さん [地上波(邦画)] 5点(2015-03-25 10:04:02)
6.家光は、家康と春日局との子..というのは、昔から よく言われる俗説だが..それを真っ向から描いた 意欲作?..う~ん..コケタ..ショボイ、ショボすぎる..これが90年製作の映画なのかぁ? 目を疑うほどの、レベルの低さ..演出手法は古く、みんなコテコテのくさい芝居..観るに堪えない、中身が空っぽのストーリー..駄作の中の駄作! 観る価値無し!!
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-03-08 12:12:42)
5.極道の妻たち 大奥編 って感じ。よくこんなの作ったなあ。かなり荒唐無稽な設定のような気もするが、歴史の真実は誰にもわからんし、あってもおかしくないと思わせる設定でもある。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 6点(2014-03-05 11:02:18)
4.史実とはずいぶん違うと思うが、竹千代=家康の子という首尾一貫した仮定のもとで成り立っている。これはこれで物語としてはおもしろい。春日局が大奥で権勢をふるうまでのいきさつがわかるし、当時の習慣やお世継ぎ問題など知る上でも興味深かった。それにしても助平な狸だ。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2014-01-12 18:27:42)
3.《ネタバレ》 だらだら一生が続くだけの内容だったらどうしようと思っていたのですが、意外に焦点の絞られた好作品でした。十朱・名取・草笛の3すくみ的パワーバランスがいい感じですね(後2者の退場がちょっと雑な感じだったのは残念ですが)。しかもそれが、お世継ぎ問題という一点に収斂されて、ラストシーンの緊迫感を高めています。随所で蝋燭を多用しているのは、主人公の内面の芯の隠喩なのでしょうか。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2013-03-15 21:26:05)
2. 別に熟女ずきじゃないんで、十朱幸代さんにまったく何もない、誓って何もないんだが、これだけ、時代考証とか歴史的事実完全無視の娯楽時代劇で、風呂の中で浴衣を着せるとか、そんな些細な歴史的正確さにだけ拘る製作者が全く理解できませんw
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-07-13 14:26:58)
1.確か公開時のキャッチコピーは「わたくし、権力に抱かれとうございます」とかいう、なんだかおどろおどろしい惹句だったはず。高視聴率だった大河ドラマ「春日局」のフォローワー的な形でのお正月の公開だったような。まあ、プログラム・ピクチャーとしては極めて無難な出来ですね。時代劇が十八番の東映らしく、セットがすごくガッチリしてて厚みがある。名作とか作るつもりはさらさらなく、ところどころエロも織り交ぜつつ(笑)娯楽時代劇の王道を突き進んでいてある意味潔い。その志や良し!!草笛光子や十朱幸代、名取裕子主要三女優いずれも好演。「硝子の少年」以前の堂本剛もチラッと顔を見せていてたり。今年の大河ドラマ「江」の、超生ぬるい展開と比較してはいけないのかもしれないけど、時代劇を作るのであれば、最低でもこの作品くらいのレベルを保てるような製作態度で臨んでもらいたいなあと、来年のマツケン「平清盛」にはひそかに期待している自分・・・って、いつの間にやら映画のレビューじゃなくなってるし・・・(汗)
放浪紳士チャーリーさん [地上波(邦画)] 5点(2011-12-18 11:05:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.25点
000.00%
1112.50%
200.00%
300.00%
400.00%
5337.50%
6225.00%
7225.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS