東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007)
 > (レビュー・クチコミ)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007)

[トウキョウタワーオカントボクトトキドキオトン]
Tokyo Tower: Mom and Me, and Sometimes Dad
2007年【日】 上映時間:142分
平均点:6.12 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-04-14)
ドラマ実話もの小説の映画化
新規登録(2006-10-19)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督松岡錠司
演出飯島奈美(フードコーディネーター)
キャストオダギリジョー(男優)ボク
樹木希林(女優)オカン
小林薫(男優)オトン
松たか子(女優)ミズエ
内田也哉子(女優)若い頃のオカン
佐々木すみ江(女優)小倉のばあちゃん
荒川良々(男優)えのもと
寺島進(男優)ハイカラな男
小島聖(女優)若い頃のノブエおばさん
伊藤歩(女優)タマミ
宮崎あおい(女優)アイドルDJ
千石規子(女優)病院の借家の老婆
塩見三省(男優)葬儀屋
松田美由紀(女優)中目黒の大家
仲村トオル(男優)ラジオ局のディレクター
柄本明(男優)笹塚の診療所の医者
土屋久美子(女優)高校の女教師
光石研(男優)小料理屋の客
田中哲司(男優)東京の病院の医者
板尾創路(男優)「かっぱ」の客
田口トモロヲ(男優)郵便配達
小泉今日子(女優)不動産屋の事務員
渡辺美佐子(女優)筑豊のばあちゃん
勝地涼(男優)平粟
六角精児(男優)編集長
猫背椿(女優)ブーブおばさん
蟹江一平(男優)
原知佐子(女優)現在のノブエおばさん
田中祥平(男優)小学校時代のボク
結城美栄子(女優)現在のみえ子おばさん
安藤玉恵(女優)風俗嬢
宇野祥平(男優)
岩松了催促する編集者
原作リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(扶桑社刊)
脚本松尾スズキ
作詞福山雅治「東京にもあったんだ」
作曲福山雅治「東京にもあったんだ」
編曲福山雅治「東京にもあったんだ」
服部隆之「東京にもあったんだ」
主題歌福山雅治「東京にもあったんだ」
撮影笠松則通
製作日本テレビ(『東京タワー~o.b.t.o』製作委員会)
松竹(『東京タワー~o.b.t.o』製作委員会)
電通(『東京タワー~o.b.t.o』製作委員会)
配給松竹
美術原田満生
衣装宮本まさ江
ヘアメイク豊川京子(メイク)
編集普嶋信一
録音柿澤潔
照明水野研一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 久々に見るのが苦痛な映画だった。
下の方も書いているけれど、マザコンの息子と共依存の母親の話で、まったくもってつまらない、長い、下らない。
オダギリジョーや樹木希林もこんな役回りをさせられて、さぞ迷惑だったことだろう。
最後の終わりかたまで気に入らない。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2021-01-05 20:43:35)
47.見方によってはありきたりな地方出身のマザコン話ではあるんだが、虚構のような現実感があるようにも思えるし、ある種のファンタジーにも思えるし、不思議な感覚に襲われる。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 9点(2014-01-09 13:34:34)
46.《ネタバレ》 抗ガン剤治療を、がんばって受けようよ、とタメ口でオカンにいうミズエ。他人のお前が何を言う。全体的に、不調和でフワフワした感じがするのは、母親に対する息子の気持ちは、本来もう少し屈託があるはずだから。意図して削った部分なのだと思うけれど。
なたねさん [DVD(邦画)] 4点(2012-05-19 10:22:08)
45.先に田中裕子主演のドラマを見ていたこともありあまり感動できなかった。原作小説は読んではいないが、映画の方が原作に近いということはすぐわかる。リアルだし、映画的だし、淡々とかつしみじみと物語を語っていく。ナレーションがはいるので、なおさらそう感じる。そしてオカンが死ぬ前も死んでからも長い。だがどうしても盛り上がってこない、そうあのTVドラマの印象が今も長く強く残っているからだ。
TVと比較するとどうして役者が地味だ。田中裕子のオカンを、樹木内田の親子で演じアイデアは良しとしても、田中の芸達者には遠く及ばない。そのほかの人物にしても、迫力不足を感じた。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 5点(2012-04-22 05:52:15)
44.《ネタバレ》  悪くはないけど、特筆すべき点も無い作品。

 家族という普遍的なテーマを扱っているので作品には入り込めましたし、豪華キャスト陣の演技には引き込まれました。ただ、全体的にどうも深みが感じられず、正直「ふーん、こういう話だったんだ」程度の感想しかありませんでした。まあ、親孝行はできる内にしとかなきゃいけないなと思わせてくれはしましたが・・・・。
TMさん [地上波(邦画)] 6点(2011-08-20 00:53:05)
43.樹木希林の娘が出ているというので、ついミーハー感覚で観てしまった。
顔つきはもちろんのこと、しゃべり方や格好がそっくりでつい笑ってしまったのだが、
やっぱり演技はうまくなかった。キャスティングにこだわるなら、主人公の子役から十代も、
ちゃんと似ている役者さんを選んでほしいよね。小林薫だけは、
一人で若い頃からオッちゃんまで演じていて、違和感を感じさせないところはさすがだった。
ドラマとしての出来は正直良くない。ありきたりな設定に展開と、
斬新さもなければ工夫も見られず平々凡々。
原作自体が作者の母親に対する思いを綴っただけのものなら、もう仕方がないんだけどね。
主人公はあくまで脇役、オトンとオカンの恋バナに焦点を当てたほうが、
ドラマとしてはよっぽど面白くなったと思う。
子供がお母さんを好きなのは当たり前だし、違う観点から突っ込んだところを観たかったな。
劇中での夫婦関係が非常に不思議だったので、鑑賞後はつくづくそう思う作品だった。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-08-13 07:47:38)
42.母親の子どもに対する愛情の深さ、大きさを実感します。決して裕福ではないのに、都会に出て放蕩三昧していた主人公の行動と自分自身が重なりました。。。自分の母親は健在ですが、生きているうちに親孝行しなければ、とつくずく感じた次第です。
オダギリジョーはじめ、樹木希林、松たか子の演技もよかった。
にゃまっちさん [DVD(邦画)] 8点(2011-07-31 13:21:46)
41.最近流行りの昭和ノスタルジーの日本映画の1つ。周りの友人は揃って感動して泣いてたが、個人的には感動というより微笑ましかった。「母の死」という題材1つで多くの人を感動させ、また一部には微笑ましさで笑顔すら与えるのは樹木希林の為せる業。昭和と日本と家族を描いた傑作です。
Arufuさん [DVD(邦画)] 8点(2011-06-15 23:04:02)
40.《ネタバレ》 普通に淡々と物語は進んでいくんだけど、何故か序盤からずっと目頭が熱くウルウルしっぱなしでした。

きっとそれは、この映画を鑑賞しつつ実際の自らの母子関係も並行して照らし合わせてしまったからだろうか・・・

オダギリジョーと樹木希林さんの演技も良かったです。

母親の愛は偉大です。
私は母子家庭という環境で育ったので身につまされます。
親孝行せねば・・・
ぐうたらパパさん [DVD(邦画)] 7点(2011-02-02 13:02:51)
39.なんてことはない普通の話だけど、いい映画。
キャストもいい。特に樹木希林の哀愁漂う自然な演技はすごい。
Yuさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2010-04-14 11:13:44)
38.《ネタバレ》 妻投稿■共依存者の映画だと思う。
はち-ご=さん [DVD(吹替)] 2点(2010-03-16 23:44:11)
37.原作未読でドラマも見ていないので、この映画だけの感想です。この映画が見せてくれる母親像は、ひとつの理想だと思う。特に何が得意という訳ではない。自分のことなどそっちのけで、子供のことが心配で心配で仕方が無い。もの凄く、普通の母親です。でも、理想の母親です。自分は幸いにして、この映画の母親と同じような女性から生まれました。恥ずかしくてその母親には面と向かって言えないけど、幸せ者です。離れて暮らしていますが、母の日に伊勢丹から花を贈るくらいで、この映画の主人公ほど母親を大事にしていません。ちょっと自分が恥ずかしくなったけど、恥ずかしいので明日から態度を変えることも無いでしょう。いい映画です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-08-19 00:45:30)
36.時は大事。もっと早く、気づいてしっかりしなくちゃ!

白い男さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-08-02 13:24:03)
35.数年前に映画館で鑑賞し、つい最近もう一度鑑賞してみた。
そうしたら、数年前よりも泣けた。
おそらく、親の存在の有難さ、いつか亡くなるという恐怖を数年前より真剣に考えるようになったからだと思う。
物語の中で疑問に思ったのは、オトンの存在。家族を捨てた(?)のに、中盤からひょうひょうと出てきて今更何?と感じた。
全体評価としては、物語は淡々としているけれど、母との絆を感じることが出来るし良いと思う。
ひまわりさん [映画館(邦画)] 6点(2009-06-01 23:35:37)
34.《ネタバレ》 なんだか淡々と進んだ印象です。原作を読んでいる際には通勤電車の中で涙をこらえていた記憶があるのですが、そこまで感情移入することなく終わってしまった感じです。ストーリーだけを追ったあらすじ紹介程度にとどまっている気がします。原作が心に響いただけに残念ではあります。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2009-05-18 21:57:31)
33.主人公が最初から最後までいい人過ぎるかな
まあ良かったです。
guijiuさん [DVD(邦画)] 7点(2009-05-03 00:02:32)
32.意外なほど普通な話でびっくりした。自分の親がまだまだ健在だからか、それとも自分の親がこのオカンと全く違うタイプだからか理由はわからんけど全然共感できなかった。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 5点(2009-02-15 06:03:59)
31.うちのオカンも息子(私や弟)の友人や彼女と、あるいは別れた彼女と息子無しで会ったり電話したりするほどに仲がよくって、だもんで、この映画のオカンのように、10年以上前にはなるんだけど癌になったときは私を押しのけて友人たちがえらく心配してくれたことがあって、妙にシンクロしちゃって泣けてしょうがなかった。で、泣きまくっといてなんだが、見せ方がやけにのべーっとしてるというか、決定的な画に乏しいというか。例えばこの物語の最も重要なシーンは健康ランドのシーンだと思うんだけど、重要であることがあんまり伝わってこない。行く前に化粧しているところをボクが覗いてるシーンでも子供視点で撮るとだいぶ印象的になったような気もしないでもないし。なんつうか、お話の上辺だけを描いていて、その内情とか側面とかがフッと現れるようなところがないというか・・。豪華脇役陣がいかにも製作にテレビ局と広告会社が名を連ねる映画だなと思ったが、この豪華な顔ぶれをわりと前にでしゃばらないように地味に使いこなしているのは好感が持てる。
R&Aさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-30 15:11:42)
30.樹木希林の母親は反則としか言いようがない.母親が年をとり,体のあちこちに不安を抱えている姿を見ている世代以上の息子には,かなりくる映画ではないでしょうか.映画としてどうなのか,冷静に判断するのはさすがに難しいかもしれません.
マー君さん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-18 16:22:46)
29.原作未読です。親不孝者のまま母親を亡くした僕としては、余りにも素直に善良で孝行息子すぎるボクに嫉妬を覚え身につまされはしましたが、感情移入ができませんでした。出てくる人も善良な人ばかりで、良い人にも囲まれ、仕事にも恵まれ、ボクもオカンも幸せ者ではないですか。特別ではない普遍的(悪く言えば平凡)かつ綺麗なストーリーなだけに多くの人に共感を覚えさせたことでしょうが、個人的には親子関係ってのは人の数だけあってしかるべきだと思うので、その見本ですみたいな雰囲気がどうにも苦手です。小林薫は良かったなぁ。
すべからさん [DVD(邦画)] 5点(2008-10-13 00:04:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.12点
000.00%
112.08%
212.08%
312.08%
4612.50%
5918.75%
6816.67%
71122.92%
8612.50%
948.33%
1012.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review8人
4 音楽評価 5.50点 Review6人
5 感泣評価 7.11点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS